旅行・レジャー

こだわりOFF

1泊2日のさくら散歩 春のおとなの京都

2015/3/18

 寺社や花街などの歴史名所もごはんどころも、市内中心部にぎゅっと集まる京都。コンパクトな街だからこそ、1日で幾つもの桜名所を回れるのが利点だ。1泊2日で10カ所もの桜スポットを無理なく巡る、「桜大満喫コース」を紹介する。

■1日目 「鴨川沿い」からスタート、平安神宮から南禅寺を目指す

 洛東エリアを巡る旅の1日目。京都駅から街なかへの移動はタクシーがお薦め。人の多い桜の時期は、バスよりタクシー利用のほうが移動時間を短縮できる。

 市内を南北に流れる鴨川沿いの川端通を車で走り、桜並木を車窓から眺めたら、四条大橋付近で下車。ここから散歩のスタートだ。

 鴨川の西を南北に走る木屋町通を北に歩き、街なかを流れる高瀬川沿いの桜、自然を借景に咲く琵琶湖疏水の桜に心癒やされつつ平安神宮を目指す。鴨川、高瀬川、琵琶湖疏水。同じ水際に咲く桜でもそれぞれ異なる趣がある。

 道すがら、小腹を満たしてくれる鯛焼きや鮨折りを買い求めるのも散歩の楽しみ。公園のベンチでつまんでもいいし、宿に着いてからのおやつや夜食にしても。

 平安神宮で絢爛(けんらん)たる八重紅枝垂れ桜を楽しんだ次は、南禅寺へ。歌舞伎で石川五右衛門が「絶景かな、絶景かな」と名ぜりふを放った三門の楼上から桜を見下ろす。

 桜の名所でもある知恩院の宿坊にチェックインし、一休みしたら、夜は祇園の店を目指し、白川南通を歩く。灯に浮かぶ枝垂れ桜と石畳のしっとりとした情景に、酒を飲む前から酔ってしまいそうだ。

【01:鴨川沿い】

 京都駅からタクシーで、東の川端通へ。七条から四条まで鴨川沿いの桜を車窓から眺める。「花の回廊」として整備された左岸は、八重枝垂れ桜やソメイヨシノのほか、枝垂れ柳もあり、のどかな光景が広がる。見ごろは3月下旬~。

【02:高瀬川沿い】

 四条大橋で車を降り、木屋町通へ。二条付近まで流れる高瀬川沿いを歩く。森鴎外の『高瀬舟』の舞台、船運送の起点だった「一之船入」は、船が浮かぶせせらぎに桜がかかる風情漂うスポット。見ごろは3月下旬~。

【03:琵琶湖疏水沿い】

 二条大橋を渡り、東の平安神宮を目指す途中で琵琶湖疏水にぶつかる。南禅寺前から平安神宮鳥居前を通り夷川(えびすがわ)ダムに至る約1.5km間は、3月下旬頃から両岸をソメイヨシノが彩る。満開時には十石舟が運行され、水上からの花見も。

【04:平安神宮】

 神苑を彩るのは、1895(明治28)年の創建の際に仙台から移植された八重紅枝垂れ桜。境内には、紅枝垂れ桜、彼岸桜、鬱金(うこん)桜など約20種が3月下旬から4月上旬にかけて咲く。

八重紅枝垂れ桜。南神苑の空を覆うように咲く、濃い紅色をした八重咲きの枝垂れ桜。朱色の社殿とのコントラストは見事で平安絵巻のような絢爛さ
●DATA
・京都市左京区岡崎西天王町97 地下鉄東山駅から徒歩10分
・Tel:075-761-0221
・拝観受付時間:神苑8時30分~17時30分(季節により変動、受付終了30分後に閉苑)
・拝観料金:境内自由。神苑は一般600円。

【05:南禅寺】

 歌舞伎の舞台で石川五右衛門が「絶景かな」と感嘆した三門の周りを、山桜やソメイヨシノが華やかに彩る。高さ22mの三門に上ると西の町並み、東の山並みまで一望できる。見ごろは3月下旬~。

●DATA
・京都市左京区南禅寺福地町86 地下鉄蹴上駅から徒歩10分
・Tel:075-771-0365
・拝観時間:8時40分~17時(季節により変動。受付は~16時40分)
・拝観料金:境内自由。方丈庭園500円、三門500円、南禅院300円

【06:白川南通沿い】

 京都らしい風情が残る祇園白川を夕食前にそぞろ歩く。白川南通にはソメイヨシノや枝垂れ桜が植えられ、期間限定でライトアップされる。昼と夜の桜はまた違った表情。白川沿いには山桜も。見ごろは3月下旬~。

■2日目 円山公園から哲学の道、京都御苑、そして東寺へ…

 桜旅2日目は、少し早起きして朝食前に宿坊そばの円山公園へ。夜桜で有名な「祇園枝垂れ桜」に会いに行くのだ。夜は花見客でにぎわうこの桜名所も、朝はひと気がなくすがすがしい。江戸時代に初代が植えられ、現在は2代目。樹齢80年を超え、盛時の美しさからは陰りが見えるものの、凜(りん)と咲く、そのたたずまいは別格だ。

 宿坊に戻って朝食を済ませたら、哲学の道の起点・熊野若王子神社へ。哲学者・西田幾多郎が思索にふけりながら歩いたという疏水(そすい)べりの約1.5km。幅の狭い疏水の両岸を枝垂れ桜が覆う“桜のトンネル”を歩む。約30分の道程だが、途中ベンチで軽食を広げつつ、ゆったり歩くのも楽しい。

 銀閣寺道からタクシーに乗り、京都御苑へ。御所北側の近衛邸跡は、地元京都人がひそかに花見を楽しむ穴場。南側の出水(でみず)の小川には、散らずに花ごと落下する普賢(ふげん)象などの珍しい桜も。御苑内の芝生の上で花見弁当を広げるのもいいが、軽く食事をというときは、御苑南側、気鋭の蕎麦(そば)店で風味豊かな手打ち蕎麦を味わいたい。

 最後は京都駅近くの東寺へ。日本一高い木造の五重塔をバックに咲く優美な枝垂れ桜を目に焼きつけ、ぜいたくな桜旅を締めくくる。

【07:円山公園】

 京都市内最古の公園。3月下旬~4月初旬にかけて枝垂れ桜が開花、続いてソメイヨシノ、山桜の順に咲く。中央の「祇園の夜桜」と親しまれる枝垂れ桜は朝日に透ける姿がまた美しい。ライトアップされる夜は花見客でにぎわう。

●DATA
・京都市東山区円山町473 京阪祇園四条駅から徒歩10分
・Tel:075-561-1350
・休園日:無休
・料金:公園内自由

【08:哲学の道】

 五山の送り火で名高い大文字山の麓の疏水に沿った散策路。若王子橋から銀閣寺橋へと続く約1.5kmで、日本の道100選にも選ばれている。3月下旬~4月上旬に、数百本のソメイヨシノや里桜が疏水の両側を覆うように咲く。

【09:京都御苑】

 約1000本の山桜や大島桜などが苑内各所で3月下旬から咲き始める。4月中旬になると、霞桜や「出水の小川」の閑山、御衣黄(ぎょいこう)、普賢象といった数種の里桜が美しい姿を見せる。

普賢象。早いうちは薄紅色だが、徐々に白くなる八重桜。めしべが普賢菩薩が乗る象のキバに似ていることから名づけられた。見頃は4月中旬
●DATA
・京都市上京区京都御苑3 地下鉄丸太町駅から徒歩1分
・Tel:075-211-6348(環境省京都御苑管理事務所)
・休み:無休
・料金:苑内自由

【10:東寺】

 京都駅に戻る前に、駅近くの東寺に立ち寄る。3月下旬~4月上旬に枝垂れ桜やソメイヨシノが咲き誇る。圧巻は、弘法大師の教えから名づけられた樹齢120年を超える八重紅枝垂れの「不二桜」。夕暮れにはライトアップされる。

●DATA
・京都市南区九条町1 JR・近鉄京都駅から徒歩15分
・Tel:075-691-3325
・拝観時間:8時30分~16時30分(3月20日~9月19日は~17時30分)
・休み:無休
・料金:500円(金堂・講堂)

※ 桜の見ごろは標準的な年の目安

(ライター 中井シノブ 写真 水野克比古、水野秀比古)

[日経おとなのOFF 2015年3月号の記事を基に再構成]

旅行・レジャー

ALL CHANNEL