ヘルスUP

病気・医療

潰瘍性大腸炎に期待の治療法 健常者の便を移植

2015/12/6

日経ヘルス

 病気の人の腸に健康な人の便を移植する「便移植療法(FMT)」。潰瘍(かいよう)性大腸炎などの難病に対する新治療法として2014年から臨床研究が始まり、関係者の注目を集めている。

 FMTは、生きた腸内細菌の塊である便を患者の腸に直接移植する治療法だ。便を移植するという治療法自体は以前からあったが、13年にオランダの研究結果が米国の医学雑誌に報告され、がぜん注目を集めるようになった。というのも、抗菌剤の長期使用で起こる偽膜性大腸炎に9割以上の治療効果があったからだ(グラフ)。これを受け、潰瘍性大腸炎などの治療にも応用されるようになった。

抗菌剤の長期使用によってクロストリジウム・ディフィシル菌に感染する偽膜性大腸炎に便移植治療を実施。その結果、1回の治療で81.3%、複数回では93.8%が治癒した。抗菌剤治療では3割程度の治癒率だった(出所:Nood、et al., NEJM, 368: 407, 2013)

 潰瘍性大腸炎は、大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる炎症性腸疾患の一つ。下痢や腹痛、発熱などの症状が続き、国の難病にも指定されている。患者数は年々増加し、16万人を超える。免疫異常などが原因とされる。

 順天堂大学医学部消化器内科では、14年から20歳以上の潰瘍性大腸炎患者にFMTの臨床研究を実施している。「約40人が参加。治療結果が判明している約30人のうち、移植1カ月後にはおよそ4分の3の患者で症状改善がみられた。副作用やトラブルもなく、手応えを感じている」と同科の石川大助教は話す。

順天堂大学消化器内科でFMTを受けた約30人の治療成績。FMTから1カ月後に、排便回数や血便などの症状スコア(15点満点)が3点以上改善した人は約4分の3。重症より中等症での改善例が多かった
ドナーはこれまで患者の家族に限られていたが、順天堂大学では2015年8月から「20歳以上の健康な人」とした。血液と便の検査で感染症や寄生虫の有無を事前に調べる

 やり方はシンプルだ。患者の家族などから提供された便を、生理食塩水で溶かしてフィルターで濾すなどの処理を施し、大腸内視鏡を使って患者の腸内に注入する。これに先立ち、3種類の抗菌剤を2週間服用しておくのが順天堂方式だ()。「抗菌剤によって腸内細菌の大半がいなくなる。そこに便提供者の膨大な数の腸内細菌が入り込み、腸内環境が劇的に変わる。FMT単独より、抗菌剤を併用したほうが治療成績がいい」と石川助教。

(イラスト:平拓哉)

 それにしても、なぜ便移植で症状が改善するのだろうか。潰瘍性大腸炎の人は健康な人に比べ、腸内細菌の種類が少なく、またある菌だけが突出して多いなどバランスがよくないという。「FMTで、腸内細菌の多様性や均等性が向上することが分かった。また腸内細菌叢(そう)の劇的な変化によって免疫の働きが改善する可能性もある」(石川助教)。

 FMTは外来で行われ、最低3回の通院が必要。費用は臨床研究なので、検査費など一部負担ですむ。同科では今後2年間でさらに50人を受け入れる予定だ。なお同様の臨床研究は下記の施設でも実施されている。

■この人に聞きました

石川大さん
 順天堂大学医学部消化器内科助教。専門は潰瘍性大腸炎などの消化器内科。FMT臨床研究の責任者を務める。「腸内細菌は腸だけでなく、全身の健康状態に関係している。海外では大腸炎以外に肥満や糖尿病、動脈硬化などの治療にもFMTの応用が検討されている」

(ライター 佐田節子)

[日経ヘルス2015年11月号の記事を再構成]

ヘルスUP新着記事

ALL CHANNEL