修理や緊急地震速報は…SIMロック解除「11の疑問」知らないと損する「SIMロック解除」(下)

日経トレンディ

キャリア(携帯電話事業者)を気にせずに「端末」と「通信回線」を自由に組み合わせられるようになる「SIMロック解除」が、2015年5月についに義務化された。これによって「スマホの買い方」「サービスの選び方」は変わるのか――。知らないと損をする“新常識”をQ&A形式で解説する。

3キャリアとも契約の有無によらず、修理を受け付ける。ただし、通信回線などの問題解決にはSIMカードの発行業者への依頼を促されることも。代替機の貸し出しもするが、回線契約がない人にも対応するのはソフトバンクだけだ。

現時点では、他事業者のSIMカードを入れた端末では「緊急地震速報を含む『緊急速報メール』は使えない」(大手キャリア)という。TCA(電気通信事業者協会)では、「今後も引き続き事業者間で検討を継続する」としている。

購入から181日(6カ月)以上経過していれば、端末代金の割賦が終わっていなくてもSIMロック解除はできる。ただし、分割払いの料金が未納であったり、ネットワーク利用制限の対象になっている場合は不可。

[注]記事は2015年6月中旬時点の情報を基に作成
MONO TRENDY連載記事一覧