アニメ発音楽がテレビを席巻、音楽市場の新しい中心に日経エンタテインメント!

BUMP OF CHICKENら大物バンドが続々とテレビアニメとのタイアップを決めて話題となる一方で、アニメ発アイドルによるキャラソンが、実在のアイドルをしのぐセールスを記録。音楽シーンを盛り上げる「アニソン」の最新事情を追った。
2015年上半期のセールスを見てみた。ファンの購入度合いが高いCDでは、1~3位までが人気バンド(1)。BUMP、ユニゾンともレコード会社はトイズファクトリー。トイズは、Mr.Childrenが映画『バケモノの子』の主題歌を担当するなど、昨今アニメのタイアップが目立つ。また、『アイドルマスター シンデレラガールズ』(日本コロムビア)、『うたの☆プリンスさまっ♪』(キングレコード)のST☆RISH、『ラブライブ!』(ランティス)のμ’sなど、20曲中7曲が、アニメ作品内のアイドルが歌うキャラクターソング(2)。 「シングルCD」のジャンルの割合、TOP20は、サウンドスキャン調べのデータ(1000位まで)から作成。表題曲がアニメ作品のタイアップであるものをカウント。表題曲がノンタイアップでカップリング曲のタイアップの場合もカウントした。また、同一タイトルの初回盤、通常盤は合算した。期間は全て、2014年12月29日~2015年6月28日。

「ジャニーズ」と「アイドル」。現在の邦楽2大ジャンルに肉薄するのが、アニメ関連の音楽「アニソン」だ。今年上半期のシングルCDセールスTOP100をジャンル別割合で見ると、アニソンはアイドルに次ぐ第3のシェアを獲得。年明けに発表された2014年の年間売上メーカー別シェアでも、アニメ・ゲーム音楽専業のレコード会社ランティスが、73.9億円で前年14位から9位と躍進した。

上半期シングルCDセールスランキングTOP100におけるジャンルの割合 上位100位までの楽曲を分類すると、嵐やKis-My-Ft2を擁するジャニーズがダントツだが、AKBグループを筆頭とするアイドルに迫るシェアをアニソンが占める結果に。

音楽界で重要度が増すイベントでも、アニソンが存在感を発揮。日本最大のアニソンフェス「Animelo Summer Live」は3日間で約8万人が訪れるが、これは国内の音楽フェスの中で5本の指に入る動員力を誇る。

アニソンの楽曲は、「一般アーティストによるタイアップ」「アニソンアーティストによるもの」「声優関連」と大きく3つに分類されるが、そのどれもが好調。これまでアニメ音楽に積極的ではなかったトイズファクトリーやエイベックスが本腰を入れるなど、レコード会社も続々と参入している。

「LiSAさんや藍井エイルさんのファンは、J‐POPのお客さんと違いはなく、既にクロスオーバーしている感はあります」(テレビ朝日『ミュージックステーション』粟山淳ゼネラルプロデューサー)

セールスから動員まで、これらの数字が指し示すアニソン躍進の理由とは何か。トピックに分けて解説していく。

テレビ局やレコード会社が本格参戦

アニソンのニュースが多いなか、最近最も話題になったのは、2015年5月8日放送の『ミュージックステーション』(テレ朝系、以下『Mステ』)に、アニソンアーティストとしては初めて、LiSAと藍井エイルが出演したことだろう。続く7月10日でも、『ラブライブ!』の特集が組まれた。ゴールデン帯の地上波でフィーチャーされたことに、アニソンが限られたブームではないと感じた人も多いのではないだろうか。

この動きについて『Mステ』の粟井淳氏は、「メガヒットが出づらいなか、ここ数年アニソンには勢いを感じており、ずっとタイミングを見ていた」と明かす。「アニソンで最初に何をするかを考えたときに、番組のメッセージになると思って2組一緒に出ていただきました。視聴率では測れない部分で、ネットをはじめメディアの反響は想像を大きく超えた」と驚く。「『ラブライブ!』も、劇場に赴くと女性や子どももいて、一部の人だけのものじゃないと分かる。『Mステ』は、音楽のあらゆるジャンルの一番いいものをピックアップする、いわば幕の内弁当。こうした現象からもアニソンに可能性を感じるし、注目していきたいです」(粟井氏)。

一足早くアニメとの関わりを深くしていたNHKだが、中高生がターゲットの『Rの法則』でアニソンを度々特集。小嶺良輔プロデューサーによると、「視聴率の目標値を必ず超えるなど、関心度は高い」のだとか。「初めて視聴率が跳ねたのは、12年度末にFLOWに『NARUTO‐ナルト‐』のOP(オープニング曲)を歌ってもらったときでした。2015年2月、μ’sの出演後に500以上の再放送希望をいただきましたが、これはかなり多い数字」と証言する。

このほか、キー局主催のイベントへの招聘(しょうへい)など、今後もアニソンのテレビ界への席巻は続きそうだ。

アニメの力で海外展開が有利

広がりを見せるアニソン需要だが、長年携わってきた関係者からは冷静な見方も。「アニソンの市場規模はここ10年ほど変わっておらず、250億円前後。相対評価として、アニソンが注目されている状況」とは、アニプレックスの音楽部門を立ち上げた山内真治氏。

そこで、アニソンの第一線をいく作り手たちは、様々な展開を試みている。例えば、人気声優の花澤香菜は、実はアニメのタイアップは1回だけ。声質と表現力を生かす戦略で、アルバム3枚、シングル8枚を発売、支持を得ている。

海外進出も積極的だ。「デビュー当時からfacebookで発信したり、海外イベントに参加するなど地ならしをしてきましたが、今年いよいよアジアツアーに挑みます」とは、藍井エイルのA&R(アーティスト・アンド・レパートリー)を務めるSMEレコーズの長田洋氏。

「アニソンのおかげで、海外での知名度は高いです。CDセールスが厳しいなか、国内にプラスして、アジア各国でライブなど関連事業も含めて積み上げていければ」

人気バンドがアニソンへ&歌姫はアニソン発

『シュガーソングとビターステップ』は『血界戦線』のED(通常盤1200円/トイズファクトリー)。『シュガーソングと~』も収録したバンド結成10周年記念アルバム『DUGOUT ACCIDENT』も発売中。
UNISON SQUARE GARDEN(ゆにぞん・すくえあ・がーでん) 2011年にテレビアニメ『TIGER & BUNNY』の主題歌『オリオンをなぞる』が大ヒット。作詞・作曲を担当するベースの田淵智也が作る、キャッチーなメロディーと作品世界を独特の視点で描いた歌詞に、多くの支持が集まった。2015年7月には日本武道館にも進出

GLAY、BUMP OF CHIKENなどの大物バンドがアニソンとの距離を縮めるなか、デビュー当時から積極的にアニメタイアップを行ってきたUVERworldも、売上ランキングで変らない強さを見せつけた。バンドサウンドとアニメの相性の良さは、過去いくつものバンドが立証してきたが、今最も勢いがあるのはUNISON SQUARE GARDENだ。テレビアニメ『血界戦線』のED(エンディング曲)『シュガーソングとビターステップ』は8万枚超をセールスし、ユニゾンにとって過去最高の売り上げとなった。

昨年末から今年にかけては、KANA‐BOONやBLUE ENCOUNTなどの期待の若手バンドも続々とアニメタイアップを決め、認知度を上げている。

人気の起爆剤としての期待も高いアニメタイアップだが、そのカギは“アニメ作品と楽曲の親和性”にあるといわれる。これについて、毎日放送でアニメ枠「日5」「アニメイズム」などを手がける丸山博雄チーフプロデューサーは、「アーティストの年齢が下がりアニメ・マンガ世代が増えた結果、アニメへの尊敬と理解が深くなり、いい好循環が生まれてきている」と見る。

「『血界戦線』『アルスラーン戦記』が直近の好例ですが、作品の中身に楽曲がハマれば、アーティストのファンもアニメのファンも喜ぶものになり、いい楽曲が来たら、当然アニメのクリエイターも負けない映像を作る。その切磋琢磨が今の作品・楽曲両方のヒットを後押ししています」(丸山氏)

3人の女性シンガーの誕生

アニソン界において女性アーティストの分野は、水樹奈々、茅原実里、坂本真綾ら、声優としても活躍するアーティストが長くトップに君臨していた。それがここにきて、女性ソロアーティストが続々と登場し、人気を獲得している。

1月に行われた日本武道館2daysのブルーレイ&DVD『LiVE is Smile Always ~PiNK&BLACK ~in日本武道館』が発売中。写真は1日目の「いちごドーナツ」。(アニプレックス)
LiSA(りさ) 2011年ソロデビュー。数々のアニメの主題歌・劇中歌を担当、ヒットを連発し、アニソンシーンにおいて注目を集める。ラウド系ロックからポップスまで、変幻自在さが持ち味の音楽性で、ロックファンも支持。圧倒的なライブパフォーマンスは海外でも評価が高い。9月30日に9枚目のシングル『Empty MERMAiD』が発売

LiSAを筆頭に、Aimer(エメ)、藍井エイルらがその急先鋒。そろって2011年にテレビアニメのタイアップを受けメジャーデビューを果たしている。

ポップだが骨太なロックサウンドに、パワフルで時にはかなさも表現できるボーカルがLiSAの持ち味。「例えば、UNISON SQUARE GARDENの田淵智也さんによるコール&レスポンス重視のライブ仕様の楽曲や、本人作詞ならではのグッとくる歌詞で、アニソンの枠を超えてもカッコいい作品を目指しています」とは、アニプレックスの音楽プロデューサー山内真治氏。今年の夏は「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」への出演が決定するなど、活躍の場はさらに広がりそうだ。

Aimerは、独特のハスキーボイスが武器。澤野弘之や菅野よう子ら、アニソンとのつながりが深いクリエイターとの楽曲制作にも積極的で、無二の世界観が特徴だ。

このほか、鈴木このみや春奈るななど実力派が後に控えており、歌姫たちからも目が離せない。

アニメ発アイドルが群雄割拠~歌だけでなくダンスも本格的

6月8日付のオリコン週間アルバムランキングで、『ラブライブ!』発のグループμ’sのベストアルバム『μ’s Best Live! CollectionII』が1位を獲得したことは、音楽業界における声優アイドルグループの勢いを象徴する出来事となった。

こうした声優アイドルグループは、早くも群雄割拠を迎えており、今年10周年を迎えた元祖『アイドルマスター』を筆頭に、男性グループでは『うたの☆プリンスさまっ♪』発のST☆RISHが好調なCDセールスを記録している。そこにミルキィホームズやWake UP,Girls!などが続く。

この流れについて、MAGES.の太田豊紀社長は、「AKB48やももいろクローバーZを中心としたアイドルブームが、アニメにも確実に来ている」と印象を語る。また、「アイドルとアニソンの垣根がなくなったのが、近年のアニソン界の一番の変化」と話す音楽関係者も。楽曲も、各グループがアニメの世界観に沿って試行錯誤しており、多様性を持ったアイドルアニソンが、次々と発表されている状況だ。

声優が歌に加え本気で踊る

今のアニメ発のアイドルグループが、これまでのキャラソンと一線を画すのは、ライブにおけるパフォーマンス。CDの発売だけはなく、キャラクターを演じる声優によるライブを積極的に行うグループの数も増えており、μ’sやi☆Risのようにアニメ映像とシンクロしたステージを展開する、歌うだけでなく“踊れる”グループも誕生している。この勢いは動員にも顕著に表れている。日本武道館、さいたまスーパーアリーナはもとより、『アイドルマスター』シリーズがこの夏、西武ドーム2daysのライブを成功させるなど、年々規模は拡大している。

現在のブームは、女性声優によるアイドルグループがけん引しているところが大きいが、今後はST☆RISHに続く男性声優グループを主体としたアイドルグループの登場、また、積極的にライブ活動を行える存在ができれば、さらに大きな鉱脈となることは間違いないだろう。

(日経エンタテインメント! 平島綾子、ライター 山内涼子、ランキングデータ作成 つのはず誠)

[日経エンタテインメント! 2015年9月号の記事を再構成]

エンタメ!連載記事一覧