3色+修正テープ、オールインワンのアクロボール

日経トレンディネット

「アクロボール ホワイトライン」600円(税別)
「アクロボール ホワイトライン」600円(税別)
日経トレンディネット

「書き心地がいい」とファンが多いパイロットのボールペン「アクロボール」。それに使われているのが、低粘度油性の「アクロインキ」だ。パイロットは2015年秋、アクロインキを主軸に、従来の技術を駆使して高級版の「アクロドライブ」や修正テープ内蔵の「アクロボール ホワイトライン」を発表した。ホワイトラインは3色ボールペンに修正テープを入れてしまったもの。キワモノではないのだろうか。

フリクションボールの普及で、ボールペンも尻軸でこすると消えるというスタイルが珍しくなくなった。だからというわけではないが、尻軸に修正テープを搭載したアクロボールの3色ボールペン「アクロボール ホワイトライン」を見たとき、キワモノっぽさはそれほど感じなかった。低粘度油性ボールペンの書き心地は、フリクションボールよりもかなり良いため、普段使いにしている人は多いと思うが、それでも気軽に消したいというときはあるはず。そのニーズに自然な形で応えた製品なのだ。

カラーバリエーションはクリアブラック、クリアブルー、クリアライトグリーン、クリアオレンジ、クリアピンク、ホワイトの6色

かつての類似製品よりも大幅に使い勝手が向上

アクロボール ホワイトラインは、かつて同社が発売していた「フィード ホワイトライン」というボールペンと同じアイディアの製品なのだが、当時感じられた無理やり感がない。ボールペンも消せると便利という常識が生まれたことが、こういう製品を受け入れる素地になったのだろう。

もちろんアクロボール ホワイトラインは、かつての製品より、大幅に機能や使い勝手が向上している。

なにより、修正テープ部分が小型化して交換カートリッジも用意されたことが大きい。さらに、修正テープを使う際、ねじってキャップを外す必要があった旧タイプに対し、キャップが開閉式になって素早く開くようになり、キャップをなくす心配がなくなった。さらに、修正テープを使う際の方向が、クリップと同じになったため、持ちやすく扱いやすくなった。

このように後部が開き、修正テープが現れる。ヘッドが短いせいか、狙ったところに貼れて扱いやすい
旧「フィード ホワイトライン」(下)と新しい「アクロボール ホワイトライン」(上)。全体にスリムになったのが分かる

最大の変化は、ボールペン部分がアクロボールになって、滑らかに書けるようになったことだ。実際に使ってみると、滑らかに書けるせいか、軸の太さがあまり気にならない。修正テープ部分の小型化で頭が膨らんでいないため、見た目も、持った感じもより自然になっていて、普通の多色ボールペンとして利用できるのだ。

また、今どの色の芯が出ているのか分かりにくいという欠点を、軸の分割位置を変えてインジケーターを大きくすることで解消。修正テープ部分が少しだけ動くが、それも紙にまっすぐ当たりやすくするための工夫だ。

「クリップの下を削って、そこに修正テープのコアの部分を入れることで、クリップ部分が膨らむのを防いだり、内部的にも細かくいろいろやってるんですよ」と、同社営業企画部筆記具企画グループの佐々木和彦氏が開発の苦労を話してくれた。

旧「フィード ホワイトライン」の修正テープ部分と、「アクロボール ホワイトライン」の修正テープ部分。これだけ小さくなった。テープの長さは変わらない
軸中央に今、どの色が出ているのかが分かる目印が付いている。大きく表示されているので分かりやすい

替え芯はBVRF-8F-B(黒)/R(赤)/L(青)(80円)。製品には0.7mmがセットされているが、替え芯は各色0.5mmもある。また修正テープのカートリッジも180円で販売されている

軽いし、普通の3色ボールペンとして使えるので、家庭やデスクに置いておくと、いざというときに助かる一本になる。「修正テープは、それほど使うモノではないのですが、あると重宝する、というモノなので、このペンが一本あるといいと思うんですよ」と佐々木氏。まさに、そういう位置づけのペンだし、滑らかに書けるボールペンと修正テープの組み合わせは、フリクションボールとは違う意味でありがたいと思うのだ。

(日経トレンディネット 納富廉邦)

[日経トレンディネット 2015年12月17日付の記事を再構成]