くらし&ハウス

かれんとスコープ

マイクロ図書館、寄っといで 本のシェアで心も通う

2015/10/25

人口減少などを背景に書店や公共図書館が減少する中、私設図書館「マイクロ・ライブラリー」が増えている。本を置くだけでなく本を介した交流の拠点にもなっているようだ。

神戸市東灘区の岡本商店街。カフェや雑貨店などが店内に「まちライブラリー」の棚を設け、数十冊の本を置いている。動物の絵本や村上春樹など店ごとにテーマがあり、本にはメッセージを書き込めるカードが付いている。

岡本商店街の店が設置する「まちライブラリー」(神戸市東灘区)

■公共施設移転を機に

きっかけは地域にあった東灘図書館の移転だ。代わりに店に本棚を置くことにして2014年に16店でスタート。今や22店に広がり、本を持ち寄る「植本祭」などの催しも開く。「本を通じて店とお客さんや、お客さん同士がつながる。さらに商売につながる仕組みを工夫すれば一層広がるだろう」と松田朗・岡本商店街振興組合理事長は語る。

まちライブラリーは人に薦めたい本を感想付きで寄託し、読んだ人がさらに感想を残して交流する私設図書館。森記念財団の礒井純充・普及啓発部長が11年に提唱し、北海道から九州まで約220カ所に増えている。個人の家、大学、企業、病院、お寺など設置場所は様々で、規模も数冊から数千冊まで幅広い。

礒井氏は、まちライブラリーを含むマイクロ・ライブラリーが全国に1千カ所ほどあると推定する。「利用者が自由に話し合い交流できるのが公共図書館と違う魅力。こうした図書館があと9000増えて緩やかにつながれば大きな力になる」と力説する。

10月3日、大阪府立大のサテライトキャンパス(大阪市浪速区)で全国のマイクロ・ライブラリー関係者が集まるサミットが開かれた。睡眠に関する本を約900冊所蔵し、閲覧もできる東京・お茶の水の睡眠文化ライブラリーのような専門図書館のほか、住民にも開放して交流の呼び水にするケースも目立つ。

盛岡市のフキデチョウ文庫は通所介護施設にあり、子どもたちとの交流の場になっている。オフィスの一角のキッズスペースに絵本の本棚を設けたのは商業施設の企画・提案企業、ワントゥーエイト(大阪市中央区)。「当社は子連れ出勤ができる会社。近くの子育て中の女性にも利用してほしい」と西山舞取締役。

学校にも広がり始めた。兵庫県姫路市の手柄小学校4年2組は廊下に設けた棚に本を持ち寄り感想を交換する。「他のクラスや学年も借りられ、クラスに閉じがちな学校で新たな関係性が生まれれば」と、担任の三浦一郎教諭。児童の感想が面白い。「おもしろい本は掃除機のようにみんなを吸い込みます。級友の田代さんが『小さいおじさん』という本を紹介しました。僕はこれに吸い込まれました」。けんかしていた子の本を読んで仲直りした子もいる。

マイクロ・ライブラリーの主なタイプ
タイプ事例
(1)図書館機能優先型わたしの図書館ミルキーウェイ(和歌山市)、もものこぶんこ(大阪市)
(2)テーマ目的志向型少女まんが館(東京都あきる野市)、古賀河川図書館(福岡県久留米市)
(3)場の活用型にんげん図書館(名古屋市)、GACCOH(京都市)
(4)公共図書館連携型おぶせまちじゅう図書館(長野県小布施町)、恵庭まちじゅう図書館(北海道恵庭市)
(5)コミュニティー形成型まちライブラリー(全国に約220カ所)

■緩やかにつながる

13年から毎年開いているサミットをきっかけに、各地の動きが表面化し、社会で役割を果たしていることが見えてきた。コミュニティー研究が専門の桜井政成・立命館大教授は「NPOよりも緩く、組織にならない街づくりの取り組みが各地で広がっている。誰でも入り込みやすい本という媒体を通じて感想をシェアしたりすることは新しい知的なコミュニティーづくりの受け皿になりうる」とみる。

東日本大震災で被災した宮城県石巻市では13年、中心市街地を活性化しようと空き店舗を利用した「石巻 まちの本棚」が開店した。「ブックカフェのはじめかた」などの講座も開き、本のある街づくりを広めようとしている。

ネット時代になり周囲との関係に不安を感じる一方、本を介して自己表現したい人が着実に増えている。「マイクロ・ライブラリーは人々が緩やかにつながって信頼しあえるソーシャルキャピタル(社会関係資本)を生み出す場になる」と礒井氏はみている。

■目立つ催し告知 交流の場、発展の予感

ツイッターやブログでは「まちライブラリー活動をしていると、お金にもならないのに、どういう意味があるのかと聞かれることがあります」など、認知度はまだ高くないことがうかがえる。しかし初めて足を運んだ人からは「居心地も良くゆっくりいたくなる所」「本にみんなのコメントがついたりして面白い」と評価する声が上がっていた。

トークショーや句会、映画上映会など催しの告知が目立ち、マイクロ・ライブラリーが人の集まる場所として活用されていることがわかる。「本を介してマンション住民の自然な交流を図る『マンションに図書館をつくろう!』プロジェクトが始まります」「老後は金持ちになって郊外の一軒家を私設図書館に」など自ら開設を望む声もあり、今後の広がりを予感させた。この調査はホットリンクの協力を得た。

(編集委員 宮内禎一)

関心のあるテーマを電子メールでこちらへお送りください current@nex.nikkei.co.jp

くらし&ハウス 新着記事

ALL CHANNEL