MONO TRENDY

モノ・フラッシュ

ダイソン初のLED照明、着想は製図板とエレベーター

日経トレンディ

2016/3/1

日経トレンディ

ダイソンがLED照明の分野に参入した。デスクライト「CSYS(シーシス) desk」は、税込み7万円程度と高価だが、効率よく素早く放熱する独自構造により、明るさや色調が37年間も変わらないという。動作機構や見た目はユニークな一方、実用性も高かった。

ダイソンのLED照明デスクライト「CSYS desk」
「CSYS desk」は一般的なLED照明の寿命の約4倍に相当する37年間も光の明るさと色調を保てるという

「CSYS desk」最大の特徴は、一般的なLED照明の寿命の約4倍に相当する「37年間も光の明るさと色調を保てること」(ダイソン)。その秘密は放熱機構にある。

LEDは一般に長寿命とされるが、熱にさらされると劣化する。実はLEDも白熱電球ほどではないとはいえ、発光する際に熱を発するため、放熱効率を高めることが重要になる。

そこでダイソンが採ったのは、熱伝導率が高い銅製のパイプを使い、その内側に1滴の水を封じ込める手法。この水は気化する際に素早く熱を奪い、冷えれば再び水に戻る。パイプはヒートシンク(放熱器)を兼ねるアルミ製のアームと一体なので、アーム全体で熱を大気中に逃がす。

1滴の水を密封した銅製のヒートパイプと、アームを兼ねたアルミ製ヒートシンクで素早く放熱する

照明の位置を調節する機構も独特だ。アームと支柱が十字に交差して滑車で自在に動く構造は、製図板とエレベーターから着想を得たという。使ってみると、指先で軽く押すだけでアームが上下左右に滑らかに動き、しかもピタッと止まるので、照らす位置を正確に決められる。

指先で軽く押すだけで上下左右に滑らかに動き、照らす位置を決めやすい
柱に取り付けられた滑車でアームが動く構造

電源スイッチにはタッチセンサーを採用しており、指先で触れ続けると明るさが変わる
LEDの光は円く、ほぼ均一に拡散している。影ができにくいのもメリット

価格が税込み7万円程度と高価だが、“37年”という寿命と使い勝手、個性的なデザインを気に入れば、購入する価値はある。

(日経トレンディ編集部)

[日経トレンディ 2015年10月号の記事を再構成]

MONO TRENDY 新着記事

MONO TRENDY 注目トピックス
日経クロストレンド
NTTドコモが店頭の看板から「ドコモ」を消したワケ
日経クロストレンド
日本初「カチッと鳴る」歯ブラシ ライオンが開発
日経クロストレンド
日本電産・永守重信会長 最後の大仕事は大学
日経クロストレンド
30代前半で世帯年収1000万超 好きなブランドは?
ALL CHANNEL