製造工程も味わう キリン、代官山にクラフトビール店

日経トレンディネット

東京・代官山にオープンするキリンビールのブルワリー(醸造所)併設店舗「スプリングバレーブルワリー東京」が、2015年4月17日にオープンした。同店はキリンビールが立ち上げたクラフトビールブランド「スプリングバレーブルワリー」プロジェクトの一環。この店舗と横浜店(キリンビール横浜工場内に2015年3月25日オープン)の2店舗を展開する。

「スプリングバレーブルワリー東京」は東京・代官山の東横線線路跡地にできる商業施設「ログロード代官山」内にある。内部が公開された2015年3月18日時点では外部はまだ工事中だった
店舗面積は約891平方メートル、席数は215(1階103席、2階が82席、テラスが30席)
営業時間は8時から24時まで(日祝は8時から22時まで)、年中無休

ビールの製造工程がまる見え、ホップの増量などカスタマイズ可能

飲食フロアからビールの製造設備がまる見え

最大の特徴は、店内にあるブルワリーがガラス張りになっており、ビールの製造工程を目の前で見ながら食事ができること。

「仕込み釜や発酵貯蔵タンクがガラス張りになっているのはおそらく世界初」(スプリングバレーブルワリー シニアマスターブルワーの田山智広氏)

店内では特徴の異なる6種類の定番ビールを中心に、期間限定やコラボ、実験的商品など、さまざまなビールを提供する。さらにホップやフルーツなどにビールを通し、香りや風味を加える装置をオリジナルで開発。ホップを増量するなど、好みの味のカスタマイズビールを作ることも可能なのだ。

定番ビールは濃厚なホップ感の「496」、濃色の「アフターダーク」、ラズベリー果汁を加えて醸造した「ジャズベリー」、ユズやサンショウなど和素材を使った「デイドリーム」など、造り手の個性が際立つ6種類。それぞれのビールに合わせた6種類のおつまみが楽しめるペアリングセットも提供
仕込み釜や発酵貯蔵タンクもガラス張り
ホップやフルーツなどにビールを通し、香りや風味を加えるオリジナル装置「ビアインフューザー」

クラフトビールブームの本質とは…

大手ビールメーカーが次々にクラフトビール参入を発表しているのに対し、「クラフトビールブームに大手メーカーが“乗っかる”のはどうなのか」という違和感があった。しかし、公開された同店は単にブームに乗っかった店舗ではなさそう。

「世界的に広がっている今のクラフトビールブームは、単なる味のバリエーションに対する評価ではなく、一つのカルチャームーブメント」(スプリングバレーブルワリーの和田徹社長)。本質にあるのは既存の価値観にとらわれない自由さであり、まる見えのブルワリーや自由にカスタマイズできるビールなどは、その本質をとらえて形にしたものといえるだろう。

フードメニューのコンセプトは「Farm to Table」
農家や生産者からの直送食材をメインに、ビールとのペアリングを意識したメニューを提供

(日経トレンディネット 山下奉仁)

[日経トレンディネット 2015年3月30日付の記事を基に再構成]