MONO TRENDY

デジタル・フラッシュ

後悔しないスマホ選び 大手キャリア8選

2016/3/9

日経トレンディ

総務省の旗振りで「一括0円端末」はおろか「実質0円端末」さえも激減し、高性能スマートフォン(スマホ)が「タダ」で買える時代は終わりを告げた。今後のスマホは2年ごとに買い替えて行くのではなく、3年以上使うのが普通になる。本記事では、3年使っても後悔しない、大手キャリア端末8機種を紹介する。別記事では選択の条件、SIMフリー端末からのお薦めを取り上げる。

3年後に後悔しないスマホを選ぶ5つの条件」の記事では(1)処理能力、(2)バッテリー、(3)対応周波数、(4)画面表示、(5)カメラ画素数、の5つの条件を挙げた。これらを満たす大手キャリア向けスマホは8機種あった。

お薦めの8端末 [注1]実質価格は税込みで、前の端末を2年使って機種変更する前提で、24カ月分の通信料金割引を含めた価格(2016年2月中旬時点のもの)。ドコモ端末は「春のおとりかえ割」適用後。※1 価格はNTTドコモ向け端末

■処理能力トップはXperia Z5

3キャリアからほぼ同じモデルが発売される「Xperia Z5」(ソニー)は、今回のベンチマークテストで全端末中最高のスコアを出した端末。重い3Dゲームもストレスなく楽しめる。

Xperia Z5

同じCPUを採用した2015年夏モデル「Xperia Z4」は発熱が問題となったが、Z5は放熱設計が改善され、他モデルよりは温かいが使用に支障を来すことはない。カメラの画素数も2300万画素と過剰なほどで、性能に不足を感じることは当面ないだろう。シリーズ初の指紋認証を採用し、ロック解除時の利便性も高い。

■コンパクトで価格も安いAQUOS Compact

AQUOS Compact

コンパクトな4.6型の「AQUOS Compact」(シャープ)は、サイズなど扱いやすさを含めてバランスの良い端末。3キャリアから異なる名前でほぼ同じ端末が発売されている。CPUの処理性能はXperia Z5にこそ及ばないが十分に高く、発熱もZ5より少ない。メモリーも3GBと大容量。

同端末は、ドコモが3月末まで実施している「春のおとりかえ割」キャンペーンの適用対象で、機種変更時の実質価格は、僅か1万円強。さらにコスパの良さが際立つ。性能が等しいソフトバンク向けやau向けモデルの実質価格は2万円台半ば~3万円台半ばだが、やはり各キャリアの端末の中では費用対効果が高い。

■解像度高くバッテリーも大きなarrows NX

arrows NX

画面解像度がフルHDより高いのがドコモ向けの「arrows NX」(富士通)。処理能力はZ5ほどではないが十分。

バッテリー容量が3390mAhとトップクラスで、電池持ちでは将来も不安が少ない。。瞳の虹彩認証で、ドコモサービスの認証ができる点も便利。

こちらも3月まで機種変更時の実質価格が約2万円と安い。コストパフォーマンスに優れた端末だ。

■4Kディスプレーを搭載したXperia Z5 Premium

Xperia Z5 Premium

ドコモ向けの端末。比較したなかで唯一、4K解像度(3840×2160)の画面を搭載し、バッテリー容量も首位。処理速度も最高水準で動画の閲覧に向く端末だ。

ただ、実質価格が6万円台とかなり高めの点がネックだ。

■大型・極薄で有機ELを使ったGalaxy A8

Galaxy A8

au向けの端末。画面サイズが5.7型と大きく、今回唯一の有機ELディスプレイで、コントラストの高い画像が楽しめる。また、厚さ僅か6.0mmと極薄である点も強み。バッテリー容量も高めだ。

(日経トレンディ編集部)

[日経トレンディ2016年4月号の記事を再構成]

日経トレンディ 2016年 4月号 [雑誌]

著者 : 日経トレンディ編集部
出版 : 日経BP社
価格 : 円 (税込み)

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
PayPay100億円還元策の舞台裏 景表法の限界に挑戦
日経クロストレンド
席で注文できるマクドナルド 新キャッシュレス体験
日経クロストレンド
ファミマ新決済の全貌 したたかなキャッシュレス戦
日経クロストレンド
スタバの「スタアバックス珈琲」 成功の裏側
ALL CHANNEL