旅行・レジャー

大ナゴヤを行く

ひつまぶし・台湾ラーメン… 「なごやめし」、世界へ

2015/12/18

ひつまぶしや手羽先、きしめん、味噌カツ――。中部地方の玄関口、名古屋駅周辺で、独自の食文化「なごやめし」が自慢の飲食店が相次いでいる。今月中旬には駅構内に新たな飲食店街が誕生。周辺で働くサラリーマンのほか、出張者や観光客らの胃袋を満たしている。将来のリニア中央新幹線の開業などを見据え、官民もタッグを組んで国内外にPR攻勢をかける。さて“ブーム”到来となるか。

「カウントダウンをお願いします。3、2、1。それでは開業いたします」。11日午前10時、JR名古屋駅構内(名古屋市中村区)に飲食店街「名古屋うまいもん通り」がオープン。朝早くから観光客や地元住民ら約50人が列を作るなど、初日から盛況となった。

オープンした「名古屋うまいもん通り」に入る人たち(JR名古屋駅)

約80メートルの“通り”には店舗が並び、名物の1つを「なごやめし」とする。この日朝、列の先頭に並んでいた近くに住む船橋義勝さん(83)は「ひつまぶしが大好物。早く食べたい」と笑顔を浮かべた。

激辛の台湾ラーメンで知られる台湾料理「味仙」の郭美英社長(66)は「玄関口の名駅で『なごやめし』を全国に広めたい」と意気込む。

同駅周辺では大名古屋ビルヂングやJPタワー名古屋などの完成で、高層ビルが林立する。これらのビルにも「なごやめし」の店舗がお目見えする予定で、利用客の争奪戦は激しさを増すばかり。名駅地区のオフィス人口は1万人以上増えるとみられ、相次ぐ出店は、観光客や出張族だけではなく、ビルで働くサラリーマンらの昼食需要も取り込む狙いだ。

まるや本店「上ひつまぶし」
味仙「台湾ラーメン」
てつえもん「手羽先唐揚げ」

「なごやめし」を観光資源に育てる取り組みも活発化している。愛知県や名古屋市、名古屋商工会議所などは6月、「なごやめし普及促進協議会」を設立。官民挙げてのPR作戦が広がる。

協議会は10月、インターネットで「なごやめし」の人気投票を実施。約1万1800人が参加し、1位には、ひつまぶしが輝いた。愛知県は代表的なメニューなどを紹介する公式ガイドブック5千部を作成した。来年度以降、首都圏でのプロモーションに力を入れていくという。

来年5月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)や2020年の東京五輪、27年のリニア新幹線の開業――。「なごやめし」の国際化ももくろんでいる。

スパゲッティハウス チャオ「ミラカン」

名古屋市は、サミットを世界に売り込む絶好の機会として、開催の約1週間前から中部国際空港(愛知県常滑市)や名古屋駅に臨時ブースを設け、「なごやめし」を発信する。協議会も、サミットで、海外の報道陣などの関係者に「なごやめし」を味わってもらう構想を練っている。

国内でも様々なイベントが注目を集める。名古屋市などは10月1日から11月15日まで、市内の飲食店を食べ歩きする「なごやめし博覧会2015」を開催。参加店が観光客らに自慢の腕を振るった。今年で5回目を迎え、人気は上々という。

協議会は来年1月、東京ドームで行われる「ふるさと祭り東京」に初めて「なごやめし」のブースを出し、味噌カツや手羽先などの魅力をアピールする。

最近は、新なごやめしと呼ばれる「台湾まぜそば」や「味噌からあげ」を売りにする飲食店も目立つ。協議会の担当者は「今年は中部での盛り上げに力を入れた。知名度を高めるため、来年は愛知を飛び出してPRしたい」と話している。

「なごやめし」を官民挙げてPRする背景には、観光客の誘致に向け、新しい名古屋名物を育てたいという機運の高まりがある。東京や京都、大阪に比べて観光客の入り込みが少ない愛知県。2027年のリニア新幹線開通を控え、「食文化」の魅力を高め、内外から幅広い客層をつかみたい狙いだ。

「なごやめし」の知名度が高まったのは、愛・地球博があった2005年ごろ。万博を機に、名古屋を訪問する人がなごやめしの存在を知り、個性的な食文化として全国的な人気を得た。

県民の意識も大きく変わってきた。愛知県が2014年、「県外の友人に勧められるもの」を世論調査で聞いたところ「動物園・水族館」(42.6%、複数回答)に次いで「(なごやめしなど)愛知の食文化」(42.0%、同)が2番目となった。「ここでしか食べられない、という名物は高い集客力がある」と愛知県の担当者は強調する。

リニア開通を機に、東京一極集中が進む「ストロー現象」への懸念はぬぐえない。日本の中核を担ってきたものづくりや数々の史跡だけではなく、「なごやめし」という独自に育んできた食文化をいかに国内外に浸透させていくのか。緻密な地域ブランド戦略が求められそうだ。

(名古屋支社 文 江藤俊也、松尾洋平、写真 今井拓也)

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL