シンガポールの人気カフェ「tcc」、銀座に日本初上陸

日経トレンディネット

シンガポールで28店舗を展開している人気カフェ「tcc」が、2015年2月16日、東京・銀座に日本初出店。飲食品商社ユニコ・ジャパンインターナショナル(千代田区)が5年がかりで準備を進め、tccを運営しているシンガポールのSarika Connoisseur Cafe Pte Ltd.との提携を実現させたという。

「tcc カフェ&レストラン」 「tccステーキ&シーフード」(東京都中央区銀座5-9-1 銀座幸ビル 3・4階)は、晴海通りをはさんで三越の斜め向かいという好立地

tccはシンガポールのガイドブックに必ずといっていいほど載っている定番スポットで、観光客にも地元民にもなじみの深いローカルチェーン店。人気の理由は、産地を限定した豆を使ったコーヒーや生クリームたっぷりのラテメニューに加え、本格的なステーキやシーフード料理まで楽しめること。

「カフェなのに何でもあり」がtccの魅力といえそうだが、銀座店ではカフェメニューを提供する「tcc カフェ&レストラン」(3階)と、ステーキやシーフードメニューを提供する「tcc ステーキ&シーフード」(4階)の2フロアに分かれている。「世界一の美食都市といわれる銀座では、カフェスタイルの店で本格的なステーキを楽しんでもらうのは難しい。本格的な料理を食べるのにふさわしい雰囲気が必要と考え、2フロアに分けて全く異なるインテリアにした」(ユニコ・ジャパンインターナショナル 事業開発室 関泰信ゼネラルマネージャー)。

カジュアルな雰囲気ながら、高品質なコーヒーを提供するための本格的なツールやマシンが目立つ「tcc カフェ&レストラン」
テーブルもカフェよりやや広め、落ち着いた雰囲気の「tccステーキ&シーフード」。天井にはボードゲーム「バックギャモン」のモチーフを使っている

3階、4階ともに窓から銀座4丁目の交差点が見下ろせ、銀座のシンボル・和光と三越も間近に見える。夜景も格別だという

世界各国のレストランが集まっている銀座には、シンガポール政府公認のシーフードレストラン「シンガポール・シーフード・リパブリック」や、8種類の小籠包が人気の「パラダイスダイナシティ」など、シンガポールの人気料理店が既に存在する。そうした人気店に対抗し得る同店の売りは何なのか…。その疑問を探るべく、同店に足を運んだ。

サイホン、水出しコーヒーから生クリームたっぷりのフラッペまで

カフェ入口にあるウォータードリッパー(水出しコーヒーを淹れる機器)。ビーカーを満たすのに約8時間かかるという。向かって右端が抽出し始めたばかりのフラスコ、左端が8時間前から抽出しているもの。その過程をひと目で見せる演出

tcc カフェ&レストランに入るとまず目に飛び込んでくるのが、背丈より高い巨大なガラス製のフラスコのような装置。「ウォータードリップ」と呼ばれる水出しコーヒーの装置で、1滴1滴落ちる水滴を数えられるほどのゆっくりしたスピードでコーヒーを抽出するため、フラスコ1杯分を抽出するのに8時間かかるそうだ。

そして、カウンターにはサイホン式のコーヒーメーカーがずらりと並び、奥にもさまざまな種類のコーヒーマシンがある。同店のストレートコーヒーはサイホン式だが、オプティカル(光学)ビームサイホンテーブルといって、アルコールランプではなくハロゲンランプを使って加熱して抽出している。最近流行のサードウエーブコーヒーではハンドドリップが主流だが、「豆自体の香りがよく分かるのは抽出時間の長いサイホン式。一度サイホン式のコーヒーを飲むと、やみつきになる人が多い」(成田良爾店長)。

サイホンでいれたコーヒーは、カウンター奥にある棚から好みの柄のカップを選んでいれてもらえる。必ず注文を受けてから豆を挽き、一杯ずついれるという
3階のカフェで提供しているメニュー「抹茶あずき アイス・ラテ」750円
生豆はマシンの横に産地を表示して売られている

ドイツ製の焙煎機をさらにカスタマイズした、コンピューター制御の焙煎マシン。細かい注文に応じて焙煎できる

要望があればハンドドリップタイプのコーヒーも提供可能。ハンドドリップそっくりの味に抽出できるマシンを導入しているので、習熟度に関係なく、どのスタッフがいれても高レベルなコーヒーが提供できるという。そのほかエスプレッソやアレンジコーヒーも多種類あり、オープン時のメニューを見ると、サイホン式のコーヒーだけで産地別に8種類、ハンドドリップタイプコーヒー、エスプレッソが3種類、ホット・ラテが6種類、アイス・ラテが5種類、オリジナルフラッペが6種類と、かなりのメニュー数だ。

個性重視で独自のスタイルに特化したコーヒーショップが増えている昨今、これだけ幅広いコーヒーメニューを提供している店はそうないだろう。しかも、ドリンクメニューは今後、さらに増やしていく予定だという。「ここに来ればどんなコーヒーでも飲めるという店にしたい」(成田店長)。実はシンガポールはコーヒーの味にうるさい人が多い土地柄で、豊富なコーヒーメニューは現地のtccの大きな特徴でもあるという。

さらにカウンターの隣には、小型冷蔵庫ほどのガラスケースの機械が見える。ドイツ製のNOVO MARK IIというコンピューター制御の焙煎マシンだという。「『コーヒーの味は焙煎で決まる』といわれるほど大事。このマシンを使えば温度・風量・時間を細かく制御した焙煎が可能なので、リクエストがあれば、5~6分でお客様のお好みに合わせて焙煎できる」(関ゼネラルマネージャー)。

ちなみに料金はその生豆の代金のみで、焙煎費用は無料。ただし焙煎したてのコーヒー豆はまだ香りが弱いので、自宅に持ち帰って何日か置く必要がある。前もってリクエストすれば、何日か前に焙煎しておいて、飲みごろになった豆を渡すことも可能だそうだ。

フードメニューの目玉は「焼きっぱなしステーキ」

カフェとレストランが分かれているといっても、カフェのフードメニューはかなり充実。米国産ビーフを150グラム使用したハンバーガーやステーキサンドイッチ、パスタ、カレー、海南チキンライス(スープ付き)などボリューム満点の軽食が多い。

デザート系で話題になりそうなのは「マスカルポーネ パンケーキ」。人気カフェ「bills」の看板メニューといえばリコッタチーズを使ったパンケーキだが、こちらはマスカルポーネチーズを使用。ティラミス風のパンケーキに仕上げているという。

ティラミスをイメージして作ったという「マスカルポーネパンケーキ」(1200円)。メープルシロップもオリジナル
ステーキ&チョップ、もしくはシーフードとの「コンボ」(3500~7900円)を注文すると、9種類のサイドディッシュから2種類が無料で選べる(単品で注文すると1種類600円)

4階のレストランフロアのおすすめは、やはり本格的なステーキとシーフード料理。特にステーキは米国農務省(USAD)のハイランクに格付けされている牛肉を、高級ステーキハウスで使用されることの多い上火式ブロイラーで焼いて提供。日本ではステーキといえば鉄板で下から熱を加えてむらなく短時間で焼き上げるグリルが一般的だが、上火式ブロイラーは上からじっくり焼き上げる方法で、肉質が最も柔らかく、ふっくらと仕上がるのが特徴だという。「あまりいじらず、素材を生かしてシンプルに、ストレートに仕上げたほうが肉のうまみが伝わる。ある意味、“焼きっぱなし”で仕上げている」(同店)。

「骨付きリブロースステーキ(500g)」(7900円)。上火式ブロイラーで焼き上げるので、外側は香ばしく焼き目が付き、中はしっとり柔らかく仕上がっている
「tccシグネチャー・オニオン・リングス」(950円)はシグネチャー(看板料理)と銘打っているだけあり、長時間マリネしてミルクやバターの風味を染み込ませるなど、手がかかっているメニュー

意外だったのは、シンガポールらしさがあまりなかったこと。実はシンガポールでtccはハイエンドカジュアルレストランに位置付けられており、欧米系のメニューが中心だという。味付けは現地の味そのままというより、やや日本人向けにアレンジし、アクセントをくっきり立たせているそうだ。

特定のメニューというより、メニューの多様さがある意味“シンガポールらしさ”なのかもしれない。

(ライター 桑原恵美子)

[日経トレンディネット 2015年2月17日付の記事を基に再構成]