スマートTV端末対決 価格重視なら「スティック」

日経トレンディ

自宅のテレビがあっという間に「スマートテレビ」に――。テレビのHDMI端子につなぐだけで、インターネットの動画配信などを使えるスマートTVデバイスの新製品が相次ぎ登場した。動画配信はパソコンでも楽しめるが、やはりテレビの大画面は迫力が違う。

テレビ向けの映像配信用STB(セットトップボックス)は以前から存在するものの、新製品は特定サービスの専用端末ではなく、スマートフォン(スマホ)のように好きなサービスのアプリをインストールできるのが特徴。ゲームのアプリにも対応する。また、スマホと連動させなくても、付属のリモコンだけで使える。

2015年2月発売のグーグル「ネクサスプレーヤー」に続き、2015年秋にはアマゾン(Amazon.co.jp)が「ファイアTV」と「ファイアTVスティック」を投入。アップルジャパンも3年ぶりに「アップルTV」を刷新し、アプリマーケットに対応させた。

2015年に続々登場したのが、テレビのHDMI端子につなぐだけで映像配信などを楽しめるスマートTVデバイス。どれも外部の配信サービスやゲームのアプリを、スマホのように自由にインストールして楽しめる。アマゾンの2機種は、一部のスペックを除きサービス内容や操作性は同じなので、以下の比較ではまとめて表記した

価格性能比ではファイアTVスティック

各製品はそれぞれアップルの「iTunesストア」のような公式配信サービスを持つ。1作品ごとに400~500円程度を払う方式だが、DVDレンタル店などで人気上位の新作ならどの公式サービスも8割方カバーし、品ぞろえの差は少ない。ネットフリックスやフールーなど、主に月額制の外部サービスへの対応は、アマゾンやネクサスが充実する一方、現状の新型アップルTVはやや見劣りする印象だ。

主な用途の映像配信。定額制のネットフリックスなど外部サービスに製品単体でどこまで対応できるか見た。現状、アップルTVの対応の遅れがやや目立つ。各機種ともスマホを介せば利用できる外部サービスは増えるが、画質や使い勝手を損なう場合もある

操作性ではアップルが優位だ。唯一、付属のリモコンだけでテレビの音量調節ができ、メニュー選択や早送りなどをタッチパッドで行う仕組みは指が疲れにくく快適だ。ただ、他製品も最低限の操作性は確保している。音声検索の精度などはどれも互角だった。

付属のリモコンだけで使う場合の操作性を見た。唯一、リモコンから音量調節もできるアップルTVが操作性では優位。なお画面上での文字入力は手間だが、それを補う音声認識機能はどの製品も搭載し、精度も高い。ただ外部サービス利用時は多くの場合機能しない
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧