あの会計士が実践する「いいものを一番安く買う方法」

日経ウーマン

お金のことを知り尽くしたマネーのプロで、実はとっても「お金に細かい」会計士の山田真哉さんが、日々使っているお得ワザを公開。目からウロコのマネーの裏ワザを一挙紹介します。

何気なくお金を払う前に得できる方法を考えて

「『当たり前』の概念を捨て去ると、もっとお得に過ごせます」

そう話すのは、公認会計士の山田真哉さん。普段、当然のように支払っているものを見直してみることで、意外な節約につながることがあるという。

例えば、税金や公共料金。山田さんはセブン‐イレブンの店頭で電子マネー「nanaco」を使って支払い、ポイントを貯めている。

「nanacoのポイントは付きませんが、nanacoにクレジットカードでチャージすることでクレカのポイントが付きます。普通に現金で支払うよりもポイント分がお得です」

どうせ支払うお金なら、できるだけお得な方法を探す。その意識が貯蓄体質につながる。

「年に1度は、お金の使い方を振り返る『自分決算』をおススメします。今の貯蓄額をチェックするとともに、レシートや家計簿を振り返って、お金の使い方について再検討してみましょう」

今回は山田さんが日々実践している、目からウロコのお得ワザを紹介。日々の生活にぜひ取り入れてみてください。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし