WOMAN SMART

ライフスタイル

1分でわかる あなたの「人見知り」深層心理と克服法

2015/6/9

日経ウーマン

 一口に人見知りといっても、「他人からよく見られたい」「失敗したくない」といった深層心理によってタイプが分かれます。
 さらに、最近では「万能感ゆえの人見知り」も目立つそうです。
 自分のタイプを知って、より効果的な克服法をマスターしましょう。

■深層心理に気づけば人見知りは克服できる

 「人見知りには数タイプあり、対処法が異なります」と話すのは、心理カウンセラーの塚越友子さんです。

 まずは、人前で話すことが大の苦手という「自信喪失型」。完璧主義者で、人前で失敗してはいけないと思うあまり、余計に緊張して悪循環に陥ります。「誰でも知らない人と話すときは緊張するもの。最初から上手に話そうとせず、場数を踏みましょう」

 次は、他人からの視線が気になる「自意識過剰型」。「人間には他人からどう見られているかを意識する『公的自己意識』と、自分の感情や思考を意識する『私的自己意識』とがあります。このタイプは会話中も2つの意識で頭がいっぱい。まずは相手の話に集中すること」

 最後が、最近多い「上から目線型」。人よりも優れているという自信があり、プライドを傷つけられることを嫌い、「私は人見知りだから」と境界線を引いているタイプです。おとなしそうなのに、毒舌を吐いたり、後出しジャンケン的な意見を言ったりもします。「人との関わりを勝負事だと思わないこと。自分自身の比較グセに気づきましょう」

 次のチェックリストで自分のタイプを分析し、克服法を参考にしてください。

■あなたの人見知りはどのタイプ?

 普段感じていることを思い出しながら、当てはまるものにチェックを入れます。数の多いカテゴリーを見れば、人見知りのタイプと克服法が分かります。同数の場合は両方のタイプを確認してみて。

Aが多い人は

【自信なし】タイプ

 人と話すと緊張し、あがっている自分に気づくと頭のなかが真っ白になってしまう。プレゼンやスピーチが大の苦手というタイプ。実は根が完璧主義者で、「失敗してはいけない」というハードルを課しているため、会話でつまずくと立ち直れないという負のスパイラルに陥る。

克服法は…

自分を理解してくれて、信頼できる相手を見つける

 まずは「緊張して声が震えても話を伝えきる」など、小さな目標をクリアしていく。また、子どもの頃の記憶に「自分が話しても反応してくれない」という他者に対する不安がある場合は、「絶対裏切らない」と思える安心感のある友人やパートナーを持つといい。

Bが多い人は

【自意識過剰】タイプ

 会話の内容よりも「自分がどう見られているか」「どう評価されているか」が気になってしまうタイプ。「かっこ悪い自分を見せたくない」と思うがゆえに、余計にぎこちなくなってしまう。会話はできても話がかみ合わなかったり、会話を苦痛に感じたりする場合もある。

克服法は…

自分がどう見られるかよりも、目の前の会話に集中する

 「相手からどう見られているのか」から「相手はどんな人なのか」へ意識を向けるようにする。相手の話の内容を理解して、「こういうことですよね」と要約してみる。さらに、会話を膨らませるために質問をして感想を伝えよう。自意識から解放され会話を楽しめるように。

Cが多い人は

【上から目線】タイプ

 「自分は人より優れている」という漠然とした自信や万能感を持っている。プライドを傷つけられるのがイヤで、「人見知りだから」と他人に対して予防線を張っている。質問されても、周囲よりも勝てそうな内容だった場合のみ発言。他人の評価を下げて自分を上げようとする。

克服法は…

コミュニケーションは勝負じゃない、と気づいて

 勉強や仕事ができて、真面目な人に多いタイプ。他人との優劣や集団のなかでのポジションにこだわることをやめると、「こんなに比較していたのか」と分かり、心がラクになるはず。自分にできることと、できないことがあっていいと認識し、コミュニケーションを楽しんで。

この人に聞きました

塚越友子さん
 東京中央カウンセリング代表取締役。心理カウンセラー。東京女子大学大学院修了後、広報職に。うつ病を患ったことを機に銀座のホステスに転身、No.1になった後、現職に。著書に『心をつかむ話し方』(こう書房)など。

(ライター 三浦香代子)

[日経WOMAN2015年4月号の記事を基に再構成]

【関連キーワード】

人見知りカウンセラー深層心理

WOMAN SMART新着記事

ALL CHANNEL