スティック型掃除機対決 軍配はエレクトロラックス「ユニーク白物家電」実力テスト(下)

日経トレンディ

他にはない“オンリーワン”の機能を備えた、ユニークな白物家電が相次いで発売されている。うたい文句は本当なのか。その真価を検証した。今回は「2in1タイプのスティック型掃除機」の実力テストを報告する。

ロボット掃除機や布団掃除機など、多種多様なジャンルが生まれ、年々拡大している掃除機市場。なかでも特に伸びているのが、コードレスのスティック型掃除機だ。従来は「吸引力が弱く、あくまでも“2番手”の掃除機として使う」といったイメージだったが、モーターの小型化やバッテリーの高性能化が進み、主力機として十分使える性能を持ったモデルも増えてきた。

そんななか、各社が相次いで市場に投入しているのが、本体から分離してハンディー型としても使える「2in1」のスティック型掃除機だ。最新モデルの実力を比較した。

パナソニックのMC-BU100Jを除き、どれもバッテリーにリチウムイオン電池を採用。それぞれパワー最大のモードで10分以上駆動できるなど実用性も備わる。特にエレクトロラックスのZB3113AKは日立のPV-BC200と並んで充電時間が4時間と短く、ハンディーが1.2kgと軽量ながらも集じん容積が0.5Lと大きめ。取り回しがしやすいモデルといえる

まずチェックしたのはバッテリー駆動時間など、実際の使い勝手だ。パナソニックの調査によれば、各家庭の1日当たりの平均掃除時間は約17.4分。そのうち掃除機を実際に稼働させている「平均掃除機運転時間」は約5.2分だという。

今回比較した4モデルは、出力最大モードで10分以上の掃除が可能だった。駆動時間という点では、どのモデルも合格点に達しているといえる。

スティック型で使う際の重さはどれも2.7kg前後とほぼ変わらないが、ハンディー型で1.2kgと最も軽かったのはエレクトロラックス「エルゴラピード・リチウム ZB3113AK」とLGエレクトロニクス「VS84」の2モデル。重さが1.4kgの日立アプライアンス「PV-BC200」やパナソニック「MC-BU100J」より200gも軽い。ハンディー型は持ち上げて掃除することが多いため、特に女性やシニアなどが使う場合は、軽いタイプのほうがよいだろう。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
吸い取り能力に不満なし
MONO TRENDY連載記事一覧