人気の素泊まり温泉宿 ウェブと直行バスで割安に

日経マネー

今、温泉旅行は「素泊まり」が人気。食事の時間に縛られず自由気ままに過ごせて、宿泊代も抑えられる。湯治宿のイメージを覆す高級感のある宿も登場している。そこで今回は、専門家に素泊まり宿をさらにお得に利用する方法を聞いた。

昨今の素泊まりブームの立役者が「素泊まり専門宿」。文字通り食事なしで部屋だけを提供する旅館のことだが、いわゆる湯治宿とは違うリゾートホテルのような宿も登場している。その先駆け的存在が2012年12月オープンの「湯畑 草菴」(群馬・草津温泉)だ。

湯畑 草菴(群馬) 湯畑 草菴の、まるでリゾートホテルのような和モダンな客室。右の部屋は丸窓の向こうに湯畑の絶景が望める。上は別室の部屋付き露天風呂。温泉は湯畑から引いている。加水せずに、適温に冷ましてから使用しているという

草津の名所・湯畑の真ん前に位置する草菴は1階で足湯カフェを営業しており、1~2階にダブルベッドルームから露天風呂付きまで4タイプ計17室の客室がある。経営母体は同温泉の老舗旅館・奈良屋で、奈良屋と同じデザイナーによる和モダンな客室は全室にシーリー製のベッドを配すなど高級感漂う造りだ。小ぶりの内湯があり、素泊まりとはいえカフェでの簡単な朝食も付く。

草菴のウェブサイトから1カ月前までに予約する「先得30」プランを使えば、2人1室利用時の1人当たりの宿泊料金は何と4536円からと激安だ(土曜・祝前日を除く。ダブルベッドルーム利用の場合。他に入湯税が100円かかる)。

近づくキャッシュレス社会
ビジネスパーソンの住まいと暮らし