WOMAN SMART

ヘルス

アイメークはドライアイの一因 温湿布で脂を溶かす

2016/1/31

日経ヘルス

空気が乾燥する冬場はドライアイ症状に悩む女性が増える。ドライアイは涙の水分不足で起こると思いがちだが、むしろ涙の表面を覆う脂不足が背景にあることが最新の研究で明らかになってきた。有効なのが温湿布。5分間温めるだけで脂が溶け出し、涙の油膜が安定する。
(イラスト:いいあい)

前回、涙の脂分が不足すると、水分の蒸発が進みドライアイになる仕組みを解説した。脂不足を改善するケアとして、まず薦められるのが、まぶたの温罨法(おんあんぽう)、すなわち温湿布だ。

涙に脂を分泌するのがマイボーム腺。この脂は通常、32℃程度で溶け出し、透明でサラサラだ。しかし、マイボーム腺の機能不全(MGD)では脂が硬く黄色くなっており、健康な人より4℃ほど高い温度でないと溶けないとされている。これは、「まぶたの裏側が冷えているから」(伊藤医院副院長の有田玲子医師)だ。

温罨法はマイボーム腺を温め、脂を溶かす。MGDの改善効果は有田医師らの研究で確認済み(下グラフ)。「軽いMGDなら5分間温めるだけでも脂の色が変わり、涙の油層が厚くなって安定性が向上する」(有田医師)。

加齢によるMGDがある男女10人(平均75.6歳)が、1回5分の温罨法を1日2回、1カ月継続した。その結果、マイボーム腺組織の面積が増加。涙の安定性を示す「涙液層破壊時間」が延長した(グラフ)。目表面の粘膜の荒れも改善した。(データ:Ocul Surf;13,4,321-330,2015)

回数が多いほど効果が上がるので、1日2回以上、5分ずつを目標に。ソファやベッドでリラックスして行おう。40℃程度の温かさが持続する市販のグッズなどを使うと簡単だ。

[左]あずきを使用した適度な重みの温熱ピロー。電子レンジ(500W)で40秒間温めると40℃程度の蒸気が約5分間続く。250回使用可能。780円(税別)。問い合わせ先:桐灰化学 [右]開封後すぐに温まり、約40℃の蒸気が10分程度続く。場所を選ばず使える。耳かけ付き薄型シート。無香料。14枚入り、1317円(税別、編集部調べ)。問い合わせ先:花王

タオルを使う場合は水で濡らして硬く絞り、500Wの電子レンジなら30秒温める。そのままだと数分で冷え、逆に脂を固まらせる恐れがあるので、ラップで包むなどの工夫を。ただし、高温のタオルは目に悪影響を与える恐れが指摘されているので、熱くしすぎないこと。

目元専用の洗浄剤でまぶたを軽くマッサージしながらマイボーム腺の詰まりをとる「まぶた洗い」も朝・晩の洗顔に加えよう。特にアイメークをする人にいい。アイメークがマイボーム腺の出口をふさぐ原因になっているからだ。「温罨法に続けて行うと効果的」と有田医師は話す。

[左]殺菌作用のあるティーツリーや鎮静系ハーブのローマカミツレエキスなどを配合した目元専用洗浄剤。泡タイプ。50ml、2120円。問い合わせ先:アイケアセレクト [右]液状の目元専用洗浄剤。目にしみにくい。肌の保湿や毛髪の健康に役立つビタミンD、セラミド、シルクアミノ酸などを配合。60ml、1800円(税別)。問い合わせ先:メディプロダクト

セルフケアで効果が上がらない場合は、眼科でマイボーム腺を圧迫してもらう手も。点眼麻酔後にピンセットでまぶたをはさみ、脂を圧し出す。「目がスッキリする実感が持てた人には、月1回程度の間隔で受けるよう薦めている」(有田医師)。

(イラスト:いいあい)

■この人たちに聞きました

後藤英樹さん
後藤眼科医院(神奈川県鎌倉市) 院長、鶴見大学眼科学教室臨床教授。ドライアイ、疲れ目、眼瞼けいれんなどに詳しい。脂不足のドライアイに対する油性軟膏の点眼も行う。「手元を見る作業が多い人は、ハイキングで遠くを見たり、温泉に行くなど、乾かされる環境とは逆のことをしてリセットすることも大事」
有田玲子さん
伊藤医院(さいたま市)副院長、慶應義塾大学眼科非常勤講師、東京大学眼科臨床研究員。マイボーム腺関連疾患の研究と治療の普及を目的とするLIME研究会代表。「マイボーム腺の機能はコンタクトレンズ以外に加齢でも低下する。温罨法(おんあんぽう)やまぶたのマッサージは誰でもすぐできるので、早い時期から取り組んでほしい」
田中耕一郎さん
東邦大学医療センター大森病院東洋医学科講師。日本東洋医学会認定漢方専門医。女性の加齢やストレス性の不調に詳しい。吉祥寺東方医院(東京都武蔵野市)でも診療。「生薬として用いられるクコの実や食用菊、スタミナをつけるハマグリ、アサリなどの貝類を食べることもお薦めする」

(ライター 小林真美子)

[日経ヘルス2016年1月号の記事を再構成]

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
転職願望あり過ぎ問題、本当に今動く? 最適な時期
日経ARIA
“ホルモン”のナヲ 閉経後の女性ホルモンは男性以下
日経DUAL
「一生働くキャリア」はこう作る!共働き親の時間術
日経doors
中田敦彦 成功者をまねてみると「自分軸」が見つか
ALL CHANNEL