なぜ「ビールホールでビアを飲む」とは言わないのか

夏が近づき、ビールがおいしい季節になった。「ビアホールでビールでも飲もうよ」。仕事帰りなどにこんな会話がされる機会も増えるだろう。ふと気になったのだが、なぜ「ビールホールでビアを飲む」とは言わないのだろうか。単に日本語読みの違いだけかと思いきや、調べてみると「ビール」と「ビア」という言葉には過去に裁判にもなったほどの深い因縁があった。

「ビールとビヤーは同義語であり、ビール以外のものにビヤーと名付けて売ってはならない」。1965年、5年以上にわたって争われた裁判が最高裁で決着した。争っていたのは麒麟麦酒(現キリンビール)、日本麦酒(サッポロビール)、朝日麦酒(アサヒビール)、宝酒造の当時のビール大手4社と「ライナービヤー」という名称で発泡酒を作っていたライナービヤー社だ。酒税法上、違う区分である発泡酒にビールと似た名前をつけていたことが争いの発端だった。

裁判にまで至った背景には「ビール」と「ビヤー(ビア)」という2つの言葉が併存してきたことがある。ここで両者の歴史をたどってみよう。

「ビール」の起源はオランダ語の「ヒイル」?

「麦で作られる酒」が日本に初めて渡ってきたのは江戸時代。西洋との唯一の窓口であったオランダからもたらされた。8代将軍徳川吉宗のころ、オランダ商館長たちから西洋の文物や風俗について聞き出して書き取った「阿蘭陀問答」(1724年)に初めてビールに関する記述が登場する。「何のあちはひも無御座(ござなく)候 名はヒイルと申候」。当初からオランダ語「bier」の発音に近い「ヒイル(ビイル)」と呼ばれていたことがわかる。「当時は西洋文化のほとんどはオランダからもたらされたため、オランダ語に近い発音として認知され浸透したようだ」とエビスビール記念館の端田晶館長は言う。江戸時代後期に幕府が翻訳した百科事典「厚生新編」(1811~39年ごろ)にも「ビール」の表記がある。

一方、幕末・明治になり、日本でも英語が使われるようになり、横浜に「スプリング・バレー・ブルワリー」ができるなど、「ビア」や「ビヤザケ」という言葉も使われるようになった。ただ「局所的な呼称にとどまっていたのではないか」(端田氏)。というのも明治10年ごろから誕生した醸造所がつくる商品名はほとんど「ビール」が使われていたからだ。

1888年にジャパン・ブルワリー・カンパニー(現キリンビール)が発売したビールのラベルには、アルファベットの「BEER」とカタカナの「ビール」が書かれている。「一般的な読み方ということで『ビール』を採用したと思われる」(キリン)。1892年に大阪麦酒(アサヒビールの前身)から発売された「アサヒビール(ASAHI BEER)」については、「大阪麦酒はドイツビールを目指していたため、この名称の『ビール』はドイツ語(Bier)由来」(アサヒグループホールディングス)という。

このように、日本に入ってからというもの「ビール」が「ビア」よりも普及していたが、太平洋戦争をきっかけに「ビア」に脚光が当たるようになる。

ビール・ビア論争の陰に戦時中の物資不足

戦時中、軍は手に入りやすいサツマイモなどの穀物でビール味の酒をつくるよう大学などに命じ、発泡酒が誕生した。この技術を生かし終戦後、発泡酒が民間でつくられるようになる。1946年、太洋醸造からさつまいもを原料にした発泡酒「タイヨービーヤ」が登場。「ミリオン・ビーヤ」「リンゴビヤー」など各地で様々な発泡酒が作られた。これらの発泡酒メーカーは英語読みの「ビア(ビヤー)」を商品名につけた。端田氏は「既存の会社と差異化を図るため、また新時代の飲み物として英語由来の『ビア』を使うのは道理に合っている」と分析する。

それまでビールと言えば高級品だったが、発泡酒が代替品として普及するようになる。その代表格が57年、「うまくてやすくて倍酔える」を売り文句に発売されたライナービヤーだった。大手のビールが125円でアルコール度数3.7%であったのに対し、ライナービヤーは65円で7%。広告に石原裕次郎を使い、安さとアルコール度数の高さを強調し人気を博した。

これに対し反発を強めたのが麒麟、日本、朝日、宝の大手ビール会社だ。ついに59年、「酒税法上発泡酒とビールは別物だが、発泡酒にビールに似た名前を付けた」として不正競争防止法違反でライナービヤーを提訴。訴えられたライナービヤーは「『ビヤー』は『ビヤホール』などの合成語として使われるので、単語としてビールと同じに使われる例はない」と反論。両者は真っ向からぶつかり合ったが、結局ビール4社に軍配があがった。

この裁判は大手新聞などメディアでも報道された。その結果、「ビア(ビヤー)」は安酒の発泡酒でビールとは違うという印象が一般に広がったようだ。「この裁判を知るビール会社の社員は『ビヤー』や『ビア』という名前を商品に付けるのは嫌だったでしょうね」(端田氏)。ただ、高度成長期以降、生活が豊かになると発泡酒そのものも飲まれなくなり、ビヤ=安酒というイメージも消えていった。

「ビアホール」になったのは、米国人に相談したから?

英語由来のビヤホール(ビアホール)が定着した

では、ビアホールが「ビールホール」とならなかったのはなぜか。これには命名時の由来がある。ビアホールは日本麦酒(現サッポロビール)の馬越恭平社長が名付け、1899年に開業したのが始まりだ。ビール専門居酒屋という新しい業態に命名する際、馬越は青山学院大学の基礎を築いた米国人宣教師のジュリアス・ソーパーや商法講習所(現・一橋大学)の初代所長であり米国帰りの矢野二郎などに相談していた。

英語を使う人々に相談していたこともあり「ビール」ではなく「ビヤ」が採用されたという。これが定着したため「ビールホール」とは言われないようだ。

さらに「ビア」という言葉の持つ特徴もある。「ビア」は単体で飲み物としての「ビール」を指すことはないが、「ビアホール」「ビアマグ」「ビア樽(だる)」など、複合語としては使われている。これらは「1つの言葉にまとまった複合語として使われるようになったので、同じ意味の別の言葉に置き換わりにくい」(二松学舎大学の島田泰子教授)という。

こうして飲み物そのものは「ビール」、ビール専門居酒屋は「ビアホール」として定着し、「ビアホールでビールを飲む」という言い方をするようになった。今や「『ビール』と『ビア』に意味の違いは感じない」と語るのはビール評論家の富江弘幸氏。両者を使い分けるときは、言葉としてのすわりや音の響きなどが良いかどうかという点に気をつけているという。

かつて裁判にまで発展したビールとビア。どちらの言葉を使おうとおいしいことには変わりないが、時には両者の来し方に思いをいたしてジョッキを傾けるのも良いかもしれない。

(藤村絢子)