エンタメ!

ブレイク! 静かなヒット

写真家・齋藤陽道 感動を直球で伝える作風に支持

2016/2/27 日本経済新聞 夕刊

写真家、齋藤陽道(32)が注目されている。被写体と正面から向き合い、感動を直球で伝える作風で、従来の写真ファン以外にも支持されている。Mr.Childrenやクラムボンら人気アーティストのジャケットや、テレビCMにも起用された。昨年刊行した写真集「写訳 春と修羅」(ナナロク社)の発行部数は4000部で、若手写真家としては異例の売れ行きだ。

この5年で3冊の写真集が刊行された。写真は「絶対」シリーズ(2015年)より。(C)Harumichi Saito

ブレイクのきっかけはワタリウム美術館(東京・渋谷)で2013年に開幕した初の大規模個展。同館が無名の若手を取り上げることはめったにないが、「被写体がどんな人や動物であっても、全ての境界を越えて真正面から向き合う作品に可能性を感じた」と和多利恵津子館長はいう。

作家の吉本ばなな、詩人の谷川俊太郎ら、著名なファンがチラシにコメントを寄せた効果もあり、予想を大幅に上回る数万人が来場。知名度が高まり、ミスチルの配信限定シングル「放たれる」のジャケットや、JTのテレビCMへの起用につながった。

光が画面全体を覆って、人物の存在感を引き立たせる「絶対」や、むくな子どもの目線で世界をとらえた「せかいさがし」などのシリーズのほか、障がい者やレズビアンなど、マイノリティーを写したものも多い。実は齋藤も耳が聞こえない。演奏中のピアノの鍵盤や、鼓笛隊の様子を捉えた「無音楽団」シリーズは、音楽への憧れがにじむ。

しかし、「そのことは、あえて打ち出さなかった」と写真集を手がけたナナロク社の村井光男社長。「“耳の聞こえない写真家”と単純化されるのを避けた」と明かす。「物事の本質をつかんで、それを直球で表現する彼の魅力を伝えたかった」。「春と修羅」は、宮沢賢治の詩に写真を合わせた本。「反響は予想以上で、心のこもった声がたくさん届いた」という。

写真集が売れない時代に、5年で3冊出せる若手は、そういない。初の写真集「感動」(赤々舎)を手がけた姫野希美社長は、「作品から生命力が立ち上がるパワーに圧倒された」と話す。「初めて写真集を買ったという層も多い。東日本大震災後、命に目を向ける人が増えている。そのことも彼の人気に拍車をかけているのでは」と見る。(宇)

[日本経済新聞夕刊2016年2月24日付]

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL