日焼けしても白いママ、肌の色 個人差の源は…

日経ヘルス

素肌の露出が増えると、肌の色が気になる人もいるだろう。日本人は基本的に黄色人種で、肌の色にそれほど大きな差はないけれど、それでも個人差はある。この差はどうやってできるんだろう? 「肌の色」のしくみについて、山形大学医学部教授の鈴木民夫さんに聞いてみることにした。

「肌の色は、人類進化の歴史を反映しています。見た目の違いだけではないのですよ」と鈴木さん。へぇ~、おもしろそう。

細胞の中のメラニンが紫外線からDNAを守る

肌が色づくのは、黒い色をしたメラニン色素の働きだ。表皮の奥に点在するメラノサイトという細胞が、メラニン色素が詰まった小袋(メラノソーム)を作り、表皮細胞へ受け渡す。小袋がたくさん作られて、表皮細胞にたくさん渡すほど、肌の色が濃くなるわけだ。

強い日差しを浴びると、紫外線の刺激でメラノサイトの活性が高くなる。それで肌が黒くなるのが、日焼けだ。 

「メラニン色素は、光の障害から肌の細胞を守っています」

太陽光の紫外線は、表皮細胞の大敵。特に、核の中のDNA分子がダメージを受けると、遺伝子が傷ついて細胞ががん化するリスクが高まる。そこでDNAを守るため、表皮細胞は小袋をきれいに配置し、核を覆うシールドを作る。これが「メラニンキャップ」という構造。ほー、これは見事なものだ。

「人類は体毛が極端に少ない動物なので、肌にメラニン色素をためて光から守るメカニズムが必要だったのですよ」

[右]表皮細胞が積み重なっている底に、メラニン色素を作るメラノサイトが存在する。肌に紫外線が当たると、表皮細胞がエンセドリンなどのシグナル物質を放出、その刺激でメラノサイトのメラニン合成が活発化する。 [左下]メラノサイトは細長い腕を伸ばして、表皮細胞と接している。ここを通って、メラニン入りの小袋(メラノソーム)が受け渡される。 [左上]表皮細胞に入ったメラノソームは細胞内を移動し、核の上を覆うように密集して並ぶ。こうやって作られる黒い膜状の構造が、「メラニンキャップ」。核の中にあるDNA(遺伝子)を、紫外線から守る作用がある。 (イラスト:江田ななえ)

人間以外のほ乳動物はたいてい体毛で覆われているため、皮膚の色は不要。人類と最も近い動物のチンパンジーも、毛の下の肌は色素のないピンク色だ。

だが人類は進化の過程で体毛を失った。日差しの強いアフリカで誕生したヒトの祖先は、肌を守るため、メラニン色素を表皮に蓄積するしくみを進化させ、今の黒人のような黒い肌になったと考えられている。人類の原点は、黒い肌なのだ。

ところが今から数万年前、人類の一部がヨーロッパへ移動すると、新たな問題が起きた。

肌には、紫外線を浴びてビタミンDを合成する作用がある。ヨーロッパはアフリカより日差しが弱く、光を遮る黒い肌では十分なビタミンDを作れないのである。食料事情のいい現代なら食事からでも取れるが、当時、肌のビタミンD合成不足は、致命的な問題だっただろう。

「ヨーロッパでは、肌の色が薄い方が生存に有利。そこで、遺伝子の突然変異によってメラニン合成能が弱くなった血筋が生き残り、肌の色が薄い人種を形成したのでしょう」

現在、肌の色を薄くする遺伝子変異は、200種類以上確認されているという。日本人もその一部を受け継ぎ、白人ほど白くはないが、黒人よりは薄い色の肌になった。このぐらいの色が、アジア中緯度地域の日差しにちょうどよかったのだろう。

遺伝的に色白の人はシワやシミができやすい

ところで日本人の中でも、肌の色に多少の差がありますが。

「日本人の肌の色を左右するのは、主にOCA2という遺伝子。約20%の人が、肌の色が薄くなるタイプの変異を持っていて、そういう人は色白になります」

なるほど。遺伝的に色が薄い人がいるわけだ。

「日本人は白い肌が好きなのでそういう人をうらやむかもしれませんが、もともと日差しが弱い環境に適応した遺伝子なので、強い光に弱いのです。日に当たると炎症しやすいし、シワやシミもできやすい。実は老化しやすい肌ともいえます。色白の人ほど油断大敵。若いうちから、UVプロテクションをしっかり心がけてください」

[右]色黒の人はたいてい、肌のメラニン色素の合成能が遺伝的に高い。肌が紫外線に比較的強く、多少、日差しに当たっても赤く腫れることは少ない。すぐに黒く日焼けする。 [左]色白の人は、肌のメラニン色素合成能が弱いため、紫外線の刺激に敏感。少しの日差しでも炎症しやすく、歳とともにシワ、シミも増えやすい。若いうちからUVケアを心がけて。

(ライター 北村昌陽)

[日経ヘルス2013年8月号の記事を基に再構成]

ウェルエイジング 健康で豊かな人生のヒント