くらし&ハウス

天気のなぞ

危険な台風11号が接近 猛暑は9号の「置き土産」 編集委員・気象予報士 安藤淳

2015/7/14

まだ梅雨が明けてもいないのに、日本列島は各地で猛暑に見舞われている。原因は既に天気図から姿を消したはずの台風9号と、太平洋高気圧がもたらす暖気だ。今週後半には、さらに強い台風11号が日本に近づく。暴風雨と蒸し暑さにいっそうの注意が必要だ。

14日も朝から暑くなった。夜通し生暖かい南風がやや強く吹き、東京都心の気温は26.9度までしか下がらずに熱帯夜となった。最低気温としてはこの夏、もっとも高く、寝苦しさにエアコンをかけた人も多いだろう。日中も午前の段階で軽々と30度を超えた。

東シナ海を北上していた台風9号が温帯低気圧に変わった後、大きくターンして中国大陸東岸を北上した。この低気圧へ向かって吹く南寄りの風と、東海上の太平洋高気圧の縁を回るように吹く暖かく湿った風が重なり、日本列島の気温を一気に押し上げている。日本海側の一部地域では山越えの風によるフェーン現象も起き、気温上昇が著しくなっている。

今回の猛暑は、台風9号の「置き土産」のようなものだとも言える。台風はこのように、日本を直撃したり暴風雨をもたらしたりしなくても、数日たってから思いがけない影響を及ぼすことがあるので要注意だ。台風9号のコースは、後続の台風11号の進み方も、ある程度決定づける。

台風9号がいったん大陸方面に進んだ際に、それまで比較的控えめな勢力だった太平洋高気圧を西方へ引っ張り出した。高気圧は日本付近に向かってかなり勢力圏を広げ、東日本などを覆った。このパターンだと、台風11号は行く手を阻まれて日本の東海上で北上できない。台風自体は推進力を持たず、周辺の空気に流されて動く。台風11号は高気圧のへりを時計回りに吹く風に乗って、西日本に近づく公算が大きくなった。

先週までは、太平洋高気圧がどれだけ西に勢力を広げるか見えにくかったため、台風11号は日本の東海上で小回りするとの見方もあった。しかし、現時点ではそうした予測はほとんど消えた。欧州中期予報センターや米国の合同台風警報センター(JTWC)、米気象会社アキュウェザーなどの、どの予測をみても台風11号は西日本接近が有力だ。太平洋高気圧がもっと西へ張り出していると、台風が日本に近づけずそのまま大陸へ向かうことになるが、気象庁などの予報では今回はそうした可能性は低い。

日本近海の海面水温が高いので、気象庁は台風11号がこれからかなり発達すると予想している。上空を吹く風の状況などから、発達はそれほどしないとの見方もあるが、たとえそうであっても、「危険な台風」であることに変わりはない。いずれの場合も強風と高波、雨への注意は必要だ。台風は南側と東側に発達した雨雲を伴っており、広い地域で豪雨被害が起きるという前提で備えをした方がよいだろう。加えて、日本海に入って温帯低気圧になった後も、暖気を南から勢いよく運び込んで日本に再び猛暑をもたらすかもしれない。

もともと、台風のエネルギー源は熱帯太平洋の熱と水蒸気だ。台風の接近は、大量の熱と水分の塊が近づいてくるようなものなので、発達した周囲の雨雲が直接かからなくても、蒸し暑い天気になる。台風本体が離れていても、周囲を吹く湿った風が山にぶつかる付近で豪雨になることもあるので油断できない。雨が降っている間も涼しくひんやり、という感じではなく、蒸し蒸しした天気になりやすい。

気温が高く、湿度も高い時には体温が高いままになりがちなので、天気が悪くても熱中症に注意が必要だ。乾燥していれば、気温が多少高くても、体の表面から汗がどんどん蒸発して気化熱を奪う。これが体温を押し下げる作用をもたらす。逆に、湿度が高いと、空気中に「もう満杯」というくらいの水蒸気があるので新たな蒸発は起きにくく、汗はべとべとと表面に残ったまま体温もなかなか下がらない。ただ、風があると、同じ湿度でも蒸発しやすくなるので、台風による暴風などの危険がない限り、風通しのよい場所にいた方が快適になる。

ところで、台風9号、11号ともに日本海を通ったら、太平洋高気圧は非常に強くなって日本に大量の暖気が入り、一気に梅雨明けを迎えるのだろうか。西日本などで可能性はあるが、そう簡単にはいかないかもしれない。台風11号が去った後、その後面で大陸からやや冷たい空気が入る可能性がある。梅雨の主役といえば、太平洋高気圧のほかにオホーツク海高気圧がある。今年の場合、オホーツク海高気圧の姿が目立たないのだが、今後、存在感を強めることもあり得る。また、熱帯の海に目をやると、既に台風12号が発生して西へ進んでおり、今後の動きが気になる。

日本の梅雨はモンスーンと呼ばれる大規模な季節風と、熱帯太平洋の状態に大きく左右される。今夏の場合、熱帯太平洋ではエルニーニョ現象が顕著になりつつあるという、大きな特徴がある。つまり、熱帯太平洋の東部では平年より気温が高め、西部では低めになっている。このパターンの場合、太平洋高気圧の中心は平年よりも東へずれやすく、日本への張り出しは弱くなりがちだ。気象庁の最新の1カ月予報も、7月末から8月上旬頃にかけては太平洋高気圧の勢力がやや弱めという前提で、気温は西日本で平年並みかやや低め、降水量は全般に多めと予想している。これから盛夏にかけて、まだまだ複雑な展開がありそうだ。

くらし&ハウス 新着記事

ALL CHANNEL