回線の縛りからスマホ解放 SIMロック解除の真価知らないと損する「SIMロック解除」(上)

日経トレンディ

キャリア(携帯電話事業者)を気にせずに「端末」と「通信回線」を自由に組み合わせられるようになる「SIMロック解除」が、2015年5月についに義務化された。これによって「スマホの買い方」「サービスの選び方」は変わるのか――。知らないと損をする“新常識”を網羅した。

5月、スマートフォン(スマホ)の「SIMロック解除義務化」がついにスタートした。2014年12月に総務省が「SIM解除に関するガイドライン」を改正し、各キャリアがそれに従った格好だ。SIMロックを解除できるようになることで何が変わるのか。

SIMロックとは、キャリアが販売する端末に他キャリアのSIMカードを差しても認識しないようにする仕組み。キャリアは端末に制限をかけることでユーザーが他キャリアへ流出することを防いでいた。だが、SIMロックが解除されれば「端末と通信サービスを自由に組み合わせられるようになる」(総務省)のだ。

“改正ガイドライン”が適用されるのは5月以降発売のスマホなどだ。条件は各キャリアともほぼ同じで、端末購入から180日(6カ月)以上経過していればSIMロック解除の手続きを無料で行えるようになる。

2015年5月以降に発売されるスマホなどを対象とした「SIMロック解除」がついにスタート。端末の購入から約180日後にSIMロック解除が可能で、ウェブならば無料で手続きができる

手続きはウェブサイトが基本だが、有料(3000円)でショップ窓口などでも対応する。

SIMロック解除の手順はシンプルだ。まずは端末がSIMロック解除の対象かどうかを確認し、専用サイトで手続きする。ロックを解除したら新しいSIMカードを挿入し、設定を行えば使えるようになるという
[注]記事は2015年6月中旬時点の情報を基に作成した
次のページ
既存iPhoneはSIMロック解除できず
MONO TRENDY連載記事一覧