伊アマルフィ海岸 ラベッロで庭園や音楽祭を楽しむ

ナショナルジオグラフィック日本版

最近では世界旅行の幅がずいぶん広がってきましたが、家族や友人、恋人などの大切な人と至福のときをどう過ごしたらいいかを企画するのは意外に難しいもの。そこでナショナル ジオグラフィックが多数あるリゾートの中から、一定期間滞在してゆっくりと過ごすのにふさわしい、魅力的な旅先とステイ先(滞在先)をご紹介します。
海抜約350メートルのラベッロは、アマルフィ海岸を見下ろすバルコニーのようなところだ。(Photo: Courtesy of the Belmond Hotel Caruso)

イタリア南西部にあるアマルフィ海岸は、ヨーロッパでも名高い景勝地のひとつです。ここが面白いのは、個性豊かな立地や町並みが多くの人々を引きつけているからでしょう。まずは地形の話から。

アマルフィ海岸に行き着くには、それなりの努力が必要です。絵はがきのような入り江、ブドウ畑、レモンの木が茂る丘、花の香りが漂う村々を、けだるいナポリの歌を聞きながら車で走り過ぎるのですが、この曲がりくねった道を30キロも運転するのはドライバーにとっては辛い試練です。やっと目的地に到着し、どうにか駐車スペースを確保したとしても、町まで垂直に近い道を上り下りしなければなりません。

有名な作家ジョン・スタインベックは『ハーパーズ・バザー』誌にこう書いています。「ここでは歩いて友だちに会いにいくわけにはいかない。よじ登ったり、滑ったりして友人宅にたどり着くのだ」

しかし長い海の歴史を誇るアマルフィ海岸は、人々をわくわくさせてくれます。コンドミニアム程度の人口しかない伝統的な村フローレ、さらに南下するとアンチョビソースで有名なチェターラがあります。このソースは古代ローマ人にも大人気だったし、現代でもパスタには欠かせません。ビエトリ・スル・マーレは色とりどりの陶器が名産です。

ラベッロでは毎年夏、ワーグナーにちなんだ音楽祭が開かれる。(Photo: Courtesy of the Belmond Hotel Caruso)

ラベッロはアマルフィ海岸を見下ろすバルコニー

マイオリとミノーリ近辺で海岸線を離れ、ドラゴンの渓谷をくねくねと登ったところにラベッロがあります。ここはアマルフィ海岸を見下ろすバルコニーのような場所です。いくつもの小さな教会があり、“小さなアルハンブラ”と呼ばれるルフォロ宮、ヤシの木、果物の木、ブーゲンビリアが茂る庭があります。7月と8月には有名な音楽祭が催されます。

ここはグランドツアー(18~19世紀にかけて主に英国の裕福な家庭の子息が教養を身につけるためにまわった旅行)の時代から今に至るまで、常に高い人気を集め続けています。ゲーテ、ワーグナー、ジュゼッペ・ヴェルディ、アンドレ・ジード、D.H.ロレンス、ヴァージニア・ウルフ、グレタ・ガルボ、フェデリコ・フェリーニなどそうそうたる人々がこの小さな村に魅惑されました。

当然のことながらラベッロには新婚旅行に人気のラグジュアリーホテルが数多くあります。そのひとつが超豪華な「ベルモンド・ホテル・カルーソ」です。11世紀の修道院を改装したこのホテルは、空と海のあいだの絶妙な位置に建っています。

「ベルモンド・ホテル・カルーソ」のインフィニティープールは見事な現代建築。ここからの景色が素晴らしい。11世紀に建てられた建物もこのホテルの宝だ。(Photo: Courtesy of the Belmond Hotel Caruso)

【見どころと滞在】

▼イタリア南西部、ナポリの南にあるアマルフィ海岸は、世界でもっとも美しい海岸線として知られる。ラベッロやポジターノなどの洗練された町や村が名高い。

▼ラベッロは、芸術家や文化人が頻繁に訪れるようになった。そのひとり、リヒャルト・ワーグナーにちなんだ音楽祭が毎年夏に開かれる。

▼ラベッロにあるラグジュアリーホテル「ベルモンド・ホテル・カルーソ」には、ヴァージニア・ウルフ、グレアム・グリーン、ゴア・ヴィダルなどが好んで滞在した。

(日経ナショナル ジオグラフィック社)

[ナショナル ジオグラフィック『一生に一度だけの旅 GRANDE 大切な人と過ごす贅沢ステイ』を再構成]

〔参考〕ナショナル ジオグラフィック『一生に一度だけの旅 GRANDE 大切な人と過ごす贅沢ステイ』は、家族や友人、恋人などの大切な人と一緒に最高の休日を過ごすための旅行ガイドです。一定期間滞在してゆっくりと過ごせる、世界81地域の旅先とステイ先(滞在先)を厳選し、豊富な美しい写真とともに紹介しています。世界遺産を堪能できる快適な過ごし方から、あまり知られていない景勝地や秘境のリゾートまでを網羅している格好の1冊です。

一生に一度だけの旅 GRANDE 大切な人と過ごす 贅沢ステイ

著者:ジャスミーナ・トリフォーニ
出版:日経ナショナルジオグラフィック社
価格:3,240円(税込み)

五感を豊かにする旅紀行を読む