本来の意味はどこへ 施設名に「○○テラス」続々

来年夏に旧赤坂プリンスホテル跡地に開業予定の複合施設の名前が「東京ガーデンテラス」に決まった。調べてみると、4月以降も「品川シーズンテラス」(東京・港)「テラスゲート土岐」(岐阜県土岐市)「シックスハラジュクテラス」(東京・渋谷)などテラスがついた施設が続々開業予定だ。そういえば最近の人気テレビ番組のタイトルや、保険の相談窓口、野球場の座席などまで名前に「テラス」とついたものがある。「庭などへ突き出た屋根のない床」(大辞泉)の意味だったはずの「テラス」がなぜもてはやされるのか。

使いやすさの3条件満たす

東京スカイツリーの命名を検討する委員会メンバーを務めた中央大学商学部の飯田朝子教授(言語学専攻)によると、「テラスは施設名に使いやすい単語の条件をすべて満たしている」という。

2016年夏開業予定の東京ガーデンテラスの完成予想図=西武ホールディングス提供

飯田教授によれば施設名などに使われやすい単語の条件は3つ。(1)文字数が3~4文字であること(2)濁音がないこと(3)意味が広く応用しやすい言葉であること――。つまり、簡潔で覚えやすい言葉がよく使われるという。たとえばこれまでの例では「シティ」「モール」「センター」「ツリー」などがこれらの条件に当てはまる。

テラスもこの3つの条件を満たしている。さらに「照らす」という日本語の掛け言葉を取り入れやすいという特徴がある。

たとえば2013年4月に開いた東京都千代田区の複合施設「WATERRAS(ワテラス)」は和・輪・環などの意味をこめた「WA」にテラスと照らす、大地を意味するTERRAをかけた「TERRAS」をかさねた命名だ。14年6月に東京都調布市に開業したキユーピーのマヨネーズを体感して学ぶ学習施設「マヨテラス」も明るくあたたかい場所を「テラス」と表現し、食卓を「照らす」と重ねて命名されている。

「短くて覚えやすい名前を作るためには、テラスと照らすのように意味を掛け合わせて命名するのが効果的な方法」(飯田教授)。「照らす」は動詞なので、直前に名詞をもってくることで造語しやすい利点もある。

なるほど、テラスは言葉自体が施設名に使いやすいわけだ。しかしなぜ今、テラスなのか。

デベロッパーの意図や震災後の風潮も

「シックスハラジュクテラス」をオープン予定のオリックスは「施設の中心に庭があるので当初施設名に『ガーデン』とつける案も出たが、ガーデンでは一つの家に一つの庭というふうに庭の個別性が強調されてしまうような気がした。みんなの場所、共有の場所というニュアンスを出すには『テラス』が最適と考えた」と語る。

札幌市の北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)を一望できる立地にある複合施設「赤れんがテラス」をオープンした三井不動産は「テラスにはのんびりしたくつろぎの空間、ゆったりした気分でくつろげる場所、喧噪(けんそう)から離れて一息つける場所というイメージがあった」という。どうやらデベロッパー各社は「テラス」と名付ける際共通して「様々な人が共有するくつろぎの空間」というニュアンスを込めているようだ。

「テラス」が付く施設が最近目立つ
名称由来開業時期
東京ガーデンテラス(東京・千代田)赤坂プリンスホテル跡地の複合施設。東京を代表する施設にしたいとの思いと、敷地内の庭園の緑や周辺の緑からくつろぎの庭をイメージして命名2016年夏(予定)
品川シーズンテラス(東京・港)商業施設とオフィスとの複合施設。敷地内の緑地で平日はオフィスの会社員が、休日は家族連れが集う場所にしたいとの意味2015年5月
シックスハラジュクテラス(東京・渋谷)区画数の6と、第六感(シックスセンス)がコンセプト。施設の中心に庭があり、庭を中心にして様々な人がくつろげるようにとの願いから2015年4月
赤れんがテラス
(札幌市)
札幌の北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)そばの商業施設。施設から同庁舎を一望でき、都会にいながら自然を感じてくつろいでほしいという願いを込めた2014年8月
マヨテラス
(東京都調布市)
キユーピーのマヨネーズを体験する施設。人が笑顔で集う明るくあたたかい場所としての「テラス」と愛情あふれる食卓を「照らす」とをかけた2014年6月
WATERRAS(ワテラス)(東京・千代田)ワには和(古き良き伝統の根付く土地)、輪(コミュニティーの創造)、環(緑の敷地に水が循環する)、テラスにはTERRACE(施設が本郷台地の縁に建っている)、照らす、TERRA(大地)をかけた2013年4月

マーケティングコンサルタントなどを手掛けるホワイトナイト(東京・港)の代表取締役、新井庸志さんによると、「『テラス』の流行は近年の『共有』『シェア』の流行と密接に関係している」と分析する。長く続く消費者の節約志向や東日本大震災後に強まった人と人とのつながり重視の傾向などを受け、カーシェアリングやシェアハウスの流行など、「共有」「シェア」という概念が広まっている。

最近では男女6人が一つ屋根の下で暮らす様子を放送するフジテレビのドラマ「テラスハウス」も流行、映画化した。「テラスには『みんなの場所』『共有の場所』というニュアンスが含まれており、こうした社会のトレンドに合致したのではないか」(新井さん)

こんな「テラス」も
女性しごと応援テラス子育てや介護をしながら働き続けたい女性の再就職を支援する窓口
保険テラス生損保に関する疑問や悩みの無料相談所。カフェのように気軽に立ち寄れるよう、できるだけ壁を作らないオープンなつくり
パーティーテラス西武プリンスドームに今年新設されたシート。グループや家族で会話を楽しみながら観戦できるようテーブルを囲む形に席を設置
ニューステラス関西NHK大阪放送局が大阪府向けに放送している夕方のローカルニュース番組

こうした「便利な言葉」だからこそ、本来の意味から離れたモノやサービスにも使われるようになっているようだ。

プロ野球のスタジアムには期せずして今年新しいシート「ホームランテラス」(福岡ヤフオク!ドーム)「パーティーテラス」(西武プリンスドーム)が新設された。ホームランテラスは外野フェンスの前方に新たにフェンスを設け、外野フィールドにより近いスペースを新設してできた座席で、パーティーテラスは座席の一部をボックス型のグループ席にしたてた席。いずれも本来のテラスの意味からは遠い。

4月に新潟市に生まれる新たな商店街「沼垂テラス商店街」はもともと、地域活性化策の一つとしてパンや雑貨などを売るイベント「沼垂テラス」を開いたことが命名の由来という。イベントが浸透し商店街の名前として採用されるようになり、地元の人の間では「沼垂テラスといえばあそこだね」というふうに、辺り一帯を「沼垂テラス」と捉える人も増えてきたという。

施設名の流行は5~10年で変わる

「『照らす』を掛け言葉にしたテラスが使われるようになったきっかけは、06年に発足した法テラスではないか」と飯田教授は語る。法テラスは、生活トラブルの解決に最も適した機関・団体を紹介する日本司法支援センターの通称だ。「法で社会を明るく照らす」「日当たりの良いテラスのように人々が安心できる場所にする」という願いをこめて法テラスが命名されてからほぼ10年。新井さんは「施設の名称の流行は5~10年ほどで切り替わる」(新井さん)という。

テラスという名前が一時の流行で終わるのか、施設名の定番の一つになっていくのか、現在はまさに岐路にさしかかっているのかもしれない。

(山本紗世)