マネー研究所

日経マネー 特集セレクト

保険通のFP2人が厳選 おすすめ医療保険5本 本当に役に立つ医療保険の選び方(3)

2015/9/18

日経マネー

 

利用者保護の立場から鋭く医療保険に切り込んだFPの藤川太さんと塚原哲さん。お二人に、今お薦めの医療保険を3つずつ挙げてもらった。厳しいチェックをクリアした保険を一挙紹介する。

オリックス生命

医療保険 新CURE(キュア)

【藤川さんから一言】

 保険料が安く、長期入院にも対応できる。1入院当たりの支払い限度日数が120日のタイプがお薦め。三大疾病での入院を支払い日数無制限にした上で「がん診断治療給付金特約」を付けておけば、他のがん保険に入る必要がなくなる。

保険期間▼終身 保険料払込期間(契約可能年齢)▼55歳(0~50歳)・60歳(0~55歳)・65歳(0~60歳)・70歳(0~65歳)・終身(0~75歳) 入院日額▼3000円~2万円の範囲で、1000円単位で設定可(61~75歳は1万5000円まで)1入院当たり支払い限度日数(通算)▼60.120日(1000日) 手術給付金▼入院日額の外来5倍、入院20倍(支払い回数無制限) 特約▼がん診断治療給付金特約(支払い回数無制限、2年に1回限度)など 特徴▼三大疾病無制限プランでは七大生活習慣病で入院すると三大疾病は支払い日数無制限、それ以外は1入院60日型が120日型に、120日型が180日型に延長。七大疾病無制限プランでは七大生活習慣病で入院すると支払い日数無制限に(注:一部の内容は代理店(対面販売)のみで、ウェブサイトやフリーダイヤルでは取り扱っていない場合がある)

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命

終身医療保険 新・健康のお守り

※契約時の最低保険料が1600円となっているため、30歳男女のケースは、実際にこの条件では契約できない

【藤川さんから一言】

 三大疾病で入院すると通算の支払い限度日数が無制限になるなど、業界最低水準の保険料と安心感とのバランスがいい。5年ごとに5日以上の入院をしないと10%、最大50%まで保険料が割り引かれる「だんだん割」という割引制度のオプションもある。

保険期間▼終身 保険料払込期間(契約可能年齢)▼60歳(0~45歳)、70歳(0~55歳)、終身(0~75歳) 入院日額▼3000円~2万円の範囲で、1000円単位で設定可 1入院当たり支払い限度日数(通算)▼40・60・120日(1000日) 手術給付金▼入院給付金の5・10・20・40倍(内容による、支払い回数無制限) 特約▼医療用がん入院特約(入院給付金を1日1万円上乗せ)など 特徴▼三大疾病による入院は通算無制限で保障。オプションの三大疾病支払日数無制限特則を付加すれば、1入院当たりの支払い限度日数も無制限にできる

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL