PCから乗り換え可能 12型以上の超大型タブレット

日経トレンディ

スマートフォン(スマホ)の大型化に押され、やや注目度が薄れていた感もあったタブレット市場に今、新たなトレンドが押し寄せている。主戦場は12型以上という、タブレットとしては「超大型」ともいえるカテゴリーだ。

2015年11月中旬、ウィンドウズ10を搭載した日本マイクロソフトの「Surface Pro 4(以下サーフェス)」と、アップルジャパンの「iPad Pro」が相次ぎ発売された。

主に7~8型と9~10型の2カテゴリーが共存してきたタブレット市場に、12型超という新たな激戦区が生まれた。進化したペン入力やパソコンのように使える純正外付けキーボードなど、豊富な機能を詰め込んだ「全部入り」端末が次々とデビュー。また、売れ筋の7~8型はジャンルとして成熟した感があるが、ここではSIMフリーモデルがじわりと存在感を増している

いずれも12型台のタブレットだが、純正オプションのキーボードをつなげばノートパソコンのようにも使える。また、一般的なスタイラスより認識精度の高いデジタイザー方式のペンを用意。手書き入力も売りだ。2015年12月には東芝もウィンドウズ10搭載の「dynaPad N72(以下ダイナパッド)」を発売した。

タブレットとしても従来より高機能で、パソコン代わりの役目も果たす、いわば「全部入り」タブレット。しかし多機能なぶん、オプション込みの価格はどれも十数万円以上と高い。果たしてこれらの製品は、この金額に値するか。「ビジネスパーソンがパソコン代わりに使えるか」「タブレットとしても価値があるか」という視点で検証した。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
入力の使い勝手はウィンドウズ機
MONO TRENDY連載記事一覧