臨場感に鳥肌 ゲームを再定義するプレステVR本当にいいもの100選

日経トレンディ

PlayStation VR ソニー・コンピュータエンタテインメント 2016年上半期発売予定、価格未定
PlayStation VR ソニー・コンピュータエンタテインメント 2016年上半期発売予定、価格未定
日経トレンディ

鳥肌が立つレベルの臨場感だった。バーチャルリアリティ(VR)モニター「プレイステーション VR(PS VR)」向けのデモ、「サマーレッスン」を体験した後の率直な感想だ。PS VRを頭にかぶると、視界すべてがゲーム空間に。家具や少女のキャラクターにはリアリティがあり、自分のパーソナルスペースに他人がいる緊張感すら感じたほどだ。

2つのカメラを搭載したセンサーは通常、テレビ上部に設置する

臨場感の秘密は、プレイステーション4(PS4)に接続した2つのカメラで、頭の「向き」だけでなく「位置」を認識することだ。安価なVRモニターは加速度センサーで顔の向きだけを認識するが、PS VRは、ヘッドセットの空間内での位置を認識。一定範囲なら頭をどう動かしても映像に反映される。

「顔を向けた方向が見える」にとどまらず、身を乗り出せば景色が近づき、しゃがみ込めば視点が低くなるなど、視界に全く違和感がない。ゲーム中の机の下をのぞき込んだら、天板の裏側まで見えたのには驚いた。さらに、映像と連動して「音の聞こえる方向」も変化させており、背後からの音や耳元でのささやきなどが臨場感を増幅させる。

ヒロインが持つ本をのぞき込むと、ちゃんと文字まで見える。(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.
手に持ったコントローラーの位置もカメラは認識しており、映像内で持っているかのように登場する場合も。(C) SEGA / (C) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

その代わり、プレーする人は設置したカメラの前にいる必要がある。テレビ画面は見ないけれどテレビの正面に座って遊ぶ光景は、何ともユーモラスだ。

PS VR用のゲームとしては、ホラーや一人称視点の射撃などがまず頭に浮かぶが、従来とは全く異なるタイプの作品も増えそうだ。例えば広大な世界を駆け回らせるよりも、限られた空間を精緻に作り込んで見せたほうが、VRとしては効果的な表現になるだろう。主人公は同じ場所にいて、周囲で次々と何かが起きる、そんな設定が多用されるようになるかもしれない。ゲームだけでなく、ライブ映像の観賞など応用範囲は広い。

テレビ画面を見ている人は黄色の怪獣を攻撃する。(C)Sony Computer Entertainment Inc.
ヘッドセットを付けた人は怪獣の視点になり、実際に頭を動かしてその攻撃を避けたり、反撃したりする。(C)Sony Computer Entertainment Inc.

また、基本的に1人プレーかと思いきや、ヘッドセットを付けた人とテレビ画面を見ている人との同時プレーも考えられている。図のデモの場合、テレビ画面を見ている人(最大4人)は黄色の怪獣を攻撃するが、ヘッドセットを付けた人は怪獣の視点になり、実際に頭を動かしてその攻撃を避けたり、反撃したりする。

(日経トレンディ編集部)

[日経トレンディ2016年1月号の記事を再構成]

MONO TRENDY連載記事一覧
MONO TRENDY連載記事一覧