ライフコラム

一条真也の人生の修め方

茶道・囲碁・俳句… グランドカルチャーの世界

2015/7/7

 わたしは、「グランドカルチャー」というものを提唱しています。人は老いるほど豊かになります。そして豊かな高齢者が何より豊かに持っているのが時間です。時間にはいろいろな使い方があるでしょうが、「楽しみ」の量と質において、文化に優るものはありません。さまざまな文化にふれ、創作したり、観賞して感動したりすれば、人生そのものが輝いてきます。

 一般に、高齢者が増えれば経済的活力が低下するとよく言われます。わたしにはそうは思えないのですが、百歩譲って仮にそうだとしても、高齢者によって日本の文化が向上すればそれを補って余りがあります。経済成長のためには、自然、そして人間の心がいくら荒廃してもかまわないというのが従来の工業社会の考え方でしたが、現代ではもう通用しません。もともと日本人の国民性は、政治や経済よりも文化に向いていると言えます。そして、高齢者こそ経済より文化に貢献できる存在なのです。

 文化には訓練だけでなく、人生経験が必要とされます。日本人の文化生活の向上を経験豊かな高齢者に求めるのは間違いでしょうか?

 若者はいつも流行や輸入文化に安易にとびつくものです。彼らが自分たちの身についた文化を創造するためにも、また創造した文化を育てていくためにも、高齢者の存在はとてつもなく大きいのです。高齢者が高い壁として立ちはだかり、若者にそれを越えることを求めてはじめて、文化は向上し、その国の人々の心は豊かになります。

 そして文化にも、高齢者にふさわしい文化というものがあります。長年の経験を積んでものごとに熟達していることを「老熟」といい、長年の経験を積んで大成することを「老成」といいますが、この「老熟」や「老成」が何よりも物を言う文化を、わたしは「グランドカルチャー」と名づけました。グランドカルチャーは、生け花よりも盆栽、将棋よりも囲碁、短歌よりも俳句、歌舞伎よりも能……と挙げていけば、そのニュアンスが伝わると思います。将棋に天才少年は出ても、囲碁の天才少年というのはあまり聞いたことがありません。短歌には男女の恋を詠んだ色っぽいものが多いが、俳句の場合は詠む人が枯れていないと秀句はつくれないといいます。もちろん、どんな文化でも老若男女が楽しめる包容力を持っていますが、特に高齢者と相性のよい文化、すなわちグランドカルチャーというものがたしかにあります。

 グランドカルチャーは、高齢者の心を豊かにし、潤いを与えます。テレビアニメの「サザエさん」一家の家長である磯野波平は、カツオやワカメといった小学生の子どもがいるとはいえ、明らかにその外見は老人です。彼は家でくつろぐとき、いつも着物の上からチャンチャンコを着て一人で碁を打っています。

 また「ちびまる子ちゃん」には友蔵という、まる子の祖父が出てきますが、彼は何かあると「友蔵 心の俳句」といってすぐ俳句をつくります。といっても、そのほとんどは季語がなく、単なる川柳なのですが。

 いずれにしても、囲碁や俳句といったグランドカルチャーがいかに波平や友蔵の心を豊かにしていることか。そして彼らの人生に潤いを与えていることか! グランドカルチャーは老いを得ていくこと、つまり、「得る老い」を「潤い」とする力を持っているのです。

 またグランドカルチャーによって、人生に潤いを与える仲間を得ることもできます。これまで人々のコミュ二ティの中核をなしてきたのは親族、地域社会、学校、職場などでした。それらを「縁」という視点で見ると、「血縁」「地縁」「学縁」「職縁」となります。しかし今後は文化・スポーツなど趣味をともにする同好の人々からなる「好縁」、さらには道としての文化で人間的完成を求め、ボランテイアやNPO活動で社会への貢献を目指す人々の「道縁」が中心になると思われます。

 わたしは拙著『老福論』(成甲書房)において、次のジャンルをグランドカルチャーとして取り上げました。すなわち、茶道、囲碁、俳句、盆栽、水墨画、写経、能、相撲、落語、風呂、陶芸、骨董、庭園、琴、三味線、小唄、詩吟、気功、太極拳、着物、礼法などです。

 わたしは2004年2月、政令都市で最も高齢化が進む北九州市の八幡西区に高齢者複合施設「サンレーグランドホテル」をオープンしました。同ホテル内には「グランドカルチャー教室」が設置され、NPO法人を通じて、地域住民及び高齢者に対して社会福祉・健康増進および文化活動に関する事業が行われています。活動内容は、カルチャー教室(全53の講座)・趣味のサロン(囲碁・カラオケなど)・旅講(日帰りバスツアーなど)・イベント企画(チャリティーグランドゴルフ大会など)を行っています。

 さまざまなグランドカルチャーによって、高齢者の方々に老いの豊かさを感じていただければ、こんなに嬉しいことはありません。

 一条真也(いちじょう・しんや)本名・佐久間庸和(さくま・つねかず) 1963年北九州市生まれ。88年早稲田大学政経学部卒、東急エージェンシーを経て、89年、父が経営する冠婚葬祭チェーンのサンレーに入社。2001年から社長。大学卒業時に書いた「ハートフルに遊ぶ」がベストセラーに。「老福論~人は老いるほど豊かになる」「決定版 終活入門~あなたの残りの人生を輝かせるための方策」など著書多数。全国冠婚葬祭互助会連盟会長。九州国際大学客員教授。12年孔子文化賞受賞。

ライフコラム

ALL CHANNEL