マネー研究所

マネー女子力

家、買うか借りるか 「200倍の法則」が判断の目安

2015/10/1

絢香:まず、賃貸と購入、それぞれにかかるお金をまとめてみましょう。大まかなところをまとめると、次のとおりね。

潤:それぞれ、家賃や購入資金のほかにも、かかるものが多いんですね。

絢香:例えば、<賃貸で家賃10万円の場合>と<2000万円の物件>の場合を考えてみましょう。ローンの期間を35年、金利2%、頭金400万円として。

潤:買うときの諸経費って、こんなにかかるんですね。

絢香:保証料や火災保険、中古だと仲介手数料…。ここに挙がっているもののほかにも、建物が古くなったらリフォームなどメンテナンスの必要があるし、後々まとまったお金が必要になる場合もあるわね。

桜子:金額だけ見ると、どちらも大きなお金がかかることは変わらないけど、購入した方がお得な感じはしますね。

絢香:そうね。ただ、年月が経つと修繕積立金が高くなる、ということも多いわね。それと、今は住宅ローンの金利が低いから2%と仮定していて返済額が少なめになっているけど、これだって変わる可能性はあるわ。金利が1%違ったら、300万円以上、返済額は変わってくる。家賃もずっと同じとは限らないわけだし。先々の世の中の状況がどうなっているのかはわからないから、あくまで今の時点での想定ね。

潤:あと、これは35年間分だけど、寿命を考えると、その後も生活は続くわけですよね。35歳で買うとしたら、その35年後は70歳かあ。その間、同じところに住み続けるのがいいかどうかはわからないですよね。

桜子:結婚したら、子どもができたら…ということも考えちゃいますよね。転勤もあるかもしれないし。

絢香:そうよね。「買う」場合も、選択肢は膨大ね。マンションか一戸建てか。中古か新築か。そして将来「売る」可能性も考えるとなると、場所、間取り、築年数など、要素はたくさんあるわ。間取りなどは流行もあるし。

潤:選ぶのは楽しそうですけどね。ともかく、買うことを考えるなら、まず頭金をためなきゃということですよね。

絢香:そのとおり。今は頭金なしでも買えます、とアピールしている物件も少なくないけど、やっぱりある程度の頭金がないと、ローンの返済金額が大きくなってしまうわ。頭金とローン返済額を計算して無理のない買い物をしないと、後々大変なことになってしまう。銀行のサイトなどでシミュレーションができるから、頭金や金利、返済期間などいろいろ条件を変えて試してみるといいわね。

あと、買うなら、やっぱり少しでも割安な価格で購入したいところね。返済額も少なくなるわけだし。

潤:割安で買うってどうやって買うんですか。家の価格が高いか安いかなんてわかりませんよ。スーパーの特売品ならわかるけど(笑)。

絢香:その物件を、価格という観点から購入してよいかどうかを判断するのに、目安として知っておいてほしいのが「200倍の法則」というもの。参考までに紹介しましょう。

マネー研究所 新着記事

ALL CHANNEL