4K動画撮影 選択肢は「手軽に長時間」か「高画質」

日経トレンディ

「4K市場」が緩やかではあるが、確実に広がりを見せている。各社から発売された4Kテレビがじわじわと普及し、衛星放送やネットで4Kコンテンツの映像配信もスタートした。さらに個人でも手軽に4K動画を撮れるような環境が整ってきた。

例えば実勢価格が9万円前後と手頃で、4Kビデオ撮影に対応しているビデオカメラがパナソニックの「HC-WX970M」だ。光学20倍ズーム機能を搭載し、ほぼ自動で手軽に4K映像を撮影できる。

また、最近注目を集めているのが4Kに対応した同社のウエアラブルカメラ「HX-A500」。200gを切る軽さで、ヘッドマウントやアームバンドに取り付けてハンズフリーで撮影できる。さらにデジタルカメラ「LUMIX DMC-GX8」(パナソニック)も4K動画撮影機能を搭載している。

では、運動会、結婚式、旅行、スポーツなどさまざまなイベントを4K動画で手軽に撮影するのなら、どの製品がいいのだろうか。

3製品とも4K(3840×2160ドット/30p)での撮影に対応。重さはウエアラブルで使えるA500が最も軽く、続いてビデオカメラのWX970M、GX8という順番になる。映像を記録する撮像素子もこの順で大きくなるため、基本的にはビデオの画質もこの順でアップする。WX970Mのみ内蔵メモリーを搭載

基本機能優れるWX970M

WX970Mはスタンダードな「ビデオカメラ」タイプであることから、使い勝手や基本機能は他よりも優れている。光学ズーム機能や5軸手ぶれ補正機能、さらに風の音などを抑えるマイクなども搭載し、ビデオカメラとしての機能は十分。SDカードを用意しなくても64GBの内蔵メモリーに4K動画を約1時間50分撮影できる他、バッテリー駆動時間は最長で約3時間と十分長い。

機能面で特徴的なのがGX8の「4Kフォト機能」だ。まずは動画として撮影し、後から4K画質の静止画を切り出す機能で、30コマ/秒の映像から“決定的瞬間”を選べる。ただし、4K動画撮影時には、同モデルの特徴でもある6軸手ぶれ補正が無効になる。WX970Mは手ぶれ補正や光学20倍ズームなどを搭載。サブカメラを使ったワイプ撮りも楽しめる。(注:HX-A500の焦点距離は編集部で換算)
MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
ハイライトシーンを自動作成
MONO TRENDY連載記事一覧