携帯3社の低料金プラン 検討すべきは「使わない人」

日経PC21

PIXTA
PIXTA
日経PC21

携帯電話大手3社が総務省の要請に応え、2016年3月から順次投入する低料金プラン。いずれもデータ通信量が少ない利用者を対象にしており、おおむね月5000円以下という安さが売りだ。

ドコモは家族利用が前提

まず、3社の新プランは2つのタイプに分けられる(図1)。auとソフトバンクは、月1ギガという低容量のデータ通信プランを新設した。基本使用料(定額制の通話料を含む)とネット接続料を合わせたスマートフォン(スマホ)の利用料金は、月4900円に収まる。これに対してNTTドコモは、家族契約を条件とした低価格なプランを打ち出した。家族3人で契約すれば、1人当たり実質月4500円になる格好だ。

図1 auとソフトバンクは、月1ギガの低容量プランを導入し、1人当たり月4900円を実現。ドコモは、5ギガのデータ通信容量を家族で分け合う低料金プランを新設し、3人契約時に1人当たり月4500円とした

では3社のプランを具体的に見ていこう。auは、従来のデータ通信の最安プラン「3ギガ月4200円」の下に「1ギガ月2900円」を追加。これで月1300円安くなる。16年3月から提供する予定だ。

ソフトバンクも同じく「1ギガ月2900円」を新たに追加。さらに、従来まで適用外だった安い通話プラン(基本使用料)に加入できるようにすることで、月1600円引き下げている(図2)。提供開始は4月以降の予定。

図2 auとソフトバンクの従来の最安プランに対して、データ通信量を1ギガに抑えた新プランを比較した。auはデータ通信量3ギガが最安だったが、1300円安くなる。ソフトバンクはデータ通信量が半減し、600円安くなる。5分以内の通話が無料の「スマ放題ライト」を契約できるようにもなり、合計1600円安くなる
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし