出世ナビ

BCGの特訓

凝ったパワポよりも、プレゼンに不可欠なモノは? ~長期的に「成長し続ける」人材になる~

木村亮示/木山聡 ボストン コンサルティング グループ(BCG) パートナー&マネージング・ディレクター

2016/3/30

PIXTA

●「成長」を続けられる人とは

 即戦力が必要な時代とはいわれているが、企業が求めているのは、「今」優秀な人だけではない。真に求められているのは、今後の変化する環境(今はまったく予測もできないもの)に合わせて、めげずに試行錯誤しながら自分で成長できる人だ。

 欠けているチェックボックスを埋めようとスキルをコレクションするだけでは、そうはなれない。スキルはいったん不要になってしまえばおしまいだ。

 先に述べたように、スキルを使いこなす力があれば、環境の変化に合わせて既存のスキルをうまく使い回すことができる。自分が持たない知識やスキルがあれば、社内外のネットワークを生かして人に助けてもらいながら成果に貢献することも可能だ。

 また、正しいマインドセットがあれば、成果を出すために自分を変化させていくことができる。「できないという事実を受け入れ」て、それでも「成果を出すために、役に立つために」、何度でも失敗しながら「チャレンジし続ける」ことで、結果として成長は加速する。

●最後は、強いメッセージ・想(おも)い

 スキルをコレクションすることから脱して、スキルを使いこなし、正しいマインドセットを持つことが重要である、ということを述べてきた。それで、成長は加速するし、持続する。それに加えて、ビジネスを引っぱっていくうえで最後に大事になってくるのは、自分は何を成し遂げたいのか、伝えたいのか、というメッセージ(想い・思想)である。

 一例を紹介しよう。BCG(ボストン コンサルティング グループ)では、クライアント企業に対するトレーニングを提供することがある。先日もクライアント企業の執行役員を対象にプレゼンテーション研修を行い、姿勢やプレゼンの構成、ジェスチャーなどについてアドバイスした。

 そこでは、単に基本形を伝えるだけではなく、それぞれの参加者に実際にプレゼンしてもらい、それぞれに合った型(やり方)も伝えている。個々人なりの型を身につけていけば、短時間でもプレゼンはうまくなる。ただし、それだけで良いプレゼンができるようになるわけではない。

 参加者とのやりとりのなかでたどりついた結論は、結局、「何を相手に伝えたいか」というメッセージの強さ、それを伝えるための言葉を練ることに尽きるのではないかということだった。型(スキル)が使いこなせても、中身(思想)が伴わなければ成果はあがらない。

 パワーポイントやアクセスのスキルは、目的を達成するための単なる手段にすぎない。アニメーションなどを駆使し、凝ったデザインのプレゼン資料を作ることができても、それだけで相手に伝わるプレゼンテーションができるようにはならない。

 逆に、パワーポイントが使えなくても、力強いメッセージがあれば、ホワイトボードに一文書くだけで、説得力のある提案ができる。

 これをやりたい、これを伝えたい、という強い想いは、ビジネスを進めていったり、人を引っ張っていったりするうえできわめて重要である。それがないと、結局は“作業屋”、“便利な人”止まりになってしまう。

 この点は、育成そのものとは少し離れるが、長期的に大変重要なことなので、連載の最後に強調しておきたい。

まとめ
●スキルだけ集めたり磨いたりするだけでは成長できない。「スキル」に加えて「使い方」と「マインドセット」がセットで必要。
●特に、「マインドセット」は成長のベース。これがないと持続的な成長は困難。
●「マインドセット」は変えられるもの。「育てる人」も「育つ人」自身も、意識して変える契機を捉える必要がある。
●「今」優秀なのではなく、自分で環境変化に合わせて成長し続ける人材になることが重要。

[2016年2月26日公開の日経Bizアカデミーの記事を再構成]

木村 亮示(きむら・りょうじ)
BCG東京オフィス パートナー&マネージング・ディレクター
京都大学経済学部卒業。HEC経営大学院経営学修士(MBA)。国際協力銀行、BCGパリオフィスを経て現在に至る。幅広い業界のクライアントに対して各種事業戦略の策定・実行支援、新規事業立ち上げ、トランスフォーメーション(構造的改革)などのコンサルティングを行っている。BCGジャパン 人事/人材チームの総責任者として、コンサルティングスタッフの育成、採用、人材マネジメン卜などを統括している。アジアパシフィックの採用チームリーダーも務める。
木山 聡(きやま・さとし)
BCG中部・関西オフィス パートナー&マネージング・ディレクター
東京大学経済学部卒業。伊藤忠商事株式会社を経て現在に至る。広範な業界のクライアントに対して各種事業戦略、新興国戦略の策定・実行、トランスフォーメーション(構造的改革)、ガバナンス改革等の支援を行っている。BCG中部・関西オフィスの社内マネジメン卜を統括するとともに、BCGジャパン 人事/人材チームのコンサルタン卜育成委員会のリーダーとしてコンサルティングスタッフの育成に携わる。

出世ナビ新着記事

ALL CHANNEL