格安SIM、どれを選ぶ 主要サービスを一挙比較

日経PC21

スマートフォン(スマホ)の通信料金を圧倒的に節約できる格安SIM。サービスを提供する事業者の選択肢の充実に伴い、利用者も増えてきた。どの事業者を選べばいいのか、主要な格安SIMサービスの特徴を一挙公開する。(利用料金や価格は2015年9月時点。周辺サービスの有無は、原則として「お薦めプラン」で紹介したプランのものを示した)
[注1]グループ会社のNTTレゾナントがSIMとのセット商品を販売し、端末補償サービスを提供

最大通信容量が1日単位のコースが特徴。「110MB/日コース」では毎日110メガまで高速通信でき、残量は翌日まで繰り越せる。

どの料金プランでもSIMを4枚まで追加できるのも魅力。データSIMの場合、1枚につき月450円が基本料に上乗せされる。自宅でOCNの光サービスを利用しているなら、家族が個別に加入すると5契約分まで各200円引きになる(図1)。


………………………………………………………………………………

プロバイダーの老舗IIJが運営するサービス。便利なのは「初速バースト」機能。200kbpsの低速通信モードで使っていても、一定のデータ量までは高速通信できる。

格安通話「みおふぉんダイアル」では30秒10円で通話可能だ。さらにSIMを追加して家族で共有する「ファミリーシェアプラン」なら家族同士の通話は30秒8円になる(図2)。

図2 独自の格安通話サービス「みおふぉんダイヤル」では、家族間通話が最大60%オフで30秒8円になる

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
MONO TRENDY連載記事一覧