アマゾン発の動画配信 賞レースで注目の話題作誕生海外ドラマはやめられない!~今 祥枝

エミー賞など米国テレビ界の主要な賞において、動画配信サービスであるネットフリックスが製作したオリジナル・シリーズの快挙が続いています。異業種のオリジナル番組が台頭する中で、一歩遅れをとっていた感のあるアマゾンの動画配信サービス「インスタント・ビデオ」から、ついに看板番組が誕生しました。第72回ゴールデン・グローブ賞(授賞式は2015年1月11日)で同社では初めて、異業種のオリジナル番組としてはネットフリックスに続きノミネートされ、見事コメディ/ミュージカル部門の作品賞と主演男優賞の2冠に輝いた『Transparent』です。

『Transparent』。女性として生きていくことを元妻や子供たちにカミングアウトできないトランスジェンダーのモート/モーラと、家族の悲喜こもごもを描く30分のコメディ・ドラマ。主演は、『ブルース一家は大暴走!』のジェフリー・タンバー。クリエイターは、『シックス・フィート・アンダー』『ユナイテッド・ステイツ・オブ・タラ』のジル・ソロウェイ。アマゾン・インスタント・ビデオでは、パイロット版→第1話の配信を経て2014年9月26日に残りの9話を一挙配信。シーズン2も配信予定 (C)Everett Collection/アフロ

ロサンゼルスの大きな家に暮らす70歳のモートは、トランスジェンダー(性自認が持って生まれた身体的性別と対応しない状態)であることを家族に秘密にしています。勇気を出して、自分は女性モーラとして生きて行く決意をしたことを打ち明けようと、離婚した妻と成人した3人の子供たちを食事に招待しますが、結局は言い出すことができません。LGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)センターで、同じトランスジェンダーの人々に心の葛藤や苦悩を話して前向きに考えようとしますが…。

一方、元妻や長女と次女、長男ら子供たちも、それぞれにセクシュアリティーを含めて家族や恋愛に関する問題を抱えています。おのおののキャラクターの強烈な個性も面白く、ユーモアを交えたダークなコメディー仕立てにはなっていますが、近年様々な議論を呼んでいるLGBTについて深く考えさせられる内容は、見応えがある秀作として高い評価を得ています。

HBOも独自にインターネット動画配信を開始へ

アマゾン・インスタント・ビデオは、ネットフリックスに対抗する形で、2013年秋頃からオリジナル番組に本格的に取り組んできました。『X-ファイル』の製作者クリス・カーターの新作企画が中止になったほか、不発に終わった新作も多かったものの、パイロット版の先行配信を経て2014年9月にシーズン1の残り全話を一挙配信した本作で快挙を成し遂げました。

こうした動画配信サービスの台頭は既存の放送局にとって脅威です。映画やドラマの放送を中心としたコンテンツの類似から、何かと比較の対象とされてきたペイTVの最大手HBOは2014年10月、2015年にはインターネットでも独自の番組配信を始めることを発表しました。ケーブルテレビや衛星放送に加入していないネットユーザーでも、加入・視聴が可能になるというものです。

同じく2014年10月には地上波のCBSが生放送と過去の番組をネットで視聴できるサービスを始めました。米国のこうした動画配信の動きは、日本にも大きな影響を与えると考えられます。

………………………………………………………………………………

●今月のオススメドラマ

『ブラックリスト』シーズン2

FBIに協力する指名手配犯の謎の過去とは…

FBI(米連邦捜査局)の最重要指名手配犯の1人で、犯罪コンシェルジュと呼ばれる通称「レッド」。突然FBIに出頭した彼は、新人捜査官エリザベス・キーンを担当に指名し、自身が関わってきた凶悪犯罪者の情報を提供して逮捕に協力していく。異色のクライム・サスペンス『ブラックリスト』は、NBCにて2013年の秋に放送スタート。近年の地上波の新番組としては数少ない高視聴率を維持している大ヒットシリーズのひとつだ。

『ブラックリスト』シーズン2。スーパー!ドラマTVにて放送中 (C)2014 Sony Pictures Television Inc. and Open 4 Business Productions LLC. All Rights Reserved.

待望のシーズン2は、レッドと凶悪犯ベルリンの激しい攻防戦に加えて、新たな強敵ボルティモア卿が現れる。一方、謎に包まれたレッドの過去を知る者の存在が明らかになると同時に、レッドの登場により人生が一変したエリザベスは出自の秘密を探ろうとする。毎回のように派手なアクションが登場するスリリングな展開の中にも、ユーモアやウイットに富んだ会話や感情に訴える人間ドラマを描いている点が、本作の大きな見どころとなっている。

レッド役で気を吐くジェームズ・スペイダー(『ボストン・リーガル』)の怪演は、より深みのある人間ドラマへ突入するシーズン2でも絶好調。怖いもの知らずのレッドを脅かす存在として、『weeds~ママの秘密』のメアリー=ルイーズ・パーカーがゲスト出演している。

今祥枝(いま・さちえ)
映画&海外ドラマライター。女性誌、情報誌、ウェブ等に映画評やインタビュー等を寄稿。「BAILA バイラ」「eclat エクラ」「日経エンタテインメント!」映画サイト「シネマトゥデイ」などに連載中。著書に『海外ドラマ10年史』(日経BP社)。

[日経エンタテインメント! 2015年3月号の記事を基に再構成]

日経エンタテインメント! 海外ドラマSpecial 2015[冬]号 (日経BPムック)

編集:日経エンタテインメント!
出版:日経BP社
価格:1,080円(税込み)

エンタメ!連載記事一覧
注目記事
エンタメ!連載記事一覧