エンタメ!

裏読みWAVE

錯視の不思議、ドレスは青か金か カギは周囲の光 編集委員 小林明

2015/4/3

ドレスの色で論争を巻き起こした画像(英国人女性ケイトリン・マクニールさんの簡易ブログ「タンブラー」より)

 このドレスの色。あなたならどっちに見えますか――。

 「青と黒」? それとも「白と金」?

 ちょっと前に英国人女性がブログに投稿して話題になった有名な画像。ドレスの色が人によって「青と黒」か「白と金」かに分かれる不思議な現象が起きることから、世界中で大きな議論を巻き起こした。

■世界を駆け巡った「ドレスの色」論争

 ある人は「青と黒」に見えるし、別な人は「白と金」に見える。中には、「どちらにも見える」という人もいる。「青と黒」に見える人の方が「白と金」に見える人よりも多いというアンケート結果もあるらしい。

 ちなみにドレスを販売する英国ファッションブランド「ローマン・オリジナルズ」によると、実際のドレスの色は「青と黒」。「白と金」のドレスは通常生産していない。つまり、「白と金」と答えた人はドレスの色を勘違いして認識していたことになる。

 どうして、同じ画像を見ているのに見え方が違ってくるのだろうか?

 背景には興味深い人間の知覚のメカニズムが潜んでいる。錯視を研究する立命館大学文学部の北岡明佳教授(知覚心理学)に取材すると、「色の恒常性」という錯覚現象が関係していると教えてくれた。

■「色の恒常性」という錯覚が原因

 「色の恒常性」とは、人がものを見る際、無意識に光の影響を補正して色を見ようとする視覚の働きのこと。夕焼けのようなオレンジ色の光や蛍光灯のような青白い光が当たっていても、人はその光に影響されずにバナナは黄に、リンゴは赤に、ピーマンは緑に見える。

 たとえば左右の画像(北岡教授提供)のトマト。どちらも赤く見えているはずだ。

 しかし右の画像(水色フィルターをかけて加工)のトマトの色を物理的に分析すると、赤みの要素はなく、むしろ灰色に近い。“赤くないトマト”が赤く見えるのは、我々が光の色を脳内で補正して見ているためだ。このように、人には環境になるべく惑わされずに本来の色を見ようとする習性がある。

画像は立命館大学の北岡明佳教授作成

■光をどう判断するかで色が変わる

 ところが写真やイラストなどの条件次第では、こうした光の状況が正確に分からないまま、脳が間違った補正をかけてしまうことが往々にして起きる。これが、人によって色が違って見える不思議な現象を引き起こすのだ。

 冒頭のドレスの画像に戻ると、周囲の光のとらえ方次第で色の見え方が違ってくるのにお気づきだろうか?

 右上の光に注目してほしい。これを「後ろから強い光が当たっている」と判断した人は「ドレスが影になっているので実際にはもっと明るいはず」と考え、光をより明るく補正する。だから「白と金」に見える。

 逆に「手前からもしっかりした光が当たっている」と判断した人は「ドレスは実際にはもっと暗いはず」と考え、光をより暗く補正する。だからドレスが「青と黒」に見える。

 こうして色の見え方が大きく違ってくるわけ。ドレスの画像は、周囲の光がどちらにも判断できるほど実に「絶妙な色合い」に仕上がっているのだ。

■違う色に見える“だまし絵”

 不思議な画像をさらに紹介しよう。

 画像のAとBはそれぞれ何色に見えるだろうか?

 「Aは黒、Bは白」と答えた人は不正解。実はAもBまったく同じ色なのだ。

 これはマサチューセッツ工科大学(MIT)のエドワード・アデルソン教授が作成した有名な画像。やはり原因は「色(明るさ)の恒常性」だという。

 画像の中でAはチェッカー盤の黒い部分で明るい場所にある。一方、Bはチェッカー盤の白い部分で円柱の影になっている。こうした状況から、人はBの色の方がもっと明るいはずだと判断し、脳内で光を補正して見ているのだ。

 だから、AとBは同じ色なのに違うように見える。この画像は光や色の配置など周囲の状況からAとBの色を異なって見せようとした“だまし絵”なのだ。

■少女の左右の目 違う?同じ?

 少女の両目(瞳孔の回りの虹彩)に注目してほしい。

 左右の目の色がそれぞれ違って見えているのではないだろうか?

画像は立命館大学の北岡明佳教授作成

 向かって右の目はどの画像も灰色。だが、逆側のフィルターがかかった方の目は左の画像から順番に青、黄、赤に見えている(かんざしの色もそれぞれ青、黄、赤に着色)。ところが、驚くことに左右の目はまったく同じ色なのだという。

 なぜ違う色に見えるのだろうか?

 同画像を作成した北岡教授によると、これも「色の恒常性」や「色の対比」などの錯視が関係しているという。やはり周囲の光やフィルターなどの影響から色が異なって見えるのだ。

■本当は「灰筋を立てて怒る」

画像は立命館大学の北岡明佳教授提供

 青く見える静脈は実は灰色だった――。北岡教授は昨年、こんな興味深い発見もしている。

 ある日、灰色と肌色が混在した画像をインターネットで見ているうちに、灰色がなぜか青色に見えることに気付き、「人間の静脈も同じ原理で青く見えているのではないか」とひらめいたという。

 そこで検証したところ、「人間の静脈は肌の色との対比による目の錯覚で青く見えている」という現象を突き止めた。たしかに画像(北岡教授提供)で物理的に確認しても、静脈の色は青ではなくむしろ灰色に近い。結局、静脈は周囲のより鮮やかな肌色との対比から青く見えているというわけ。

 「理科の教科書や医学書では静脈が青色で示されているが、違うと分かって驚いた。『青筋を立てて怒る』という表現があるが、正確には『灰筋を立てて怒る』ということだったんですね」(立命館大学広報課)

■錯覚は生き抜くための“武器”?

 どうして人の知覚に「色の恒常性」のような現象が起きるようになったのだろうか?

 「人間は夕焼けの光のもとや夜間の薄明かりの中で色を見て肉の新鮮さや果実の熟れ具合を判断してきた。もし『色の恒常性』が働かなければ、こうしたことはできていなかったはず」と東京大学大学院助教の福田玄明さんは言う。

 ということは、厳しい生存競争をくぐり抜けるために不可欠な特殊能力だったとも考えられる。もしかすると、錯視は人間が自然に身に付けてきた強力な“武器”だったのかもしれない。

エンタメ!新着記事

ALL CHANNEL