エンタメ!

エンタウオッチング

勢力予測 どうなる、アイドル&お笑いの5年後 日経エンタテインメント!

2015/4/16

今から5年後の2020年には、どんな新星が現れるか。世代交代は進むのか。なかでも入れ替わりの激しいアイドル&お笑い業界の5年後の勢力図を、日経エンタテインメント!が予想してみた。

■【アイドル】5年後を見据えて動く各陣営、2000年生まれに逸材続々

これまでのアイドルシーンは、80年代のおニャン子クラブ以降のように、ブームの後は一旦、落ち着くことが多かった。しかし今回は、AKB48のブレークから5年が経過しても継続している。

アイドルの旬が20歳前後ということを考えると、2020年のシーンを支えるのは、2000年生まれの世代。実際、2014年から各陣営がこの世代に力を入れ始めている。

ハロプロ研修生の期待の星々がいよいよ始動。ハロー!プロジェクトの新ユニットに参加。ハロプロ内の各グループに新メンバーを多く輩出したハロプロ研修生の中で、人気、実力とも上位の2人

2014年後半に、大きく動いたのがハロー!プロジェクト。モーニング娘。’15、アンジュルムなど、既存のグループに若いメンバーを続々と追加したほか、ハロプロ研修生出身者で新ユニットを結成する。8人中4人が2000年生まれの若いグループになる。AKB48も2014年3月、チーム8を結成。47人のメンバー中、2000年生まれが12人を占める。

2014年、2000年生まれの新メンバーを追加したのが、SUPER☆GiRLSと私立恵比寿中学。どちらも、事務所内の下部組織からの抜てきだった。ソロアイドルでも、大物感が漂う吉田凛音が昨年メジャーデビューした。

これまでのブームと異なるのは、ひとつのグループの単発人気で終わるのではなく、複数のグループが支持を得ている点。各陣営とも将来に向けての布石をしっかり打っており、シーンの盛り上がりは5年後も継続していそうだ。

吉田凛音は見た目とは裏腹の実力派。ソロで活動しており、キュートなビジュアルながら、キレのいいダンスを見せる
内村莉彩は努力家の和風美少女。2014年SUPER☆GiRLSに加入。端正な顔立ちで注目度上昇中

■【お笑い】若林、山里が次世代MC最右翼、2000年組が中心となるか

2014年は『笑っていいとも!』『さんまのSUPERからくりTV』という、「BIG3(タモリ、たけし、さんま)」の看板長寿番組が終了。お笑い界の世代交代が現実味を帯びてきた。

近年はトーク番組が全盛のため、ひな壇芸人などにスポットが当たることもあるが、番組の価値を左右する「MC(司会・進行役)」にどれだけ起用されるかが、芸人にとって一段上がる大きなポイントになる。

現状は、雨上がり決死隊やくりぃむしちゅー、ナインティナインら、芸歴約25年の経験豊富な世代が、定着している人気番組を守る安定ゾーンにいる。続く1995年前後にデビューした有吉弘行、ブラックマヨネーズらは、番組改編期にメーンとなる存在で、GP帯(ゴールデン・プライムタイム。19時~23時)の新番組を担当する例が多い。

彼らより下の世代にはしばらく動きがなかったが、5年後には、2000年前後デビュー組が芸歴20年を迎える。そのため、新たな戦力として抜てきのチャンスが巡ってくるとみられる。

なかでも有力候補なのがオードリーの若林正恭。レギュラー番組に就く際に、MCを任される機会が増えている。また、南海キャンディーズの山里亮太も活躍の場を増やしそう。トーク力があり、多趣味で知識が豊富な万能選手。この春は、4月放送開始の生番組『世界HOTジャーナル』(フジ系)で、東野幸治と共にMCに起用された。ほかには、ピースも注目株。MCの素質がある綾部に、作家デビューをした又吉と、全く異なる武器を持つコンビは、時代に求められそうだ。

若林は『マサカメTV』(NHK)や『駆け込みドクター!』(TBS系)、『ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~』(テレ東系)などでMCを務める(写真:尾藤能暢)
山里は『世界HOTジャーナル』(フジ系)でMCを務める(写真:辺見真也)

(日経エンタテインメント! 上原太郎、ライター 内藤悦子)

[日経エンタテインメント! 2015年4月号の記事を基に再構成]

エンタメ! 新着記事

ALL CHANNEL