マネー研究所

日経マネー 特集セレクト

確定申告シーズン到来 7つのワザでお得に

日経マネー

2016/2/15

PIXTA
日経マネー

 確定申告の時期がやってきた。既に1月中旬からは税務署で申告用紙の配布が始まっており、2月16日には申告書の受け付けもスタート。今回は、確定申告で得する7つのワザを紹介しよう。

【還付申告】 5年前まで遡って申告できる

 医療費控除や住宅ローン控除などの「還付申告」は、最長5年前まで遡って申告できる。当時の書類(領収証や住宅取得資金に関係する借入金の年末残高等証明書など)と該当年の源泉徴収票を用意し、複数の年にわたる場合は1年ごとに申告する必要がある。国税庁のウェブサイトから該当年を選んで申告書を作成するといい。

【所得控除】 年末に扶養家族が増えたら控除申請を

 年末調整後に結婚した、田舎の親を引き取ったなどで扶養家族が増えた人は、妻の所得が38万円以下、親の年金収入が158万円以下(65歳以上)なら、申告すると38万円(70歳以上で同居の親は58万円)の控除が受けられる。課税所得500万円のサラリーマンが70歳以上の親を引き取ったとすれば還付金は約11万6000円。

【医療費控除】 仕送りしている親の分もまとめられる

 「年間の医療費の合計額が10万円超」と聞くとハードルが高い印象を受けるが、医療費控除では生計を一つにする家族全員の医療費をまとめて申告できる。同居している親族に限らず、例えば仕送りをしている田舎の両親や、下宿して大学に通っている子供などの医療費などを一緒にしても構わない。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL