WOMAN SMART

ライフスタイル

友人のふりをした敵か 面倒な女友達のかわし方

2015/10/13

=PIXTA
日経ウーマン

 一見、信頼できる友人と見分けが付きにくいが「何だか疲れる」同性の友達。仲間や友人のふりをして笑顔で近づき、攻撃を仕掛けてくる敵=「フレネミー(friend and enemy)」の可能性も。相手との付き合い方を見極め、関係性を見直す時期かもしれません。上手な付き合い方、かわし方を専門家が助言します。

■プライベートの関係こそ「嫌われる勇気」が必要

 プライベートの人間関係は仕事の関係とは異なり、捨てるのも保つのも自分次第。だからこそ、自分で相手との付き合い方を見極め、決断する勇気が必要だ。「友人関係なら、たとえ相手に嫌われたとしても困ることはあまりないはず。むしろ心が穏やかになり、新しい人間関係を育む余裕が生まれますよ」(精神科医の片田珠美さん)

 下に示した6つのケースに思い当たるふしがあったら、それぞれの相手の深層心理と「かわし方」をぜひ参考に。


 周囲の人に自分の優位性を誇示しないと、成功や幸せが実感できないタイプ。「現状に“欠落感”を持っているからこその振る舞いといえます。女性は他人と比較することで自己確認し、安心する傾向が強いので、女同士の付き合いのなかでよく見られます」(片田さん)

 「相手より下に見られたくない」と、こちらもつい対抗してしまいがちだが、それでは疲労感が増すだけ。女友達が張り合ってきたら、まずは「そうだね~」と受け止めつつ、話題を変えて上手に“かわす”。「言われたことを真に受けないことも大切」(精神科医の香山リカさん)


 沈んだ顔をしていると「何かあった?」とうれしそうに尋ねてくる人は、“他人の不幸は蜜の味”タイプ。自分が幸せを感じられないから、人の不幸で心を埋めている。「このタイプから妬みを買うと攻撃される恐れがあるので、関わらないのが賢明」(片田さん)

 「相手とどんなふうに時間を共有したいのか、自分のなかで確認して。プライベートを深く知ってもらって親密になりたいのか。深入りしてほしくないのか。今後どう付き合いたいのかによって、聞かれたことにどこまで答えるかを決めましょう」(香山さん)


 SNSを使ったメッセージに返信がない、「いいね!」が少ないといったことを気にする人は、承認欲求や支配欲が強いタイプ。「半面、“友人が離れていったらどうしよう”と不安感や孤独感を抱えて、感情的になっているとも考えられます」(片田さん)

 「無理して相手のペースに合わせ続けると、“相手に監視されている”と感じ始めてストレスになります。『頻繁にはSNSを使っていないので』など、自分なりのSNSとの付き合い方を伝えることで、感情論を持ち込まれないよう心がけて」(香山さん)


 他人に依存して、自分の願望をかなえようとたくらんでいる。「このなかで最も怖いタイプ。頼み事を断ったりすると、嫌がらせをしてくる恐れがあるので要注意。贈り物などで心理的負担を与えて支配しようとするケースも」(片田さん)

 「『いつもありがとう』と感謝の言葉を伝えつつ、『でも今の私には、あなたの役に立つことができそうにないの。ごめんね』と丁寧に断って。相手が怒りだしたら関係を断つチャンスと思って、反論などせずに静かに離れましょう」(片田さん)


 自己中心的に物事を考える癖があり、安定した人間関係を築きにくい相手。「人を振り回しておきながら、罪悪感が全然ないケースが多いので、無理して合わせるとエネルギーを消耗してしまいます。付き合うだけ、時間の無駄です」(片田さん)

 「この人との関係を保つことが必要なのかどうか、冷静に見極めを。必要だと思えば、その時々の自分の状況によって誘いに乗るかどうか判断して。必要がないと思えば、連絡が来てもスルーしてよいと割り切りましょう」(片田さん)


 一番身近な女同士であり、比較されやすい存在だけに、ライバル心や羨望といった感情を抱きがち。親の愛情を独占されたと感じていたり、実は相手に対してコンプレックスを抱いていたり。言いたいことを言い合える関係だからこそ、もつれると厄介な場合も。

 「職場の人間関係などとは違うので、時には我慢せずに本音でぶつかってもよい」(香山さん)。「“肉親だから仲よくすべき”と考える必要はありません。心の負担になるなら、2人きりにならないなど一定の距離を保ちましょう」(片田さん)

この人たちに聞きました

片田珠美さん
 精神科医。広島県生まれ。京都大学非常勤講師。大阪大学医学部卒業。フランス政府給費留学生としてパリ第八大学でラカン派の精神分析を学び、犯罪心理や心の病の構造を分析。著書に『他人を攻撃せずにはいられない人』(PHP新書)など
香山リカさん
 精神科医。北海道生まれ。東京医科大学卒業。専門は精神病理学。豊富な臨床経験を生かして、現代人の心の問題を中心にさまざまなメディアで発言を続ける。『ソーシャルメディアの何が気持ち悪いのか』(朝日新書)など著書多数

[日経WOMAN別冊『言いにくいことの上手な伝え方』掲載記事を再構成]

[参考]日経WOMAN別冊『言いにくいことの上手な伝え方』は、99%の人を味方につける年代別の敬語とマナー、信頼されるロジカル会話術など、仕事と暮らしの会話のルールとテクニックが満載。この1冊で、苦手な人にも正しくきちんと伝わります。

言いにくいことの上手な伝え方 (日経WOMAN別冊)

著者:
出版:日経BP社
価格:880円(税込み)

【関連キーワード】

フレネミーfriendenemy

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL