旅行・レジャー

耳寄りな話題

打倒ゆるキャラ! 「ご当地怪獣」勝手に襲来 地場力で地方を元気に

2015/5/2

特撮映画に携わる造形作家と脚本家がタッグを組んで始めた「ご当地怪獣」なるプロジェクトがある。怪獣大国の復権を目指して始動したが、ゆるキャラ人気を蹴散らし、果たして「大暴れ」となるかどうか――。

20XX年、日本列島は怪獣頻出期に突入した! 怪獣戦国時代の幕開けである――。

名古屋のシャチホコングは後ろ姿に注目(C)2014ITTSU

造形作家・寒河江弘氏と脚本家・村井さだゆき氏が2年前から仕掛ける「ご当地怪獣」プロジェクトのキャッチフレーズだ。

自分より高いビルに対抗心を燃やして破壊する名古屋のシャチホコング、子供が悪いことをすると奇声をあげて襲ってくる大阪のおばちゃん怪獣ヒョウガラヤン、あらゆるものを白黒化させる東京のパンダ型怪獣パンダン……。

1万年前に地球にバラバラになって落下した隕石(いんせき)、そこには知的生命体の思いを託した「怪獣物質」が含まれていて、「地域の力=地場力」を得て各地で怪獣に変異した、という設定だ。ネットの「ご当地怪獣」公式サイトには、4月末現在、完成した20体が紹介されている。

造形とフィギュア制作を担当する寒河江氏は1966年生まれ。大阪造形芸大で彫塑を学んだ後、原型師の活動を始め、造形作家として海洋堂などのフィギュアを作ってきた。さらに戦隊ヒーローものや平成ガメラシリーズなど数多くの特撮映画の美術スタッフとしても活動している。

ストーリー設定を担う村井氏は64年生まれ。93年に「フジテレビヤングシナリオ賞大賞」を受賞後、「ウルトラマンダイナ」や「楳図かずお恐怖劇場」「スチームボーイ」など、主にSF、ファンタジー系の映画やアニメの脚本を手掛けてきた。2人とも子ども時代に「ウルトラマン」シリーズや映画の「ゴジラ」シリーズなどを見て育った怪獣世代だ。

「映画製作のデジタル化が進み、コストのかかるミニチュア特撮が減ってしまい、継続的な仕事がもらえない。だったらオリジナルの怪獣を先に作って売ってしまえばいいと考えた」と寒河江氏は打ち明ける。「このままでは日本が誇るアナログのミニチュア文化が失われてしまう」との危機感もあった。

これに出版社が飛びついた。洋泉社が4月、ご当地怪獣を登場させた小説集「日本怪獣侵略伝」を刊行した。執筆陣には仕掛け人の一人でもある村井氏のほか、小中千昭、中野貴雄、會川昇、井口昇ら平成の「仮面ライダー」シリーズや「ウルトラマン」シリーズなどにも携わった特撮の人気脚本家や監督が参加した。さらに初期の「ウルトラマン」も手掛けた特撮界の重鎮、上原正三も沖縄を舞台にオリジナル怪獣の小説を書いている。企画した別冊映画秘宝編集部の小沢涼子氏は「30分の台本1本分のつもりで依頼したところ、みなさん快く引き受けてくださった」と振り返る。

小沢氏によれば、日本の怪獣をこよなく愛する米国監督の「パシフィック・リム」「ゴジラ」が近年大ヒットしたが、肝心の日本に新しい怪獣映画が出てこない。「それを不満に思う関係者は多い。日本の怪獣は絶滅寸前、なんとかしなきゃという人が一気に出てきた」と小沢氏はいう。

現在20体あるご当地怪獣のほとんどは、ご当地に断りなしに作られたものばかり。だが、新潟県魚沼市のドキラ、富山県南砺市のデデレコデンといった最初から自治体とタイアップした怪獣も誕生している。魚沼のドキラは魚野川周辺から出土した縄文火焔(かえん)土器がモチーフ。また、南砺のデデレコデンは、日本最古の古民謡こきりこ節とそのお囃子をモチーフに、古楽器ささら(竹の板を半円状に束ね、波打たせて鳴らす古楽器)と世界遺産である五箇山の合掌造りの家を合体させた体が特徴だ。

南砺市では市長自らがご当地怪獣との連携を決断したという。姿形のほか、「人間の祭りを見るのが好き」な「エコ怪獣」というキャラ設定も相談しながら決め、庁舎内で名前も募集した。

同市はこれを環境保全のシンボルとして缶バッジやシールのデザインに採用して啓発を図るほか、観光協会などにもフィギュアを貸し出すなどして協力。「南砺と五箇山のPRに役立てて、いずれは怪獣のご当地同士のネットワーク化もしていきたい」(市長政策室エコビレッジ推進課)と期待をふくらませている。

「最近はゆるキャラやゲームのキャラクターばかりが目立っているが、世界で最初に認められた日本のキャラの元祖はゴジラという怪獣だった」と寒河江氏。反デジタル、反ゆるキャラを旗印に、「いずれ映画化して、怪獣で地方を元気にしていきたい」と夢を描いている。

(文化部 富田律之)

旅行・レジャー 新着記事

ALL CHANNEL