マネー研究所

保険の新常識

宝くじ以下? がん保険の費用対効果を試算 保険コンサルタント 後田亨

2015/2/23

人は入院や大病に必要なお金について「不安への備え=保険」という図式に縛られすぎているのではないか(がん治療の様子)

 「若いから大丈夫だと思ってがん保険に入っていなかったのに、がんが見つかってショックを受けた」――。保険活用は必要最小限にするよう勧めている私でも、こうしたお客様の話を聞くと心が揺れます。とはいえ起こり得る不安に、すべて保険で備えるわけにはいきません。今回はがんにかかる確率をもとに、がん保険の費用対効果を試算してみました。体験談や宣伝文句に流されず、冷静に保険との付き合い方を考えるうえで参考になると思います。

 がんと診断されると一時金100万円が支払われる、シンプルながん保険商品を例にとります。がんにかかる確率は、国立がん研究センターが公表している「現在年齢別がん罹患(りかん)リスク」から、10年後までにがんと診断される罹患率を使いました。100万円に男女の各年齢の罹患率を掛けて向こう10年間に支払われる可能性がある給付金(期待給付額)を算出し、10年間の保険料と比べたのが表1です。

表1.向こう10年間にがんにかかる確率から試算した、がん保険の期待給付額や、保険料に対する還元率
年齢10年後までの
がん罹患率
向こう10年で受け取れる
可能性がある給付金
(期待給付額)
10年で負担する
保険料総額
還元率
【男性】
20歳0.2%2000円17万280円1.2%
30歳0.5%5000円24万円2.1%
40歳2.0%2万円34万2240円5.8%
50歳5.0%5万円50万9160円9.8%
60歳15.0%15万円74万160円20.3%
70歳28.0%28万円87万1200円32.1%
80歳以上52.0%52万円
【女性】
20歳0.4%4000円16万680円2.5%
30歳1.0%1万円21万8880円4.6%
40歳3.0%3万円27万8280円10.8%
50歳6.0%6万円34万7760円17.3%
60歳8.0%8万円42万7200円18.7%
70歳13.0%13万円49万6800円26.2%
80歳以上28.0%28万円
(注)罹患率は国立がん研究センター「現在年齢別がん罹患リスク」から引用。
期待給付額は、あるがん保険商品(79歳まで加入可能)でがんと診断された際に支払われる
一時金100万円に罹患率を掛けて算出。還元率は期待給付額を保険料総額で割ったもの

 例えば30歳女性のがん罹患率は1%なので、確率論からいえば向こう10年間の期待給付額は100万円×1%=1万円と計算できます。これに対し10年分の保険料は21万8880円ですから、受け取れるかもしれない1万円のために約22万円を払う形になるわけです。負担した保険料が給付金として戻ってくる確率(還元率)は4.6%です。

 前回2月16日付「医療保険は割に合うか 入院確率から試算してみた」で同様の検証をした医療保険もそうですが、一生涯の保障がある保険では若い層の期待給付額が相対的に低く見える面があります。それでもがん保険では終身タイプが売れ筋ですから、決してこの期待給付額や還元率が低すぎるわけではなく、データとして押さえておく意味はあるでしょう。

マネー研究所新着記事

ALL CHANNEL