WOMAN SMART

ライフスタイル

本・DVD・雑貨…物の捨てどき、教えます

2015/2/26

日経ウーマン

部屋が雑然として片付かない…。ものがあふれて収納に困る…。そんな悩みは捨て方を身につければ解消します。ここでは、アイテム別・場所別に整理に困りがちなアイテムの“捨てどき”を見極めるコツを大公開します。これさえおさえれば、“捨てられない”悩みがなくなり、捨てるのが快感に。

片づかない部屋の多くは、“モノが多すぎる”のが原因。スッキリした部屋を目指すには、増えすぎたものを手放すことが大切だ。では、モノの要・不要はどう見極めればいいの?

(写真:西原和恵)

■部屋に置くものは把握できる量に絞ろう

かたづけ士の小松易さんが提唱するのが「出す→分ける→減らす→戻す」の4つのステップで片づける方法。「スペースごとに出して分別することで、モノの状態を把握でき、判断しやすくなります」

残すものの量は「見えるかどうかが基準」と話すのは、整理収納アドバイザーのすはらひろこさん。「奥にしまって見えなくなると、存在を忘れて死蔵品になってしまうので注意して」

少しずつ捨てるうちに、だんだん快感になるはず。今回は、皆さんが片付かないと悩みがちなリビングに注目。あふれる物の捨て方をお伝えしましょう。

■片づけの基本の4ステップで必要なものが見えてくる
(1)出す
棚やクローゼット、引き出しなどの収納スペースにしまっているアイテムをいったん外へ「出す」。まずは持っているものの数や種類を把握することが目的。
(2)分ける
捨てることを意識せず、「分ける」基準で要・不要に分別する。現状で使っていないものや、思い描く生活のイメージに合わないものは不要と考えよう。
(3)減らす
分けたもののうち、「不要」に分別したものを処分。単に捨てるだけでなく、「○○にあげる」「△△に売る」など、具体的に減らす方法をつくるといい。
(4)戻す
最後に「要」と決めたものを元あったところに戻す。量が減っているため、あふれていたものもスッキリ収まるはず。今後はそれ以上増やさないことを心がけて。
日経WOMAN読者が片付けたい場所No.1は「リビング」

長く過ごすスペースだけに、余計なものが増えやすいリビング。散らかるのを防ぐためにも「とりあえず放置」はNG。帰ってきたらとりあえず置く、使ったらそのまま放置→“○○っ放し”に注意。

●本・マンガ:本棚はタイトルが見える分しか置かない

整った状態で本棚に入り切らなければ処分を。読み返す可能性が小さい本、図書館や書店で入手しやすい本は思い切って手放そう。途中で読むのをやめた本も、再度開く可能性は小さい。

・すきまへ詰め込み始めたら捨てるサイン

本を横にしてすきまに詰め込んだり、前後に重ねたりするほどの量になったら、片づけのサイン。重要度の低いものから処分を

【捨てる目安】
・読み返すことはなさそう
・希少なものではない
・買ったことを忘れていた“積ん読”の本
・買い直せる

●雑誌:情報の鮮度は1年以内と心得て捨てていく

情報の鮮度は1年が目安。それ以上古い情報は役に立たないことが多いので、処分して情報の新陳代謝を図ろう。内容がだぶっているものも、片方だけ残しておけば十分と考えて。

・読み返したい記事はファイリングして保存

必要な記事は該当のページだけ切り取って保存を。ファイリングする量も「1冊以内」など基準を設けて。

【捨てる目安】
・最新号を買ったら過去のものは捨てる
・同じテーマを手元に置くのは1冊まで

●CD・DVD:データにして保存できるものは本体を処分

「最近聴いていないな」というCDやDVDはパソコンに取り込んでデータ保存し、本体は処分しよう。また聴きたくなったときは、再度ダウンロードやレンタルして手に入れればOK。

・ケースの入れ替えで収納スペースを節約

残しておきたいCDは、不織布ケースに入れ替えるのも手。100円ショップなどで購入できる

【捨てる目安】
・視聴しなくなった
・ジャンルやアーティストに興味がなくなった

●文具:もらったもの、使いかけのアイテムはサヨナラを

増えがちな文具はまず1カ所に集めて、手持ちの数を把握しよう。デザインや使い心地が好みでないものは、持っていても使わない可能性が大きい。

【捨てる目安】
・アイテムや種類ごとに2~3個まで。それ以上のものは処分
・社名入りなど、人前で使いづらい
・使いかけのまま放置されている

ペン好きな書き心地のものだけを残す

使い掛けのノートは捨てる
ペンは書き心地が好みのものだけ残す

手持ちのペンを一通り試し書きして、好きな書き心地のものをセレクト。それ以外は捨てよう。

ノート使いかけのものは思い切って処分を

数行書いただけで放置してあるノートは、今後も使う可能性は小さい。新品のものだけを残す。

付箋・マスキングテープ見える場所に保管し使うかどうかを見極めて

付箋やマスキングテープは見える場所にまとめて保管。しばらく様子を見て、使わないものは処分。

この人たちに聞きました

小松易さん
かたづけ士。69年北海道生まれ。建設会社の総務で、片付けの重要性を学ぶ。05年に「スッキリ・ラボ」を開業し、「片づけを習慣化する」をコンセプトに、企業向けコンサルや講演などを行う。
すはらひろこさん
整理収納アドバイザー。一級建築士、インテリアコーディネーター。総合情報サイト「オールアバウト」で収納記事を掲載。収納商品などのデザイン監修も。著書に『風通しのいい片づけ』(エクスナレッジ)など多数。

(ライター 工藤花衣)

[日経WOMAN2015年1月号の記事を基に再構成]

WOMAN SMART 新着記事

WOMAN SMART 注目トピックス
日経doors
吉種怜 遠回りキャリアこその太い軸、迷ったらGO
日経DUAL
帰宅時や店内で…7つのイヤイヤ悩み 現実解は?
日経ARIA
「黒字企業で評価A」のあなたも早期退職の対象にな
日経doors
ハヤカワ五味が実感する読書 「筋トレと似ている」
ALL CHANNEL