マネー研究所

桐谷さんの株主優待入門

春よ、来い! 桐谷さんも満足のレジャー施設優待

日経マネー

2016/3/2

PIXTA
日経マネー

昨年の大みそかに期限が迫った優待券を使うために、遊園地と映画館に行ったという桐谷さん。普段、講演会や執筆作業で多忙なだけに、レジャー施設で遊ぶのは息抜きの時間。今回は桐谷さんに、外に出かけたくなる娯楽関連の優待を教えてもらいました。
桐谷広人(きりたに・ひろと) 66歳。プロ棋士(七段)。1984年の失恋を機に株式投資を始める。現在400以上の優待銘柄を持ち、その優待品で日々の生活をほぼ賄っている。癒される人柄も人気の理由

暖かくなってきましたね。私は以前ひどかった花粉症がここ数年で改善し、春の自転車移動も楽になりました。今年は優待券を使って、もっと遊びにも出かけたいですね。

娯楽関連の優待でまず人気なのが、ゴルフ場。数ある中で私がお薦めするのは、平和(東1・6412)です。配当利回りが3.4%とそれだけでもいいのですが、100株以上で自社が運営するゴルフ場の3500円割引券2枚が年に2回受け取れます。優待と配当利回りを合わせると、約9.5%。別のゴルフ場優待銘柄には、特定の1カ所のゴルフ場でしか使えない券もありますが、平和のゴルフ場は全国各地にあるのがうれしいですね。

■利回りの良さならオリックス

家族で出かけたいなら遊園地。やっぱり東京ディズニーランドへ行きたいと思うかもしれませんが、割高なオリエンタルランドはあまりお薦めできません。

確かに「1デーパスポート」を受け取ることができるし、2015年に1対4に分割をしたことで買いやすくなったのですが、配当利回りが0.44%、優待利回りが2%弱と低い。それならNISAを使って高配当株に投資して、その配当金でディズニーランドに行った方がいいのでは、と思ってしまいます。

利回りの良さで考えるなら、5%強のオリックス(東1・8591)がお薦めです。100株以上でカタログギフト「ふるさと優待」から、すみだ水族館や京都水族館などで利用可能な優待券が選択できます。私もこれを利用して、東京スカイツリータウンにあるすみだ水族館で何度かペンギンやオットセイを見てきましたよ。

私鉄沿線にお住まいの方にお薦めなのが、利用する鉄道会社の優待です。例えば、東武鉄道(東1・9001)なら、1000株以上で東武動物公園や東武博物館、東武ワールドスクウェアなどの券が受け取れます。3000株以上なら電車全線優待乗車証が4枚です。

京浜急行電鉄(東1・9006)小田急電鉄(東1・9007)京王電鉄(東1・9008)など、鉄道会社は関連のレジャー施設や乗車券が受け取れる銘柄が多いので、普段使っている鉄道会社の優待を確認してみてはいかがでしょうか。

注:データは2016年2月3日の終値。優待利回りは長期優遇の中で最も有利なものを適用。「優待+配当利回り」の――は算出不能

■お台場で優待三昧

そうそう、この週末は東京・お台場に行ってきたんですよ。なぜお台場かというと、持っている優待券を一日でたくさん使えるからです。まずはサノヤスホールディングス(東1・7022)の優待でパレットタウンの大観覧車に乗りました。高さが115mもある観覧車で都心の絶景が見渡せ、大満足。

それから山喜(東2・3598)の優待で買い物です。100株以上で1000円の買い物券が年に2枚、200株以上で2500円券が年に2枚なので、200株持つのがお得です。私はこれを使ってヴィーナスフォートにある紳士服店スタイルワークスアウトレットで、手袋やハンカチと引き換えました。

うっかりしていたのは、以前は1商品に1枚という制限があったのですが、現在は1商品に複数枚を使用していいということを知らなかったこと。ですので、次回は券をまとめて使用して、スーツを手に入れたいと考えています。

買い物の後は、東京楽天地(東1・8842)の優待で映画鑑賞。阪急阪神東宝グループの企業で、2000株以上(約100万円)で東宝系の映画劇場で使用できる券が受け取れます。東宝(東1・9602)だと、劇場無料券に1000株以上(約300万円)必要ですので、東京楽天地の方がお薦めというわけです。お台場近辺には優待券が使えるレストランもたくさんありますから、食事もして帰宅しました。

最後に、私が重宝しているお気に入り優待を教えますね。それは、コア(東1・2359)です。ここは東京、京都、奈良、九州4つの国立博物館で使える共通パスポートが受け取れます。私も昨年は、東京国立博物館で兵馬俑展やブルガリの宝飾品の展覧会を楽しみました。コアは年末から株価が急騰しており、今は買うべきではないかもしれませんが、時期を見て検討してはどうでしょう。

【桐谷流情報収集術】 この番組は必ずチェック!

日々、新聞やテレビ番組での情報収集は欠かしません。私は夜型で、夜中に原稿を書き、指値注文を入れ、寝るのが朝の8時頃。早朝に届く日経新聞に目を通した後は、「Newsモーニングサテライト」(テレビ東京)で米国の動きをチェックします。

この番組は録画しておき、1.5倍速で再生しながら、見逃してしまった数字などを確認します。それを見終えた6時40分、「グッド!モーニング」(テレビ朝日)の林修先生の「ことば検定」にチャンネルを切り替えます。株には関係ありませんが、面白いですね。

それから榎戸教子キャスターのファンなので「日経モーニングプラス」(日経CNBC)もチェック。私は安く買って高く売る“値上がり益”を狙うのがモットーですので、いい材料より悪い材料を探すという視点でニュースを見ています。

■3月の権利確定銘柄

では最後に、株主優待ブログ「毎日優待三昧」が人気の個人投資家rika氏が厳選した「2016年3月に入手できるお得銘柄」を紹介しよう。2016年3月中に割当基準日を迎える銘柄だ(なお、2016年3月末が割当基準日の場合、優待を得るための最終売買日は、3月28日になる)。銘柄選択の際の参考にしてほしい。

rika氏(ウェブサイト「毎日優待三昧」運営者)が厳選した、「3月に取れるお得優待」。株価ほか各種データは2016年2月3日時点のもの。最新情報は各社ウェブサイトのIR情報のページなどでご確認いただきたい。優待内容については、年2回同内容の優待をもらえる場合、1回分の内容を表示。利回りの――は計算不能

(日経マネー 御船晶子)

[日経マネー2016年4月号の記事を再構成]

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL