MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

トヨタ・ホンダ… ハイブリッド車、新モデル続々 燃費と走り、使い勝手を兼ね備え

日経トレンディ

2016/2/14

写真・山本琢磨
日経トレンディ

ハイブリッド車(HV)が活況だ。約6年半ぶりにフルモデルチェンジした4代目「プリウス」(トヨタ自動車)が走りや使い勝手を大幅に向上させたほか、今年はミニバンなどで各社の新モデルも相次ぎ登場する見通しだ。燃費も大幅に改善。HVをはじめとするエコカーは今後、ますます自動車市場を引っ張る存在となりそうだ。

新型プリウス(左)は(3)[S]代目より重心が下がり、走行時の安定性が高まった(写真・山本琢磨)

エコカーの代名詞であり、国内の自動車市場をけん引してきたプリウス。4代目は2015年12月の販売開始から、1カ月間で約10万台を受注した。月間販売目標の約8倍で、納車まで3~7カ月という人気だ。

新型になるたび注目されるガソリン1リットル当たりの燃費(JC08モード)は、世界最高レベルの40.8キロメートルに到達。旧型の32.6キロメートルから約25%も改善された。エンジンとHVシステムは基本的に旧型を継承したが、エンジンの熱効率を40%に改善。モーターも小型軽量化するなど大幅に改良した。

今回のプリウスで明確になったのは、「エコ」だけに終わらず、進化の新段階に入ったことだ。開発責任者の豊島浩二・製品企画本部チーフエンジニアは「これまではエコカーだからとドライバーが我慢を強いられる部分があった」と振り返る。新型は燃費のための我慢も言い訳もいらない、走らせて楽しいクルマを目指したわけだ。

新型プリウスは内装の質感が大幅に向上。シートは本革も選べる(写真・山本琢磨)

事実、主な改良点には走行性能に寄与する部分が多い。車体は新しい構造や溶接技術の採用で剛性を60%向上。重いHVシステムの搭載位置を下げるなどして重心を低くし、走行時の安定性は大幅に高まった。

燃費一辺倒ではないことは個性的な外観からも一目瞭然だ。

「これが、プリウス?」「けっこうエロい」。CMで俳優の福山雅治が口にするセリフでも変化を訴求。3代目までの「真面目でエコ」な優等生イメージの脱却を図ったわけだ。

狙いが見かけ倒しではないことは走らせると実感できた。アクセルを踏み込んだ瞬間から滑らかに力強く加速し、路面の段差もしなやかに乗り越える。静粛性も高まった。旧型の初期モデルで目立った走りの荒さや動きの緩慢さ、車体がねじれるような感覚は解消された。ステアリング操作に車体が素直に反応。重心が下がったこともあり、交差点や高速道路のカーブなどでの安定性が高まった。

新型プリウスの派生モデルとして発売が予定される小型SUV「C-HR」

価格は最安クラスで約20万円上がったが、エコカーとしてだけでなく、クルマとして一段上のレベルに到達したと言える。

HVは今年も新モデルが目白押しだ。最注目は新型プリウスから派生した小型SUV(多目的スポーツ車)「C―HR」。1.2リットルのガソリンターボエンジン車とHVが投入されるもようで、HVの燃費は30キロメートル超の見通し。価格は250万円程度からとみられる。発売は秋以降の予想なので、新型プリウスと比較検討してもいい。

ホンダが5日に発売した「オデッセイ ハイブリッド

ミニバンではホンダ「オデッセイ ハイブリッド」が2月に発売。「アコード ハイブリッド」で定評ある2モーター式のHVシステムは、重量があるクルマほど燃費改善効果が大きいとされる。カタログ燃費は26キロメートルで、競合するトヨタ「エスティマハイブリッド」の18キロメートルを大幅に上回る。

このほかホンダ「フリード」や日産「セレナ」のHV版も夏前後に発売される見通し。ミニバンのHVを検討するなら、これらを待つのも手だ。

 ◇  

PHVはEVの鋭い加速感や静粛性と、ガソリン車の長い航続距離という特徴を併せ持つ。欧州勢は価格が500万円以上するが、高級なエコカーを求めるなら選択肢となる。

(日経トレンディ3月号の記事を再構成。文・滝本大輔)

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
サントリー天然水 成長の原点は「首掛けPOP事件」
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
ダイソー本格100円コスメ 僅か2カ月で400万個突破
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL