株価チャート、ローソク足で読み取る売買サイン

過去の株価の動きをグラフ化した「株価チャート」。代表が「ローソク足」だ。形状が芯の出たローソクに似ているため、そう呼ばれている。現在はインターネットを通じて、手軽かつリアルタイムに確認することができる。単に値動きを示しているだけにみえる株価チャートだが、買いと売りのタイミングをつかむうえで利用する投資家も多い。株価チャートは投資にどう役立つのか。

図Aをみてみよう。ローソク足は4本値(始値、高値、安値、終値)を使って株価の動きを一本の足に表したもの。さらに始値と終値を比べて「陽線」と「陰線」に分かれる。欧米でも「キャンドルスティック」として一般的だ。

実は、ローソク足は日本発祥のもので、起源は江戸時代まで遡る。世界初の先物市場とされる大阪の堂島米会所で、当時米商人だった本間宗久がローソク足を考案したといわれる。彼はローソク足の並び方や形から株価の動きを分析する「酒田五法」も編み出しており、それは現代のテクニカル分析にも通じる。

株価チャートが投資に有効とされるのは、「数字を追うだけでは読み取れない投資家心理を映し出す」(みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリスト)からだ。終値で同じぐらい株価が下がったとしても、それが陽線か陰線かで投資家心理は大きく違ってくる。「先に希望がみえる売りなのか、そうでない売りなのか」(三浦氏)をも視覚的に確認できる。

株価チャートを過去からみると、買い時か売り時かを探るうえで参考となる多くのパターンが存在している。テクニカル分析ではこのパターンを実際の株価に当てはめ、将来の値動きを予測する。重要なのはチャートに隠れている様々な「サイン」を読み取ることだ。グラフBで代表的なサインを紹介しよう。

ローソク足から読み取れるサインに「十字足」がある。株価が上げ下げした末に、終値が始値と一致して十の形になる場合を指す。買いたい人と売りたい人のバランスがとれていることを意味し、相場の転換期を表すことが多い。この十字足が安値圏で現れた場合は上昇、高値圏だと下落する可能性が高くなる。

ローソク足以外に、「移動平均線」もテクニカル分析によく使われる。移動平均は過去の一定期間の終値を平均化したもの。期間には5日、25日、13週、26週などがある。移動平均線が上向きなら上昇基調、下向きなら下降基調とトレンドが一目でつかめる。サインの代表例が「ゴールデンクロス」だ。移動平均の短期線が長期線を下から突き抜ける形になるもので、買いのサインとされる。

チャートによる分析は過去の経験則などに基づいたものだ。将来の値動きが分析の結果通りになるとは限らない。そのため、チャート分析を軽んじるプロの投資家もいる。とはいえ、ゴールデンクロスが目前に迫るなどチャート上の節目が近づけば、投資家がそれを意識することは往々にある。そうなるとチャートの分析も意味を持ってくる。

ただ分析の結果、良い銘柄であっても、業績や財務面が悪ければ、株価が上がらないことはあり得る。SBI証券の藤本誠之シニアマーケットアナリストは「業績などで銘柄を選んだうえで、チャートで売買のタイミングを計るのが賢い活用法」と指摘する。(野村優子)

[日本経済新聞朝刊2015年4月25日付]

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし
注目記事
近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし