フード・レストラン

おでかけナビ

東京駅で江戸の食文化を堪能する「江戸めしフェア」

2015/9/5

日経トレンディネット

JR東京駅構内のレストランゾーン「グラングルメ」2階の「北町ダイニング」で江戸時代の食を再現したメニューを提供する「江戸めしフェア」が開催されている。

江戸時代に時代劇などでも知られる北町奉行所があったJR東京駅。これにちなんで名付けられた北町ダイニングは2014年3月にリニューアルされ、より江戸情緒が感じられるフロアになっている。9月30日までのフェア期間中はフロアに奉行や町娘などをイメージした顔出しパネルや御触書風の看板で、江戸の食文化のトリビアなども紹介されていて、ちょっとしたアミューズメントパーク気分も味わえる。

「北町ダイニング」のロゴは北町の文字をモチーフとして、江戸に古くから伝わる、江戸小紋柄の一つ「花菱紋」をベースにデザインされている。
八重洲北口改札を出てすぐの2階。顔出しパネルがあちこちに設置されている。営業時間は11~23時(土日祝11~22時)。料理が提供される時間は店舗によって異なる

■江戸時代、握り寿司は大きさが2倍だった?

江戸めしフェアでは、北町ダイニング6店舗がそれぞれ江戸時代風料理を提供し、全部で8品の江戸の味が楽しめる内容。例えば、「七代目卯兵衛」のメニューは「江戸時代の寿司 3種」。現在の寿司のサイズのおよそ2倍の大きさで、江戸時代に使用されていた酒粕から作る赤酢が使われている。今では高級な存在になった寿司も、江戸時代は江戸庶民のファストフード。当時はおにぎり感覚で手づかみで食べる手軽な食事だった。現在の江戸前握りが手で食べるスタイルなのもこれが始まりだ。

「七代目 卯兵衛」の「江戸時代の寿司3種」(999円)。おおぶりな握り寿司。赤酢を使ったシャリは、ほんのり甘みが感じられる。現代の一般的な大きさの寿司もセットになっており、食べ比べができる。数量限定で15時から販売
七代目 卯兵衛の「揚げ豆腐のみそ田楽」(500円)。せっかちな江戸っ子が串に刺した料理をさっと食べる様子をイメージして作った揚げ豆腐の田楽。数量限定で15時から販売

「当時と現在では使う食材や調味料も異なるので全く同じではないが、文献をひも解き、識者に意見を聞いて、できるだけ当時の料理に近づけるように心がけた。しかし、リアルに再現すると今の人の舌には合わないものもある。いかにおいしく江戸の味を楽しめるかという部分に苦心した」と語るのは、北町ダイニングを運営する鉄道会館の森下大輔氏。

「いろり庵」の「たまごふわふわ」(600円)。「東海道中膝栗毛」にも登場し、袋井宿では朝食に供されており、静岡県袋井市の名物になっている。メレンゲ状のふわふわの卵の中にはカツオ節とサバ節の混合だしで煮付けた蕎麦の実とキノコが隠れている。金曜日限定・数量限定で15時から販売
いろり庵の「蕎麦味噌焼き」(530円)。江戸時代に現在の様式が確立された蕎麦。蕎麦を食べる前に日本酒とおつまみで軽く飲むのが江戸っ子スタイル。蕎麦の実とクルミを合わせた香ばしい蕎麦味噌焼き。コリっとした口当たりとコクのある味わい。日本酒の肴に最適

■中華居酒屋でも江戸気分

中華居酒屋の「東京屋台」では肉の代わりにおからと小松菜や葉ショウガといった江戸野菜を使った餃子を提供。おからだけでは食感がパサつくので、豚のスープを煮こごりにしておからと合わせる小籠包スタイルを取り入れ、ジューシーな口当たりに仕上げている。

また、江戸時代にはイノシシやシカなどの獣肉を食べることは禁忌とされていたが、実は「山クジラ」という看板で密かに楽しまれていたという説がある。ペリー来航以降は牛肉も食され始めたが、当時は長ネギと一緒に煮込んだ牛鍋だった。これをビア&グリルの「オールドステーション」では熱々の鉄板に牛ハラミのグリルと長ネギを盛り、割り下ソースをかけて卵黄につけて食べる。いずれのメニューもそれぞれの店舗が得意分野を生かして江戸を感じさせる料理として作られている。

「東京屋台」の「おから餃子」(600円)。「日本で初めて餃子を食べたのは徳川光圀」というエピソードをもとに考案された一品。つけだれは味噌から作られた江戸時代の調味料「煮ぬき汁」と七味唐辛子。15時から販売
「オールドステーション」の「牛ハラミのグリル『牛鍋』風」(1280円)。人気のバベットステーキを牛鍋風にアレンジ。しょうゆベースの割り下風の甘辛いソースと卵黄をからめて食べる。15時から販売

■女性やファミリーの客層が増えた

このエリアは2014年3月に耐震補強工事を機に「北町ほろよい通り」から北町ダイニングとして全面リニューアルしてオープン。北町ほろよい通り時代の客層は男性ビジネスパーソンが中心だったが、北町ダイニングになってからは女性やファミリーも増えたという。

秋田料理専門店「本家あべや」の「柳川風じゅんさいたまごとじ」(780円)。江戸時代の夏の食べ物といえばドジョウ。秋田名物の旬のじゅんさいとゴボウを比内地鶏の卵でとじ、柳川鍋風の料理にアレンジ。終日提供
串揚げ専門店「華祭」の「鮎の串揚げ」(800円)。江戸時代には将軍にも献上されていた高級魚であるアユを串揚げで提供。数量限定で15時から販売

「2階という立地なのでかつては導線を確保するのが難しかったが、リニューアルを機にポスターなどの告知に力を入れた結果、売り上げも順調に伸びている」(森下氏)。今回の江戸めしフェアがリニューアル後の初めてのフェアとなるが、今後も江戸をテーマにしたフェアやイベントを開催していく予定だという。

(ライター 永浜敬子)

[日経トレンディネット 2015年8月11日付の記事を再構成]

フード・レストラン 新着記事

ALL CHANNEL