マネー研究所

マネー女子力

クレジットカードで家計力アップを目指そう

2016/1/28

2017年4月に予定される10%への消費増税に備えて、今年は「家計の基礎体力」を強化したい。そこで工夫したいのが、クレジットカードの使い方です。よりお得に生かすため、「5つの心得」をまとめました。
(C)Pixta

1.高還元率のカードを1枚選び、使い倒す

クレジットカードをお得に使う基本は、とにかく「ポイント還元率」の高いカードを選び、それに利用を集中させることです。ポイント還元率とは、カードの利用額に対しどれだけポイント(還元)がもらえるかの割合。0.5%(1万円使うと50円分戻る)が主流ですが、「リクルートカード」や「楽天カード」など1%以上の高還元率タイプも多数登場しています。

ただし、単に還元率が高いだけで選ぶと失敗の元に。重要なのは、自分がよく使うお店でポイントがたくさんたまるか、ためたポイントの使い勝手がいいかどうかという点。ポイントで交換できる商品に欲しい物がなかったり、使えるお店が限られたりする場合もあるので要注意です。

選ぶのが難しい時は、ポイントの情報サイト「ポイ探」(http://www.poitan.net/)が役立ちます。サイト内の「クレジットカード」画面にアクセスすると、1カ月のカード利用額と、利用金額の多い項目(ネット通販、百貨店など)を選択する画面が表示されます。簡単な入力で、その人の「最もお得なカード」が検索できます。

2.「年会費無料タイプ」でポイント有効期限は長く

カード選びの際は年会費がかかるか否かも見ておきたいところ。クレジットカードをよく使う人は年会費がかかっても元がとれることが多いですが、利用額が少ない人は年会費無料タイプが安心です。無料でも還元率は1%以上というカードも少なくないので、こうしたタイプを優先的に選ぶのが理想です。

また、たまったポイントの使い損ねがないよう、有効期限が長いかどうかも要チェックです。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL