布団掃除機 東芝、打倒レイコップへ 総合力で優位「ユニーク白物家電」実力テスト(中)

日経トレンディ

他にはない“オンリーワン”の機能を備えた、ユニークな白物家電が相次いで発売されている。うたい文句は本当なのか。その真価を検証した。今回は「布団掃除機」の実力チェックを報告する。

「レイコップ」が市場をつくったと言っても過言ではない布団掃除機。2015年に入って国内外のメーカーから新製品が次々に発売された。レイコップ・ジャパンの最上位モデル「レイコップRP」に続いて、ダイソンとシャープ、東芝ライフスタイルが参入。いずれも吸引力やダニ対策などを訴求している。

そこで、これらの実力を比較した。疑似花粉として使われるヒカゲノカズラの胞子を布団にまき、シーツを敷いた上から掃除したところ、吸引力で他を圧倒したのは「ダイソン V6 マットレス」(ダイソン)だった。これに「トルネオ V コードレス VC-CLF1」(東芝)、レイコップRP、「コロネ EC-HX100」(シャープ)の順で続いた。

ただし、ダイソン V6は強力な吸引力ゆえか、シーツの糸を吸い込んでしまうこともあった。使い続けることで布団の中綿まで吸ったり、シーツを傷めたりする可能性にも留意しておくべきだろう。

レイコップ、70℃の温風乾燥機能も

レイコップRPとシャープのコロネ EC-HX100は付加機能をアピールしている。レイコップRPは初代モデルから継承した紫外線ランプによる殺菌機能などに加えて、約70℃の温風で布団を乾燥させる機能を搭載。コロネ EC-HX100は約40℃の温風を布団に吹き付け、「ダニが熱から逃げようとして布団の繊維から爪を離すと同時に吸い取る」(シャープ)という。

本体が最も軽く扱いやすいのはダイソンV6だが、充電用のドックがないので“定位置”をつくりにくく、使用可能時間の短さでも他に譲る。これらの点をほぼ克服しているトルネオ Vはバランスに優れている印象だ。レイコップRPとコロネ EC-HX100は使用可能時間を気にせず使える半面、電源ケーブルが邪魔に感じることがあった。レイコップRPは本体がダイソンV6の2倍以上の重さで、女性には負担になりそうだ。吸入口の幅が本体幅の半分以下しかないのも気になった

これらの機能については、「紫外線はダニへの効果は見込めず、短時間の照射では殺菌作用も期待できない」(アレルギー疾患とダニの生態に詳しいペストマネジメントラボの高岡正敏社長)との指摘もある。また、「布団の表面以外のダニは、熱が伝わるとさらに奥に逃げる」(高岡社長)など、さまざまな見解があることも知っておきたい。

MONO TRENDY連載記事一覧
注目記事
次のページ
最もバランスに優れるトルネオ V
MONO TRENDY連載記事一覧