強烈トッピングの巨大ギョーザ専門店、かつやが新業態

日経トレンディネット

日経トレンディネット

とんかつ専門店「かつや」などを展開するアークランドサービスグループは2016年3月1日、東京・新橋駅前のニュー新橋ビルにギョーザ専門店「新橋ぎょうざ」をオープンした。

ギョーザ専門店「新橋ぎょうざ」1号店はビジネスマンの聖地として知られる東京・新橋駅前のニュー新橋ビルにある
ニンニクとニラのしょうゆ漬けを後乗せした「新橋餃子」をメーンに、トッピングでバリエーションを増やしている

トッピングでギョーザの味が激変

実物を見ると、まず目を引くのがギョーザの巨大さ。1個あたりの重量は45gで、市販の標準的なギョーザの2倍以上あるという。さらにギョーザらしい“ひだ”がなく、平べったい半月形なのは、「焼き面を広くすることでパリッとした食感を出すため」(同店を運営するアークダイニングの岡村俊美社長)だという。

ギョーザは店内で手包みしている
ベースのギョーザは「焼き」と「蒸し」の2種類があり、焼きは蒸したあとに鉄板で焼いている

ギョーザの具にはひき肉(牛、豚、鶏)とキャベツ、シイタケ、タケノコ、タマネギ、春雨が入っており、複雑ながらやさしい味。「焼き」と「蒸し」の2種類から選べ、トッピングなしの「しろ餃子」ならニンニクやニラの臭いを気にせずにさっぱりと食べられる。

座席はカウンターのみ。同じグループの天ぷら専門店「あきば」の跡地に居抜きで出店
ニンニクとニラのしょうゆ漬けをトッピングした「新橋餃子定食」(税込み690円、ギョーザ4個)。定食にはもやし、ご飯、吸い物が付いている

しかし、この味がトッピングが加わることで激変。ニンニクとニラのしょうゆ漬けやチーズ、キムチをのせることで強烈にパンチの効いた味になるのだ。まさに、落差の激しいジェットコースターみたいなギョーザといえるだろう。

「羽チーズ餃子定食」(税込み790円、ギョーザ4個)はギョーザと一緒に焼いたチーズが羽のようになっているのが特徴。チーズが非常に濃厚
「焼きキムチ餃子定食」(税込み840円、ギョーザ4個)もキムチの濃厚さと辛さが際立つ

“日本のギョーザ”を提案したい

しかし、いまなぜ「ギョーザ」なのか?

「国民食として安定的に人気があるうえ、最近では専門店が増えるなどブームの兆しもある。そんななか、これまでの中華のイメージとは一線を画す“日本のギョーザ”を提案したかった」(岡村社長)という。

たしかに昨今のギョーザブームを考えれば、オープン当初に人気となることは間違いない。ただ、それを継続していくためには、魅力的なトッピングを次々と投入できるかどうかがカギだろう。

(日経トレンディネット 山下奉仁)

[日経トレンディネット 2016年3月1日付の記事を再構成]