僧侶が教える、ネガティブ感情が消える心の習慣

日経ウーマン

PIXTA
PIXTA
日経ウーマン

毎日暮らすなかで、怒りや妬みの気持ちを抱えたり、嫌だという思いをため込んだり。自分の内面が穏やかでないことに悩む人に、僧侶の松本紹圭さんが心を静める方法を伝授します。心のクセをつかみ、悩みをリセットしましょう。

感情に振り回されず、悩みをリセットするチャンス

「友達の結婚や出産を、素直に喜べない」「他人より優れている点を探す。そんな自分に幻滅してしまう」。誰しも一度はこんな気持ちになったことはあるのでは。日経WOMANの読者アンケートで、「私は“内面ブス”だ」と感じ、罪悪感を抱いている人が、なんと半数に上った。

そんな「自称内面ブス」さんに対し、僧侶の松本紹圭さんは「人として当然の感情に振り回されているだけ。悩む必要はありません」と話す。悩んでいるうちに、自分自身が次々とマイナスの感情を生み出してしまい、うまく対処できず、さらにもんもんとするスパイラルに陥ってしまうことも。

「問題は、ネガティブな感情で自分自身を傷つけてしまっていることです」と松本さん。「瞬間的に起こる『あの人が嫌いだ』とか『ずるい』といった感情を封じ込めることはできません。でも、その感情に振り回されないようにすることはできます。考え方を少し変える習慣を持つと、心穏やかに過ごせるようになります」

では、どう考えればいいのか。具体的な悩みを例に、さっと気持ちを切り替えられるおすすめの習慣を教えてもらった。ストレスをためずに幸せな気持ちでベッドに入ろう。

【仏教の教えに学ぶ、心を静める夜の習慣3ステップ】

Step1 自分の感情を認める

「嫌いだ」「許せない」と感じることがあるのは、人間としてごく自然なこと。ネガティブな感情を抱くのはよくないことだなどと思わず、自分の感情を受け止めよう。

Step2 物事を「ありのまま」に見る

ネガティブな感情が生じたとき、なぜそう思うのか、起こったことをありのままにノートに書き出してみるといい。自分の感情や実際に起きたことを客観的に整理できる。

Step3 “今”に集中する

世の中は、常に変化しているもの。過去の体験から未来を予測して心配し、不安を抱いても意味はない。「今に集中すれば、そのなかに満足や幸せのヒントがきっと見つかります」。

【今すぐやってみよう 今日からできる3つの習慣】

Habit1 1日30分テレビを消す

帰宅後すぐテレビをつけ、寝るまでそのままという人は、30分間消してみて。「耳に勝手に入ってくる情報が消えると、心が落ち着きます」

Habit2 「いただきます」を言う

1人の食事でも必ず、「いただきます」を言うことを習慣にしてみよう。「いただきます」を言い忘れたときは、心に余裕がなくなっているのかも。

Habit3 就寝前はネット禁止

絶え間なくインターネットやメールをチェックすることは、思った以上に心を疲れさせる。寝る1時間前からはネットを見ないと決めてしまおう。

【ズバリ回答 内面ブスの気持ちを静めるコツ】

Q.うじうじ悩むだけで、行動せずに後悔して終わり、そしてまた悩むを繰り返してしまいます。

A.人生は思い通りには行きません。

「悩んだあげくに実行しないのは、さまざまなできない理由を探して不安になっているから。そんな自分が嫌なら『人生、思い通りにいったらもうけもの』と考えて、まず行動してみて。失敗しても、今回はご縁がなかった、また別のチャレンジをしよう、と考えればいいだけです。人生は思い通りにならないのが普通ですから」

Q.気が付けば、仕事の文句や諦めの言葉など、愚痴ばかり言ってしまいます。

A.愚痴を言うのは何より時間のムダです。

「愚痴はネガティブなもので言わないほうがいいと、心のなかで本当は分かっているあなた。愚痴っても何も解決しない、ただの時間のムダと、繰り返し自分に言い聞かせてください。愚痴は時間のムダになるばかりでなく、自分の心も傷つけます」

Q.似合わない服を着ている人を見ると、「なんでもっと自分に合うものを着ないんだ? ブス」と思ってしまいます。

A.その感情にとらわれず、すぐに“受け流す”のが大切。

「心のなかだけで瞬間的にそう思ってしまったのなら、しょうがありません。でも、それを後へ引きずらないことが大切です。そんなふうに思った自分を後悔したり、嫌だなどと思い悩んだりするほうが問題です。その感情にとらわれてしまうと、なかなか忘れられません。ネガティブな気持ちはさっと受け流して」

Q.人の幸せを喜べず、嫉妬したり、人の不幸を喜んだりしてしまうときがあります。

A.他人と比べない。「今までの自分」と比較を。

「誰しも、他人と自分とを比べる思考回路が染みついています。『人は人』と割り切ろうとすればするほど、余計に他人が気になってしまうもの。そんなときは比較の対象を過去の自分に変えてみましょう。すると、自分が幸せになるためには何が足りないのか、これからどうすればいいのかと前向きに考えられます」

Q.「いい人仮面」をかぶって、ついお世辞を言ったり、自分の意見を口に出せないまま終わったり。そのたびに後悔してしまいます。

A.仮面を外したときこそ、自分本来の魅力が表れます。

誰しもいい人に見られたいですよね。でも実は、あなたを「いい人」と見る他者はあなたの思考の中にしか存在しません。いわば「いい人仮面」をかぶって一人相撲をしているようなもの。勇気を出して、仮面を外してください。その人の本当の魅力は、仮面を外したときに自然に表れてくるものですよ。

この人に聞きました

(写真:洞澤佐智子)
松本紹圭さん
未来の住職塾 塾長。79年生まれ。東京大学文学部哲学科卒業。浄土真宗本願寺派光明寺僧侶。超宗派仏教徒のウェブサイト「彼岸寺」(higan.net)を設立。10年にインド留学し、MBA取得。著書は『「こころの静寂」を手に入れる37の方法』(徳間書店)など。

[日経ウーマン 2016年2月号の記事を再構成]