桐谷さん厳選の正月グルメ優待

日経マネー

数の子は専門業者で

海産物専門業者の優待も注目です。優待族に人気があるのは魚喜(東2・2683)。年1回、12月上旬に5000円相当の塩数の子セットが届きます。無配ですが、優待利回りだけで4.0%あります。ここは一旦優待を廃止し、14年3月期から復活しました。再開を発表した途端、300円程度に沈んでいた株価が上昇に転じ、15年8月には1990円の高値を付けました。チャイナ・ショック以降は下降基調で、多少割安感が出てきた印象です。

OUGホールディングス(東1・8041)は水産流通会社の持ち株会社。優待は自社の水産加工品の中から選ぶ形で、その中に「おせち料理詰合わせセット」というのがありました。味付け数の子など6品のセットです。単品でも味付けイクラ、味付け数の子、塩鮭厚切り4切れが選べます。最近は業績不振で株価が低迷、総合利回りは3.8%まで上がっています。

さて、年末のクリスマスからお正月にかけて重宝するのがハムです。ハムの優待は少なくないのですが、年末にもらえる優待となるとプリマハムと丸大食品くらいでしょうか。ただし両社とも総合利回り2%程度なので、あまりお薦めできません。ちなみに前出のマイスターエンジニアリングやVTホールディングスのカタログでも、ハムを選ぶことができます。

優待券でおせちを買う

お餅、海産物、ハム…とリストアップしてきましたが、読者の皆さんは「だったら、おせちを送ってくれる会社はないんですか?」とお思いでしょう。

今どきのおせちは1万円以上するものもざらで、さすがに優待品としては扱っていないかもと思っていたら、数こそ限られますが、ありました!

この連載にも度々登場しているコロワイド(東1・7616)アトム(東2・7412)では、優待ポイントをおせちに引き換えられます。アトムは3500万株の売り出しがあったため株価が下がり、優待利回りは約6%まで上昇しています。使い勝手のいい優待なので、このタイミングで買っておくのもいいかもしれません。

さらにグルメ杵屋(東1・9850)共立メンテナンス(東1・9616)の優待券でも、通販でおせちを購入することができます。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
次のページ
12月の権利確定銘柄
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし